「ほっ」と。キャンペーン

「ダーク・プレイス」

「Dark Places」2015 UK/フランス/USA
a0051234_2135713.jpg

“一家惨殺事件で生き残った少女 あの夜、彼女がみなかったものとは”...シャーリーズ・セロン主演のダークなサスペンス・ドラマ。

リビー・デイに「告発のとき/2007」「あの日、欲望の大地で/2008」「ザ・ロード/2009」「ヤング≒アダルト/2011」「プロメテウス/2012」「マッドマックス 怒りのデス・ロード/2015」「スノーホワイト/氷の王国/2016」のシャーリーズ・セロン。
ライルに「アバウト・ア・ボーイ/2002」「タイタンの戦い/2010」「シングルマン/2009」「X-MENシリーズ/2011〜2016」のニコラス・ホルト。
若き日のディオンドラに「キャリー/2013」「イコライザー/2014」「アクトレス ~女たちの舞台~/2014」のクロエ・グレース・モレッツ。
若き日のベンに「ツリー・オブ・ライフ/2011」のタイ・シェリダン。
き日のリビーに「最高の人生のつくり方/2014」のスターリング・ジェリンズ。
ベン・デイに「ミッドナイト・イン・パリ/2011」「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~/2014」「あなたを見送る7日間/2014」「ブラック・スキャンダル/2015」のコリー・ストール。
リビーの母親パティ・デイに「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)/2011」「ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界/2012」のクリスティナ・ヘンドリックス。
リビーの父親ラナー・デイに「かけがえのない人/2014」「ルーム/2015」のショーン・ブリジャース。
ディオンドラにアンドレア・ロス。
監督、脚本は「サラの鍵/2010」のジル・パケ=ブランネール。

リビー・デイの過去と現在が行ったり来たりする。
1985年、カンザス州の田舎町。ある日、母親と二人の姉妹が殺害される事件が起こる。しかし姉妹の一番下のリビーが生き残り、姉妹の兄であるベンが容疑者として逮捕される。ベンが容疑者となったのはリビーの証言からだった。やがてベンは終身刑の判決を受ける。

母親の保険金や、有名な殺人事件の遺族として書いた自伝の出版などで金を得たリビーは定職にも就かず長年自堕落な日々を送っていた。しかし事件から28年たった今、金も底をつき孤独で貧乏な日々を余儀なくされている。そんな折、過去の有名な殺人事件の再検証を行う“殺人クラブ”という団体のメンバーであるライルから誘いを受け会合に出席する。金目当てに…。

ライルに促され再検証を行うことにしたリビーは刑務所に足を運び、久しぶりに兄と対面する。そして面会中ベンの腕にある“ディオンドラ”のタトゥーを見てリビーの記憶が蘇り始める。“ディオンドラ”はかつてベンが愛した女性の名前だった。
パズルのピースが埋まって行くように事実がどんどん明らかになって行く。

サスペンスは誰が犯人なのか?なぜ殺害したのか?と見ている間、疑問が頭の中に渦巻く。でもあの結末は全く考えられなくて衝撃的。ベンの取った行動はこの上なく愛情深いというのか、少々愚かかな?とも思った。
何はともあれ“殺人クラブ”の存在には驚かされた。

原作は「ゴーン・ガール/2014」のギリアン・フリンの世界的ベストセラー“冥闇”だそう。
「ゴーン・ガール」ほどわくわくするミステリーではないが、主演のシャーリーズ・セロン頑張っている。彼女は全編ほとんどスッピンで汚いジーンズに破れたTシャツを着ていてもとても美しい。
“美人は中身のある役を貰えない”とGQマガジンのインタビューで語る彼女がお気の毒。

脇役のニコラス・ホルトが良かった。「アバウト・ア・ボーイ」でヒュー・グランドと張り合ったニコラス。「シングルマン」ではコリン相手にゲイの大学生役を熱演し、現在に至っている。彼も素敵なお気に入り英国俳優の一人。
クロエ・グレース・モレッツは「キャリー」を彷彿とさせる形相でワルを演じていて似合っている。

今月は所用が多くてシアターに行ったのは3回。普段は平均すると1ヶ月に10本は見ているというのに、そろそろ7月も終わってしまいそう。そして本作は初日に観たのに今頃レビューを書いている始末。

TOHOシネマズみゆき座にて(本日で上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2016-07-21 22:35 | UK | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23025555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2016-07-28 10:40
タイトル : ダーク・プレイス/DARK PLACES
「ゴーン・ガール」の原作者ギリアン・フリンによるミステリー小説「冥闇」を 「サラの鍵」のジル・パケ=ブランネール監督が映画化。 幼い頃に一家惨殺事件から生き延びた女性が、家族を襲った事件の真相を追い、驚愕の真実にたどり着く。 主演がシャーリーズ、原作が「ゴーンガール」のってこと以外、予備知識ゼロで鑑賞。 15歳の時、アルコール依存症で暴力が絶えなかった実の父親を、危険を感じて母親が射殺、(罪には問われず) という壮絶な過去を持つシャーリズ・セロンが、惨殺事件から生き残った少...... more
Tracked from 象のロケット at 2016-08-21 08:19
タイトル : ダーク・プレイス
1985年、アメリカ・カンザス州の町。 デイ家の母親と娘2人の殺害事件で逮捕されたのは、当時中学生だった長男ベン。 決め手は8歳の三女リビーの証言だった。 …28年後、定職もなく金に困っていたリビーは、「殺人クラブ」という団体の会合に招かれ、報酬目当てに出席する。 意外にもメンバーのライルはベンの無罪を主張。 リビーは忘れかけていた事件の記憶をたぐり寄せていく…。 サスペンス。  PG-12... more
Tracked from いやいやえん at 2017-02-01 08:44
タイトル : ダーク・プレイス
【概略】 7歳の時に起きた一家惨殺事件で生き残ったリビー。28年後、彼女の下に有名事件の真相を語り合う殺人クラブから招待状が届く。 サスペンス 28年前に起きた一家惨殺事件で生き残った、7歳の少女リビー。彼女の証言により、殺人犯として逮捕されたのは、兄のベンだった。大人になったリビーの元へからの招待状が届く。「無実」を語り始めたベンに残された時間は、あと21日。闇に葬られたはずの真実が、狂い始める。 シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、クロエ=グレース・モレッツ共演。クロエ...... more
Commented by mig at 2016-07-28 10:39 x
こんにちは〜
いつもありがとうございます、なかなかコメント残せずすみません、
TBは反映されてないの気づかなかったです、なんだろう。
いただいたものは解除してるんですが入らない方たまにいるんです。申し訳ないです、、、、

子役から見てますがニコラスホルトいい役者になりましたよね〜クロエもビッチが合うし。笑
シャーリーズはうまいんだけど、いまひとつ、この作品面白さに欠けました。インパクトも足りないしありがちな内容で終わって残念ですー
Commented by margot2005 at 2016-07-29 22:41
migさん、こんばんは。
こちらこそいつもありがとう!
TBって送れない時あるようですね。

さてニコラ・スホルト素敵な大人になりました。
クロエのビッチは確かにぴったり!!
シャーリーズのように美し過ぎると、奥深いものを表現するのが難しいのかも知れません。でも毎回体重増やすわけのにもいかないだろうし...。
<< 「フラワーショー!」 「ブルックリン」 >>