「シング・ストリート 未来へのうた」

「Sing Street」2016 アイルランド/UK/USA
a0051234_21565084.jpg
a0051234_21563516.jpg

1985年、大不況下のダブリン。14歳の少年コナーは父親の失業のせいで優秀な私立高校から荒れた公立高校に転校させられてしまう。学校へ行けば悪ガキのイジメにあい、家に帰れば両親の大喧嘩が待っている。そんなコナーの楽しみは音楽狂いの兄のブレンダンとTVで放送されるMVを見ることだった…

コナーにフェルディア・ウォルシュ=ピーロ。
ラフィーナに「ミス・ポター/2006」のルーシー・ボーイントン。
父親ロバートに「ブリッツ/2011」「シャドー・ダンサー/2011」「ある神父の希望と絶望の7日間/2014」のエイダン・ギレン。
母親ペニーに「THE TUDORS ~背徳の王冠~/2007~2010」「ビザンチウム/2012」「おやすみなさいを言いたくて/2013」のマリア・ドイル・ケネディ。
兄ブレンダンに「マクベス/2015」「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出/2015」のジャック・レイナー。
姉アンにケリー・ソーントン。
ダーレンにベン・キャロラン。
エイモンにマーク・マッケンナ。
校長バクスターに「ヴェロニカ・ゲリン/2003」のドン・ウィチャリー。
監督、脚本、原案、製作、オリジナルソングスは「ONCEダブリンの街角で/2006」「はじまりのうた/2013」のジョン・カーニー。

TVでブレンダンと見たデュラン・デュランのMV。デュラン・デュランを絶賛するブレンダン同様、コナーもそのバンドに夢中になる。学校で友達になったダーレンにブレンダンからの受け売りを喜々として語るコナー。やがて彼はバンドを立ち上げると宣言する。コナーがバンドを立ち上げる決心をしたのは、学校の真ん前の施設に住むラフィーナに恋をしたからだった。

ブリティッシュ・ロックは大好きなのでとても楽しく見ることができた。
少年、少女が主人公ながらかつて少年、少女だった人が見るとバッチリ楽しい映画で、シアターも元少年、少女の人たちでにぎわっていた。本作はとても評判らしくて、公開3週目に見たのにシアターはかなりの入り(4列目より後ろは満席)で驚いた。
あの二人は無事ロンドンに行けた?と少々心配にもなるラストは爽快!“全ての兄弟に捧げる!”とメッセージした監督がナイス。

アイルランド全土の数千人の中から選ばれたというフェルディア・ウォルシュ=ピーロがキュートで、物語が進むにつれだんだんと上手くなっていく歌声も素晴らしい。
コナーの化粧した顔を見てカルチャー・クラブの若い頃(80年代)のボーイ・ジョージを思い出した。コナー役のフェルディアの方がハンサムだけど…。
ブレンダンが家でゴロゴロしている様は不景気な時代を現していて気の毒ながら面白い。

80年代に“ベストヒットUSA”という番組があり、それで初めて海外のMTVを見たはず。この番組は今でもBSで放送されていて、海外のアーティストのMTVを紹介する小林克也が頑張っている。wowowで放送している”洋楽主義“のMTVは最高!

ヒューマントラストシネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2016-08-06 22:48 | UK | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23089109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2016-08-08 16:18
タイトル : シング・ストリート 未来へのうた
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督の最新作、... more
Tracked from 象のロケット at 2016-08-21 07:57
タイトル : シング・ストリート 未来へのうた
1985年、大不況を迎えたアイルランドの首都ダブリン。 14歳の少年コナーは、父親が失業したため私立校から公立のシング・ストリート高校に転校させられる。 ヤバそうな生徒や校長にまで目をつけられ落ち込むコナーの前に、突如“女神”が現れた! 自称モデルの年上女性ラフィーナに一目惚れしたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。 慌てて“僕のバンド”を結成し、猛特訓&曲作りの日々が始まった…。 音楽青春ドラマ。... more
Tracked from 象のロケット at 2016-08-21 07:57
タイトル : シング・ストリート 未来へのうた
1985年、大不況を迎えたアイルランドの首都ダブリン。 14歳の少年コナーは、父親が失業したため私立校から公立のシング・ストリート高校に転校させられる。 ヤバそうな生徒や校長にまで目をつけられ落ち込むコナーの前に、突如“女神”が現れた! 自称モデルの年上女性ラフィーナに一目惚れしたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。 慌てて“僕のバンド”を結成し、猛特訓&曲作りの日々が始まった…。 音楽青春ドラマ。... more
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2016-11-20 16:51
タイトル : シング・ストリート 未来へのうた
評価:★★★★【4点】(P) 退学間違いなしの校内ライブコンサート後の夢の逃避行に拍手! ... more
Commented by セレンディピティ at 2016-08-08 16:17 x
こんにちは。
この作品、すごくよかったですね。
私も80年代のブリティッシュロックに夢中になった世代なので
とっても楽しめました。
私が見た回は意外にも若い子たちが多くてちょっとうれしくなりました。
渋谷のTSUTAYAで大々的にポスターが出ていたからかな?
青春ドラマとしてもすてきな作品でしたね。
主演の男の子、まだほっぺがぷくっとあどけなくてかわいかった。^^
バンドのお友だちも、お兄さんも最高でした。
Commented by margot2005 at 2016-08-08 23:02
セレンディピティさん、こんばんは。
やはり評判どおりの素敵な作品でしたね。
80年代のサウンドはホント私もハマりました。そうそうマイケルもいたし...。
有楽町で見たので中高年が多かったのだと思います。渋谷なら若者の方が多いのは頷けますね。
コナーの友人を演じた彼らも中々のものでした。
音楽狂いの兄ブレンダン役のジャック・レイナーが他の作品と別人ってイメージでインパクトありました。
Commented by ituka at 2016-11-20 17:24 x
ブリティッシュロックにハマっていたmargotさんこんばんは。
ラジオから流れてくる曲をカセットテープで録音とかして
ワタシも80年代の楽曲に夢中になっていた一人です(笑)
この映画の雰囲気といい、懐かしさがこみ上げてきました。
Commented by margot2005 at 2016-11-20 19:21
> itukaさん
こちらにもこんばんは。
ビートルズやローリング・ストーンズから始まったブリティッシュロックは永遠!ですね。今でも聞いています。
本作はホント懐かしさいっぱいで、味わい深くて素敵でした。
<< 「ローマ発、しあわせ行き」 「トランボ ハリウッドに最も嫌... >>