「メニルモンタン 2つの秋と3つの冬」

「2 automnes 3 hivers」…aka「2 Autumns, 3 Winters」2013 フランス
a0051234_23264144.jpg
a0051234_23261088.jpg
a0051234_23255950.jpg
a0051234_2325479.jpg
a0051234_23253278.jpg
a0051234_23251630.jpg

パリに暮らすアラサー男アルマンの2つの秋と3つの冬を描いたコメディ・ドラマ。

アルマンに「やさしい人/2013」のヴァンサン・マケーニュ。
アメリに「アデル、ブルーは熱い色/2013」のモード・ウィレール。
バンジャマンに「わたしたちの宣戦布告/2011」のバスティアン・ブイヨン。
カティアに「消えたシモン・ヴェルネール/2010」のオドレイ・バスティアン。
監督、脚本はセバスチャン・ベベデール。

“仕事をみつける。運動をはじめる。タバコをやめる。”と決意した33歳のアルマン。そんなある日、公園でジョギング中アメリというチャーミングな女性と出会う。一目惚れした彼は“又会いたい!”一心で新しいトレーニング・スーツを買いそろえ再び公園を走り回るが彼女は現れずでがっくり。そしてある夜、ボルドーの美大時代の親友バンジャマンと映画を見て別れた後、突然女性の悲鳴が響き渡り駆けつける。暴漢に襲われそうになっていた女性は何とあのアメリだった。
アルマンは暴漢に襲われるアメリを助けたことから恋が始まり、バンジャマンは突然倒れた脳梗塞のリハビリで出会った理学療法士カティアとの恋が始まる。

メニルモンタンはパリ20区にある街の名前。
映画サイトの評価はかなり高い(フランス映画祭2014上映作品)はシアターがガラガラ(平日夕方の回で確か4人だった)で驚いた。本作を見たのはただただヴァンサン・マケーニュの出演に惹かれたから…。
時折スクリーンにアルマン、バンジャマンとアメリが交代で現れ、観客に語るように自らの境遇を話し始める。あの描き方はかなりユニーク。しかし淡々と進む展開に少々眠くなったのも本当のこと。

「やさしい人」の主人公もそうだったけど、ヴァンサン・マケーニュは冴えなくてうだつの上がらない男が完璧にまで似合う。
コメディ・ドラマに分類されているけど笑えるドラマではない。
「女っ気なし」は未見なので是非見てみたい。

シアター・イメージフォーラムにて
[PR]
by margot2005 | 2015-12-28 00:24 | フランス | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/22003755
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2016-01-14 18:07
タイトル : たまにはフランス流を!
15日のことですが、映画「メニルモンタン 2つの秋と3つの冬」を鑑賞しました。 33歳 定職に就けずにいる元画学生のアルマンは、ジョギング中に知り合ったアメリにひかれる。 ある日 男に襲われそうになったアメリを助けようとしたアルマンは刃物で刺されるが、この事件を...... more
<< 「独裁者と小さな孫」 「Re:LIFE~リライフ~」 >>