「母よ、」

「Mia madre」2015 イタリア/フランス/ドイツ
a0051234_20522248.jpg

映画監督のマルゲリータは恋人と別れたばかり。彼女の悩みは日々尽きない。反抗期の娘リヴィアとは意見があわず、ハリウッドからやって来たわがままな主演俳優バリーにはムカついて撮影も上手く進まない。しかしそんな中でも一番の悩みは母親の病気だった…

マルゲリータに「はじまりは五つ星ホテルから/2013」のマルゲリータ・ブイ。
バリーに「グッド・シェパード/2006」「セントアンナの奇跡/2008」「ジゴロ・イン・ニューヨーク/2013」「エクソダス:神と王/2014」のジョン・タートゥーロ。
アーダにジュリア・ラッツァリーニ。
リヴィアにベアトリーチェ・マンチーニ。
監督、原案、脚本、製作、出演(ジョヴァンニ)は「息子の部屋/2001」「カイマーノ(夫婦の危機)/2006」「ローマ法王の休日/2011」のナンニ・モレッティ。

ナンニ・モレッティは“ ヨーロッパにおいては既に名匠との声もある一方、そのクセの強さから必ずしもすべての人に受け入れられてきたとは言い難い…”と言われてるそうだが、私的に本作は受け入れられない作品だった。

まずストーリーの展開がどうもすっきりしない。色んなシーンで...それはマルゲリータの夢なのか?現実なのか?彼女の母親は既に亡くなっているのか?いやまだ?と良くわからない。
マルゲリータの家の水のシーンは夢ではなかったように見えたけどなぜ??と、いたるところに疑問が残る。

母親が完治しない病気ということもあるがドラマは暗い。映画監督マルゲリータが撮影する作品は社会派ドラマでつまらないし、介護のため休職しているジョヴァンニも暗いし、ハリウッドからやって来たおおらかでよく喋る俳優バリーの存在のみが明るい材料。
映画の中でイタリア語を喋るジョン・タートゥーロを初めて見た。風貌はほぼイタリアンのタートゥーロ。イタリアン・アメリカンの両親を持つ彼にはイタリア語がとても似合う。
色んな役柄を演じるマルゲリータ・ブイは暗いキャラより明るいキャが似合う女優。

マルゲリータは母親が逝くということに耐えられない気持ちを募らせている。見ていてマルゲリータのストレスがこちらにも移りそうな気配だった。わがままなバリーに怒りを発散するマルゲリータ。でも彼女自身も相当わがままなのじゃないか?とも思った。マルゲリータって多分友達などいないタイプの女性だろう。そういえばドラマの中に彼女の友人は一人も登場しなかった。元恋人にも説教されていたし…。

Bunkamura ル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-12 22:54 | イタリア | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/22709887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2016-04-17 18:31
タイトル : 人が生きるということ~『母よ、』
 MIA MADRE  映画監督のマルゲリータ(マルゲリータ)は恋人と別れ、新作の撮影はア メリカから来た主演俳優(ジョン・タートゥーロ)と衝突してばかりでうまく進ま ない。そんな時、入院中の最愛の母が、余命わずかだと知らされる。  ナンニ・モレッティの新作と言うよりは、タイトルに惹かれてとても楽しみに していた作品。しかし、ちょっと期待...... more
Tracked from 象のロケット at 2016-04-19 01:34
タイトル : 母よ、
イタリアの女性映画監督マルゲリータは様々な問題を抱えていた。 入院中の母アーダは家に帰りたいと言い出すし、離婚した夫との間の娘リヴィアは思春期を迎えている。 新作映画の撮影では元恋人と毎日のように顔を合わせなければならないし、アメリカからやって来た主演俳優バリーはトチってばかり。 そんな時、マルゲリータと兄ジョヴァンニは、母の余命がわずかであることを知らされる…。 ヒューマンドラマ。... more
<< 「マジカル・ガール」 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 >>