「ほっ」と。キャンペーン

「インフェルノ」

「Inferno」2016 USA/ハンガリー

a0051234_21303269.jpg
ハーヴァード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドンは眠りから覚める。“ここは何処だ?ボストン?”と尋ねるラングドン。しかし窓からヴェッキオ宮殿が見え、“なぜフィレンツェに?”と考えても思い出すことができない。やがてシエナと名乗る女性医師が”傷は銃で撃たれたもので一時的に記憶もなくしている。”と説明する。ラングドンはボストンからフィレンツェにやって来た2日間が全く思い出せなかった。そんな折、警察官の制服を着た女暗殺者が現れ銃を発砲してくる。シエナの助けを借り、命からがら逃れることに成功したラングドンは彼女のアパートに身を寄せる…


ロバート・ラングドンに「ハドソン川の奇跡/2016」トム・ハンクス。

シエナ・ブルックスに「わたしの可愛い人-シェリ/2009」「テンペスト/2010」「あなたとのキスまでの距離/2013」「博士と彼女のセオリー/2014」フェリシティ・ジョーンズ。

エリザベス・シンスキーに「アフター・ウエディング/2006」シセ・バベット・クヌッセン。

ハリー・シムズに「その名にちなんで/2006」「マイティ・ハート/愛と絆/2007」「ダージリン急行/2007」「スラムドッグ$ミリオネア/2008」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「めぐり逢わせのお弁当/2013」イルファン・カーン。

クリストフ・ブシャールに「ミックマック/2009」「最強のふたり/2011」「ムード・インディゴ うたかたの日々/2013」「サンバ/2014」「二ツ星の料理人/2015」オマール・シー。

バートランド・ゾブリストに「メカニック/2011」「セインツ -約束の果て-/2013」のベン・フォスター。

監督、製作は「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「フロスト×ニクソン/2008」「天使と悪魔/2009」「ラッシュ/プライドと友情/2013」のロン・ハワード。


ラングドンが何も思い出せない中、シエナは彼のジャケットに隠されていた金属の円筒形小型プロジェクターを見つける。壁に映してみたところ、ダンテの”地獄篇/インフェルノ”をモチーフとしたボッティチェッリの“地獄の見取り図”の映像が現れる。二人はそれに刻まれた暗号を見つけだし解読していく。すると、ダンテのデスマスクの所有者で大富豪の生化学者バートランド・ゾブリストに辿り着くのだった。

ゾブリストは人口爆発問題の解決策として世界中にウイルスを拡散し、人類の半数を滅ぼそうと企んでいた。阻止すべく立ち上がったロバート・ラングドンはシエナと共にフィレンツェ、ベニス、イスタンブールを駆け巡ることになる。


2年以上前に原作翻訳の単行本を買って読んだ。それ以来映画化になるのをずっと待っていてやっと公開された。

ダン・ブラウンの小説大好きなのでもちろん“ダ・ヴィンチ・コード”も“天使と悪魔”も読んでいる。

IMDbで映画になると知った時トム・ハンクス以外の配役は誰?と、とても興味があった。特にシエナとエリザベスは?と思っていた。

シセ・バベット・クヌッセンはデンマーク人女優。小説では銀髪の女性(60代)の設定だったがキャストはやはりのヨーロッパ人。でも彼女ちょっと若過ぎる。シエナ役のフェリシティ・ジョーンズはどうかな?やはりちょっとイメージが違う?

このシリーズが好きなのは舞台となるヨーロッパの観光地で大々的にロケされていること。フィレンツェとベニスは観光ツアーのよう。今だ訪れたことのないトルコ、イスタンブールは、何度もBSの旅番組で見たことがあり、まるでその地に行ったような気分になる。ラスト、イスタンブールの地下宮殿のシーンは圧巻だった。水中で逆さにされたメドゥーサの叫び像を一度見てみたいものだ。


上に圧巻と書いたのは撮影のシーンがスゴいこと。でも原作とは全く異なるエンディングに驚き!まずWHOの事務局長シンスキーが水中に潜って敵と闘うなんてあり得ない。おまけにラングドンも参加するなんて…。でもあのような展開にしなければ観客に受けないと思ったに違いないきっと。

もう一つの突っ込みは、ロバート・ラングドンとエリザベス・シンスキーが元恋人のような描き方をしていて、ちょっと違うんじゃない?と思った。どの作品でもラングドンと年の離れたヒロインが互いに惹かれ合いながらも別れると言うのが定番なのだから。


本作を見て思ったのはやはり小説には適わないと言うこと。映画では奥深い所迄描く時間はない。ダン・ブラウンの小説は特に奥深いから...。

過去にワケありで天才的な頭脳を持つシエナと、やはりワケありのWHOのトップの女性エリザベスについてももう少し描いて欲しかった。

少々マンネリズムになってきたトム・ハンクスのラングドン、シリーズ。そろそろこの辺でやめにした方が良いかも?


