「誰のせいでもない」

「Every Thing Will Be Fine」2015 ドイツ/カナダ/フランス/スウェーデン/ノルウェー

a0051234_22535490.jpg

トマスはカナダ、モントリオール郊外に住む作家。ある冬の夕暮れ、雪道を走っている時丘から突然ソリが滑り降りてくる。慌ててブレーキを踏み車から飛び出す。そこにはうずくまった幼い男の子がいたが幸い怪我はない様子。やがてトマスは男の子を家まで送り届けるが、彼の母親ケイトは、息子クリストファーに“ニコラスは?”と訪ねた後、半狂乱で家を飛び出して行く…


トマスに「オズ はじまりの戦い/2013」「パーフェクト・プラン/2014」のジェームズ・フランコ。

ケイトに「ラブ・トライアングル 秘密/2014」シャルロット・ゲンズブール。

アンに「ミュンヘン/2005」「潜水服は蝶の夢を見る/2007」「隠された日記 母たち、娘たち/2009」「ある神父の希望と絶望の7日間/2014」のマリ=ジョゼ・クローズ。

サラに「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/2013」「スポットライト 世紀のスクープ/2015」レイチェル・マクアダムス。

クリストファーに「インモータルズ -神々の戦い-/2011」のロバート・ネイラー。

トマスの父親に「2012/2009」「小さな命が呼ぶとき/2010」 「パーフェクト・メモリー/2015」のパトリック・ボーショー。

エディターに「フェイク・クライム/2010」「ヘンゼル&グレーテル/2013」のピーター・ストーメア。

監督は「パリ、テキサス/1984」「ベルリン・天使の詩/1987」「アメリカ,家族のいる風景/2005」「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち/2011」のヴィム・ヴェンダース。


一人の男と3人の女の12年間の物語。

トマスは自己中心で恋人サラとの間に子供はいない。サラは子供を切に望んでいるがトマスは欲しいとは思っていない。彼は小説家として大成することが一番なのだ。サラは常にトマスを気遣うがトマスはそうではなく、別れたいとも思っている。そんな折事故が起こる。

事故はトマスのせいではないものの心に大きな傷ができ、ぎくしゃくしていたサラとの仲は壊れてしまう。やがてトマスは書くことによって自らの責任と向き合おうと考え始める。


出来上がった小説を携えエディターを訪ねるトマス。帰りのエレベーターの中でフランス語の翻訳をしている編集者アンと出会う。

そして事故が忘れられないトマスは、雪も溶けたある日、事故現場に現れクリストファーの母親と再会する。“何しに来たの?”と聞くケイトに”今一度現場を見ておきたかった。”と答えるトマス。そして“何か助けになることがあればいつでも連絡してくれ!”と電話番号を渡して去って行く。


トマスを家に呼び暖炉の火で本を燃やすケイト。ケイトはトマスに“フォークナーは好き?”と聞く。“好きでも嫌いでもない。”と答えるトマス。ケイトは本に夢中になり子供たちが外で遊んでいるのに注意を払わなかった自分を責めている。彼女が暖炉で燃やした本はきっと夢中になって読んでいたフォークナーの本に違いない。


そういえばケイトもアンもシングル・マザー。トマスはおそらくどちらかの女性と結ばれるだろうな?と思っていたが、それはアンだった。

ひょっとしてケイト?なんて思ったけどケイトじゃ出来過ぎだし…。


成長したクリストファーとトマスが対決するシーンが少々不気味。クリストファーがリュックから本を取り出す前のトマスの表情は固まっていた。私自身もひょっとして銃が出てくる...なんて妄想にとらわれた。

留守中邸宅に忍びこみ破廉恥な行いをしたクリストファーを許すトマス。そしてそれに繋がる大ラス...

トマスの笑顔がタイトルの“全てうまくいくさ/何も問題はない”を表現していてとても素敵なエンディングだった。


とにかくこのようなセンシティヴな役柄のジェームズ・フランコは初めて見た。

シャルロット・ゲンズブール、マリ=ジョゼ・クローズ、レイチェル・マクアダムスと3人の女優がそれぞれに光っている。ジェームズ・フランコはもちろん素晴らしい。

2Dで鑑賞。3Dにする必要があったとは思えないけど…。


ヒューマントラストシネマ渋谷にて



[PR]
by margot2005 | 2016-11-15 23:56 | ドイツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23367950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ブリジット・ジョーンズの日記... 「手紙は憶えている」 >>