「サウルの息子」

「Saul fia」2015 ハンガリー
a0051234_2231833.jpg

1944年10月、ポーランドのアウシュビッツ(ビルケナウ)収容所。ハンガリー系ユダヤ人のサウルはゾンダーコマンドとして働いている。彼の仕事は同胞であるユダヤ人の死体処理。ある日ガス室で生き残った少年を発見するが、直ちに医者が呼ばれ殺されてしまう。やがてサウルは彼を手厚く葬ろうとラビを探し始める…

サウルにルーリケ・ゲーザ。
監督、脚本はネメシュ・ラースロー。

カンヌ国際映画祭グランプリ/ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞/アカデミー賞外国映画賞と華やかなる受賞歴。
かなり前(昨年?)にシアターで予告編を見て、一般公開されてもアウシュヴィッツものはあまり見たくないとずっと躊躇していた。でもアカデミー賞外国映画賞にも輝いたし、ちょっと見てみるかと重い腰を上げて見に行った。サービスディ(夕方の回)に行ったらかなりの人で、最終回はたぶんもっと入っていたはず。

少年はサウルの実の息子ではない。しかし少年を我が息子と自身に言い聞かせ埋葬にこだわり続ける。アウシュビッツ(ビルケナウ)ではナチスたちは人間であるユダヤ人を“部品”と呼んでいる。ここで生きのびるにはひたすら感情を押し殺して行動しなくてはならない。サウルは日々失われそうになる人間としての尊厳を保つため少年の埋葬にこだわったに違いない。

酷いシーンはぼかしてあるので良く見えないが、女性と子供の泣き声は聞こえて来る。なのでより以上に想像力をかきたてられ、途中でやめようかとも思うくらい見ていて辛かった。
ラスト…希望が見えたのに…結末は哀しい。

サウルを演じるルーリケ・ゲーザは詩人であり、現在小説を執筆する才人。レイフ・ファインズとアントニオ・バンデラスを足して2で割った風貌。全編を通じて見せる彼の哀しげな目が記憶に残る。
“ビルケナウ”はドイツ語で「白樺の谷」を意味するという。ラストシーンは正に“白樺の谷”だった。

新宿シネマカリテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-03-04 23:27 | ヨーロッパ | Trackback(9) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/22561798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2016-03-06 10:56
タイトル : 映画:サウルの息子 SAUL FIA 狂気 vs 正気の..
カンヌ映画祭グランプリ作品。 なので、公開後早めに観に行こうと決めていたが、なかなか足が向かない… 仕事後に、凄惨な状況を描くアウシュビッツ映画を観る気分には、とても なれないのだ!(笑) 結局、かろうじて日曜の仕事帰りに、やっと鑑賞。 オープニ...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2016-03-07 07:28
タイトル : 神が与えしもの~『サウルの息子』
 SAUL FIA  SON OF SAUL  1944年、アウシュビッツ。ユダヤ人強制収容所には、「ゾンダーコマンド」= 秘密の運搬人と呼ばれ、同胞の死体を処理するために働かされていた囚人た ちがいた。その一人であるサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、ガス室から虫の息と なって運ばれてきた少年を息子だと主張し、彼を 「正しく埋葬」 しようとする。  ホ...... more
Tracked from まてぃの徒然映画+雑記 at 2016-03-13 20:45
タイトル : サウルの息子 SAUL FIA
2015年のカンヌ国際映画祭でグランプリを獲得した作品。アウシュビッツでゾンダーコマンドとして働くサウルの2日間を追ったもの。 毎日毎日アウシュビッツに運ばれてくるユダヤ人。彼らは服を脱がされて裸でガス室に送り込まれる。ゾンダーコマンドは彼らを追い立て、残...... more
Tracked from 映画好きパパの鑑賞日記 at 2016-03-13 21:08
タイトル : サウルの息子
 ナチスの強制収容所で、焼却された遺体の処理などはユダヤ人の収容者がやらされており、その目線から虐殺を徹底的に追った作品。手ぶれ長回しで遺体がごろごろと、強制収容所を扱った作品の中でもトップクラスのえぐい映画。見ている最中に、お腹が痛くなってきました。…... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2016-03-14 00:02
タイトル : サウルの息子/SAUL FIA/SON OF SAUL
2015年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ほか、 様々な映画祭で話題。本年度のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート中のハンガリー映画。 強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダヤ教の教...... more
Tracked from rambling rose at 2016-03-29 22:40
タイトル : サウルの息子
アウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所にて処刑や死体処理を手伝うゾンダーコマンドとして働くユダヤ人サウル。ある日彼はガス室でまだ息のある少年を見つけ・・... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2016-04-06 22:13
タイトル : 息子を葬るために・・・
1日のことですが、映画「サウルの息子」を鑑賞しました。 1944年10月、ユダヤ人のサウルはビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜され同胞の死体処理の仕事に就く ある日 ガス室で息子らしき少年を発見した彼は、直後に殺されたその少年をユダヤ教...... more
Tracked from C’est joli こ.. at 2016-06-16 20:25
タイトル : サウルの息子
サウルの息子 '15:ハンガリー ◆原題:SAUL FIA ◆監督:ネメシュ・ラースロー ◆主演:ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レヴェンテ、ユルス・レチン ◆STORY◆1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。ハンガリー系のユダヤ人、サウル(ルーリグ・ゲーザ)は、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊・ゾンダーコマンドとして働いている。ある日、サウルはガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見。その少年はすぐさま殺されてしまうが、サウルはラビ(=ユダヤ教の聖職...... more
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2016-06-28 19:40
タイトル : サウルの息子
評価:★★★☆【3.5点】(10) ホロコースト関連で最もシンプルで衝撃的作品…らしい。 ... more
<< 「これが私の人生設計/生きてい... 「オデッセイ」 >>