「帰ってきたヒトラー」

「Er ist wieder da」…aka「Look Who's Back」2015 ドイツ
a0051234_0461446.jpg

1945年に自殺したはずのアドルフ・ヒトラーが2014年のベルリンの街に現れる。キオスクの店主からヒトラーそっくりの人物がいるという話を聞いたファビアン・ザヴァツキは首を言い渡されたばかりのTV番組のフリーランスのディレクター。ザヴァツキは元上司であるTVディレクター、クリストフ・ゼンゼンブリンクを訪ね、アドルフ・ヒトラーのそっくりさんを物まね芸人として売り出そうと持ちかける...

アドルフ・ヒトラーにオリヴァー・マスッチ。
ファビアン・ザヴァツキにファビアン・ブッシュ。
クリストフ・ゼンゼンブリンクにクリストフ・マリア・ヘルプスト。
カッチャ・ベリーニにカッチャ・リーマン。
クロマイヤー嬢にフランツィスカ・ヴルフ。
監督、脚本はダーヴィト・ヴネント。

風刺の効いたブラック・コメディはティムール・ヴェルメシュが2012年に発表した風刺小説で、ドイツではベストセラーになったそう。

TVに物まね芸人として登場したアドルフ・ヒトラーのそっくりさんは瞬く間に視聴者を虜にしてしまう。
ドイツの現首相メルケルをデブのおばさん呼ばわりしたり、若者は役立たずばかりだ!と言い放ち、自らのプロパガンダを力説するヒトラーのそっくりさん。しかし彼を一目見ようとブランデンブルク門には人だかりができる。そう彼の人気はうなぎ登りに上昇していく!

TV局に勤めるクロマイヤー嬢の祖母がユダヤ人で、彼女以外の家族は全てナチスによって虐殺されていた。そんな彼女はヒトラーを一目見て、“彼は物まね芸人なんかじゃない!”と激怒するシーンがあり興味深い。

ファビアン・ザヴァツキは1945年に自殺したヒトラーが、正にその場所から現れたことを知り、2014年のベルリンの街に本当にタイムスリップしたと確信する。しかし誰も彼の話を信じず精神を病む病院に隔離されてしまう、あのオチは強烈だった。
相反してヒトラーを利用して大もうけに成功した元TV製作会社副社長カッチャ・ベリーニが、ヒトラーと共にオープンカーに乗ってベルリンの壁の側を悠然と走るラスト・シーンは圧倒的。

こんな映画作って良いのか?と思ったりもしたが、ヒトラーをちゃかした「わが教え子、ヒトラー/2007」というブラック・コメディもあるくらいだから、ドイツ人の懐の深さには脱帽する。
アドルフ・ヒトラーを演じた俳優オリヴァー・マスッチの素顔はヒトラーに似てないらしいが、身振りや話し方はかなりイケてる。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-07-14 01:02 | ドイツ | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/22994359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2016-07-18 00:48
タイトル : 帰ってきたヒトラー
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 他のヒトラー映画と一線を画す戦略が大成功!(笑) ... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2016-07-20 12:08
タイトル : 帰ってきたヒトラー/ER IST WIEDER DA/L..
 歴史上、〈絶対悪〉であるヒトラーが現代に甦り、 モノマネ芸人と誤解されて引っ張り出されたテレビの世界で大スターに という小説が2012年にドイツで出版。 絶賛と非難ありの中、国内で200万部を売り上げて、日本を含む世界41カ国で翻訳! タイムズのベストセラーリストでも堂々NO.1に輝いた小説が、まさかの映画化。 監督はドイツの新鋭デヴィッド・ヴェンド。 時は1945年。ヒトラー死亡──のはずがなぜか目覚めたヒトラーが起き上がると、そこは2014年のベルリンだった ...... more
Tracked from 象のロケット at 2016-08-21 08:21
タイトル : 帰ってきたヒトラー
1945年に死亡したはずのヒトラーが、突如2014年のドイツ・ベルリンに現れた! 道行く誰もがヒトラーのコスプレをしたモノマネ芸人だと思い、ただ笑うばかりで敬礼をしてくれない。 リストラされたTVディレクターのザヴァツキは、偶然見かけた彼をバラエティ番組に売り込むことに。 政治ネタの鋭いツッコミが視聴者に受け、ヒトラーは芸人として大ブレイクしてゆく…。 ブラック・コメディ。 ≪この映画、笑うと危険。≫... more
Commented by ituka at 2016-07-20 23:41 x
ヒトラー映画でこんなにワクワクした作品は初めてでした。
彼の理想論は筋が通ってブレがないから聞いてる方は圧倒されますよね。
そっくり芸人なら笑えるけど本物だったらみんな一瞬で凍り付いたと思います(笑)

>「わが教え子、ヒトラー/2007」

これ知らなかったです( ..)φメモメモ
Commented by margot2005 at 2016-07-21 00:36
itukaさん、こんばんは。

ヒトラー映画でわくわくって...同感ですね。
マジでヒトラーの理想論は全くブレておりませんでした。大した方です!
一人だけ凍り付いているおばあさんがインパクトありました。
さて「わが教え子、ヒトラー」機会があれば是非!
<< 「二ツ星の料理人」 「レジェンド 狂気の美学」 >>