イタリア映画祭2016...「オレはどこへ行く?」

「Quo vado?」 2016 イタリア
a0051234_20345270.jpg
a0051234_20344668.jpg
a0051234_20343744.jpg
a0051234_20342832.jpg

終身雇用の公務員にしがみつく男ケッコを描いた痛快コメディ。

ケッコにケッコ・ザローネ。
ヴァレリアにエレオノーラ・ジョヴァナルディ。
シローニ女史に「輝ける青春/2003」「孤独な天使たち/2012」のソニア・ベルガマスコ。
ケッコの父親ペッピーノにマウリツィオ・ミケーリ。
ケッコの母親カテリーナにルドヴィカ・モドゥーニョ。
マーニョ大臣にニンニ・ブルスケッタ。
ビネット上院議員にリーノ・バンフィ。
ケッコのフィアンセにアッズラ・マルティーノ。
観測隊員に「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女/2009」のパオロ・ピエロボン。
監督、原案、脚本はジェンナーロ・ヌンツィアンテ。
原案、脚本、音楽はルカ・メディチ(ケッコ・ザローネ)。

地方都市で公務員の職にあるケッコは38歳のシングルで両親と同居している。フィアンセに結婚をせがまれているが、心から愛するのはマンマだけ。そんなある時、政府が公務員の人員削除に乗り出し早期退職者を募ることになる。ケッコは退職か勤務地変更か?の選択に迫られる。マーニョ大臣の命令によりシローニ女史は次々と早期退職に追い込むことに成功するが、ケッコはだけは絶対に首を縦に振らない。で、彼女はケッコを退職させるべく、嫌がらせでイタリアのあらゆる所に左遷するが全く動じない有様。頭にきたシローニ女史は彼を北極圏にあるノルウェーの離島の観測所に送り込む。やがてケッコはあまりの寒さにイタリアに戻りたい!気持ちが芽生え始めるが、観測所で働くヴァレリアに一目惚れし、彼女の3人の連れ子と共に暮らし始める。

ケッコは一時ヴァレリアとノルウェーで幸せな日々を送っていたが、やはりノルウェーは寒い!ヴァレリアを説き伏せイタリアに戻りプーリアに赴任することになる。とにかくどこまでも公務員なのだ。しかしそんな公務員魂がいやになったヴァレリアはケッコと別れる決断をする。
オープニングとエンディングはアフリカ。予想どうり二人のヨリは戻ったわけ。

主演のケッコ・ザローネはイタリアでは有名なコメディ俳優とのこと。でもケッコ・ザローネの映画は今回初めて見た。日本のお笑い芸人にいそうなタイプで、その中の誰かに顔似ている?なんて思ったりもした。
この方多彩な人で主題歌も歌っている。
氷のようなシローニ女史を演じるソニア・ベルガマスコはシリアスなドラマの「輝ける青春」や「孤独な天使たち」より本作のようなコメディがとても似会う女優。

映画祭のエンディングにふさわしい痛快イタリアン・コメディは、もうとにかく全編笑いっぱなしで…隣の女性はうるさいくらい笑っていてちょっと困ったけど...。
今年は5本しか見ることができなかった。中でも良かったのは、移民問題を扱った「地中海」、同性愛を描いた「私と彼女」、そして過激なストーリーの「暗黒街」はとても見応えがあったし、ラストに見た「オレはどこへ行く?」はもう最高!にくだらなくって面白いイタリアン・コメディで大満足。

有楽町朝日ホールにて
[PR]
by margot2005 | 2016-05-10 21:19 | 映画祭 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/22797443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「グランドフィナーレ」 イタリア映画祭2016...「... >>