「ほっ」と。キャンペーン

「キング・オブ・エジプト」

「Gods of Egypt」2016 USA オーストラリア
a0051234_2038961.jpg

神々と人間が共存していた古代エジプトを舞台に繰り広げられるスペクタクル・ファンタジー・アクション。

ホルスに「ブラウン夫人のひめごと/2002」「ヘッドハンター/2011」「おやすみなさいを言いたくて/2013」「真夜中のゆりかご/2014」ニコライ・コスター・ワルドー。
ベックに「ガンズ&ゴールド/2013」「マレフィセント/2014」「ギヴァー 記憶を注ぐ者/2014」のブレントン・スウェイツ。
セトに「スマイル、アゲイン/2013」「エンド・オブ・キングダム/2016」のジェラルド・バトラー。
トトに「42 ~世界を変えた男~/2013」「ジェームス・ブラウン ~最高の魂(ソウル)を持つ男~/2014」のチャドウィック・ボーズマン。
ハトホルに「ドラゴン・タトゥーの女/2011」のエロディ・ユン。
ザヤに「マッドマックス 怒りのデス・ロード/2015」のコートニー・イートン。
ウルシュに「ホリデイ/2006」「パリ、ジュテーム/2006」「幻影師アイゼンハイム/2006」「リンカーン/秘密の書/2012」のルーファス・シーウェル。
ラーに「シャイン/1995」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」「英国王のスピーチ/2010」「鑑定士と顔のない依頼人/2013」のジェフリー・ラッシュ。
オシリスに「F/X2 イリュージョンの逆転/1991」「オーストラリア/2008」「殺し屋チャーリーと6人の悪党/2014」のブライアン・ブラウン。
イシスに「ニュースの真相/2015」のレイチェル・ブレイク。
監督、製作は「アイ,ロボット/2009」「ノウイング/2009」のアレックス・プロヤス。

民から慕われてきたエジプトの国王オシリスは息子である天空の神ホルスに王座を譲る決断をする。やがて国王オシリスがホルスに王冠を与えたその時、オシリスの弟で砂漠の神セトがいきなり乗り込んでくる。ホルスに王座を譲ることには納得できない!と、兄を殺し甥のホルスの両眼を奪い王座を自分のものにするのだった。
一方で盗賊ペックの恋人ザヤがウルシュの奴隷として捕らえられていた。ウルシュはセトの命により巨大なオベリスク建設の監督官。ある日、ウルシュの館に忍び込んだペックは神殿のマップを盗みホルスの片眼を神殿から盗み出すことに成功するが、脱出の際ザヤが殺されてしまう。ホルスに片目を返したペックはザヤを生き返らせて欲しいと直訴する。

神と人間が共存していた古代エジプト。神と人間のサイズが異なる。当然神は大きい。
CGを駆使して描いたスペクタクル・ファンタジー・アクションの神はまるでアベンジャーズの世界。アイアンマン登場か?なんて思うシーンもあってとても楽しかった。でもかなり大胆な展開に批判する人も多いかも知れない。
私的にはニコライ&ジェラルドとゴージャスな二人の共演を楽しみにしていた一作で、ストーリーなどあまり気にならなかった。
「ガンズ&ゴールド」でキュートだったブレントン・スウェイツは27歳ながら少年のような風貌でベック役にぴったり。
オーストラリア人俳優がたくさん出演していると思っていたら、撮影地はオーストラリアだった。

TOHOシネマズスカラ座にて(なぜか?既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2016-09-28 20:46 | USA | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23249059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2016-10-26 16:45
タイトル : キング・オブ・エジプト
神々を讃えた石像やピラミッドが建ち並ぶ古代エジプト。 世界は神と人間が共生し、“生命の神”オシリス王によって統治され、繁栄を誇っていた。 しかしそれを嫉んだ弟の“砂漠の神”セトがオシリスを謀殺し、王座を奪ってしまう。 オシリスの子で≪神の眼≫を失った“天空の神”ホルスと、セトに恋人ザヤを奪われた人間の盗賊青年ベックは、手を組むことに…。 アクション・アドベンチャー。... more
Commented by おやかた at 2016-10-06 18:56 x
最初のホルスとセトの格闘場面の宮殿の様子はCGなんでしょうか?
リリアン・ギッシュの「イントレランス」の雰囲気が、、、
宮殿の建設風景がウソっぽくておかしい、あの大きな石(?)をあの人数で引っ張るのは無理だと思うぞ。
ニコライ・コスター=ワルドーってあまり馴染みがないと思っていたら、出ている作品によってメークが違いすぎてわからないのかも、、ウインブルドンのときが素顔に近いかな。ヘッドハンターの時はクレジットを見るまで気が付かなかったです。
Commented by margot2005 at 2016-10-07 23:50
> おやかたさん
こんばんは。本作の半分はCGじゃないでしょうか?
ニコライ・コスター=ワルドーはキャラによって変わりますか?
あまりそう思わないのですが、「ヘッドハンター」ではちょっとイメージが変わっていましたね。あのキャラは好きです。
リリアン・ギッシュの「イントレランス」って初めて聞きました。
<< 「エル・クラン」 「アンナとアントワーヌ 愛の前... >>