TOHOシネマズ日劇にて


[PR]
by margot2005 | 2016-11-06 23:11 | USA | Trackback(7) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23345733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2016-11-07 20:39
タイトル : インフェルノ
評価:★★★【3点】(F) 世紀末の回想シーン(?)あれだけで1本の映画が... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2016-11-15 09:56
タイトル : インフェルノ
「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く、ダン・ブラウン原作のラングドン教授... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2016-11-19 00:31
タイトル : インフェルノ
相変わらずテンポいいな。... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2016-11-19 18:26
タイトル : インフェルノ / Inferno
ネタバレあり。 『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』に続く、ロバート・ラングトンシリーズの第三弾。 ラングトンシリーズは、イタリアや宗教を描くことが多く、少し難解に感じることが有るんですが、本作では今までに増して最初のうち難解に感じました。と言うと...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2016-11-25 16:06
タイトル : 「インフェルノ」
ロン・ハワード×トム・ハンクス。磐石である。磐石過ぎるきらいはあるものの、大層面白かった。生命を賭けて成し遂げようと思える仕事があるのが羨ましい。ついこの間までは常に「自分の仕事が生命(特に人様の)に関わる仕事じゃなくて良かった…」と思っていたのだけれど、どうせ仕事をするなら生命を賭けられる仕事をする、そんな人生も良かったのかもしれない。いや、本作のストーリーなどには直接は関係ないことなのだけれどね。もっと言えば、愛に殉じること、愛する人との約束を守ることに人生を賭けられることは幸せなのかもしれない...... more
Tracked from ★yukarinの映画鑑.. at 2016-12-15 14:51
タイトル : インフェルノ
【INFERNO】 2016/10/28公開 アメリカ 121分監督:ロン・ハワード出演:トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、イルファン・カーン、オマール・シー、ベン・フォスター、シセ・バベット・クヌッセン 人類は滅びる――全てはお前次第だ。 STORY:記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚めたロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は何者かに命を狙われるも、医師のシエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)の手引きで事なきを得る。やがて二人は、人口増加を危惧する生化学者バートランド...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2017-02-17 18:38
タイトル : 今作もラングドンは走る
3日のことですが、映画「インフェルノ」を鑑賞しました。 記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚めたラングドン教授は何者かに命を狙われるも、医師シエナ・ブルックスの手引きで事なきを得る 二人は人口増加を危惧する生化学者ゾブリストが人類の半数を滅ぼすウイル...... more
Commented by ituka at 2016-11-08 20:57 x
原作と映画の微妙な違いなど結構あったんですね。
詳細なレビューに勉強になりました。ありがとうございます。
最後の方でラングドン教授のみならず、WHOのトップ女性までもが
体を張った体当たりアクションにやり過ぎな感じがしました(笑)
Commented by margot2005 at 2016-11-08 23:57
> itukaさん
コメントありがとう!飛ばしっぱなしでごめんなさい。
さてぐだぐだと書いてしまって、後で読んでオカシクなりました。
ダン・ブラウンの世界はエンターテイメント性に欠けるので娯楽映画にするのは
難しいのかも知れませんね。
そしてやはり前2作もやはりかなり変えてあったのを思い出しました。
イスタンブールの水のシーンはただただ呆れました。
Commented by セレンディピティ at 2016-11-15 10:07 x
こんにちは。
この映画、見ている時はわくわくしてすごくおもしろかったのですが
あまりにも展開が早いので、後から
あの地獄篇の絵やデスマスクはどういうつながりがあったんだっけ?
と思い出せずに困りました。^^;
そのうちじっくり原作を読んで反芻したいと思います。
エリザベスを演じたのは、アフター・ウェディングの彼女だったのですね!
俳優陣は魅力的でしたね。
Commented by margot2005 at 2016-11-16 00:24
> セレンディピティさん
そうわくわくはするのですが、どうもあの早急な展開は頂けなかったですね。
>地獄篇の絵やデスマスク...
あのあたりもかなり端折ってあるので??満載だったかと思います。
ダン・ブラウンは映画にしないで小説だけにしておいた方が良いかと思います。
本はとても面白いです!一気に読みました。又読んでみようかと思っている所です。
エリザベス役の女優はマッツ演じる主人公の元恋人を演じていましたね。
<< 「ダゲレオタイプの女」 「ジェイソン・ボーン」 >>