「アンジェリカの微笑み」

「O Estranho Caso de Angélica」…aka「The Strange Case of Angelica」2010 ポルトガル/スペイン/フランス/ブラジル
a0051234_2351466.jpg

リスボン、ドウロ河流域の小さな町。ある日、カメラが趣味の青年イザクは富豪のポルタシュ館から写真撮影を依頼される。そして屋敷の女主人から亡くなった娘アンジェリカの最後の写真を撮って欲しいと告げられる。やがてイザクがカメラを構えファインダーを覗いた瞬間アンジェリカが微笑んだように見えた。しかし周りの誰もそれに気づいてはいない。写真を撮り終え下宿先の部屋へ戻ったイザクは、もはやアンジェリカを忘れることはできないと感じ始める...

監督、脚本は「コロンブス 永遠の海/2007」「ノン、あるいは支配の空しい栄光/1990」「ブロンド少女は過激に美しく/2009」「家族の灯り/2012」のマノエル・デ・オリヴェイラ。
イザクにリカルド・トレパ。
アンジェリカに「女王フアナ/2001」「アラトリステ/2006」「シルビアのいる街で/2007」「ブエノスアイレス恋愛事情/2011」のピラール・ロペス・デ・アジャラ。

現像しフォトとなったアンジェリカが再びイザクに微笑みかけてくる。イザクはアンジェリカに魅せられ茫然自失となる。下宿先の女主人はそんなイザクを心配するが、アンジェリカに取り憑かれてしまっているイザクは周りが見えていない状態。寝ても覚めてもアンジェリカが現れ、あろうことか夢の世界から現れたアンジェリカが手招きしている。
パジャマ姿のイザクと、白いドレスで空を飛ぶアンジェリカが滑稽ながらファンタジック。

主人公はいつものように監督の孫のリカルド・トレパ。死者に恋した青年の物語って??と展開が楽しみで、最初アンジェリカが生き返るのかな?なんて想像逞しくしていたがそのようなことにはならない。
「ブロンド少女は過激に美しく」で美しい少女に夢中になる青年を思い起こす。
2015年に106歳で亡くなったオリヴェイラ監督。100歳を過ぎても恋する男が主人公の映画を作るなんてなんとロマンティックな人なのだろう、と感心する。

アンジェリカ役の彼女…もうスゴく見たことのある女優だ!と思いながら全く思い出せずにPCでチェックしたらスペイン人女優のピラール・ロペス・デ・アジャラ。そして彼女の映画は何作も見ていることが判明。印象に残るのは「女王フアナ」だが「シルビアのいる街で」「「ブエノスアイレス恋愛事情」の彼女も良かった。
もう決してマノエル・デ・オリヴェイラが作るリカルド・トレパ主演の映画が見られないとは実に寂しい。

Bunkamuraル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2015-12-21 23:58 | ヨーロッパ | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21954439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2015-12-23 08:11
タイトル : 映画:アンジェリカの微笑み O Estranho Cas..
実は「スペクター」鑑賞後、クレイグ 007失望 症候群に陥ってしまった。 あまりにガッカリしたので… こんな自分に、喝!を入れてくれる作品を探していた。 そしてそれが見つかった! 4月2日に106歳で逝去したオリヴェイラ晩年の作品。 101歳のときの作品(!)「...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2015-12-26 06:41
タイトル : アンジェリカの微笑み
 『アンジェリカの微笑み』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本年4月に亡くなったポルトガルのオリヴェイラ監督が101歳の時に制作した作品(2010年公開:注1)というので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、詩人のアンテロ・デ・ケンタルの言葉(...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2016-01-15 12:47
タイトル : 美しき三角関係?プラトニックな愛の物語
クララ・シューマンを巡ってLove story of Clara Schumann and Brahms クララ・シューマンは、19世紀に活躍した女流ピアニストでした。幼少時代は、「第二のモーツァルト」といわれた神童で、19世紀当時、圧倒的人気を誇っていた女流ピアニストであり、ショパンは「僕の練習曲集を弾ける唯一のドイツ人女性」と絶賛され、ゲーテも「才能ある芸術家クララ・ヴィークのために」という銘文を刻んだメダルを贈りました。... more
Tracked from GARA at 2016-01-20 20:19
タイトル : アンジェリカの微笑み
アンジェリカの微笑み:http://www.crest-inter.co.jp/angelica/アンジェリカが眼をパチッと開いた瞬間、ドキッ。ちょっと怖い展開になりそうだと身構えたんですが、ある意味想定内の青年の恋話。しかしなんとも魅惑な怪奇ロマン。100歳を越えてなおロマンスですから、、、。恐れいります。監督は106歳で永眠しマノエル・ド・オリヴェイラ。オリヴェイラ監督、101歳時の作品です。死を目前にした彼のメッセージは、《甘美な死への誘い》であり、《現代文明への憂い》でした。老人の魔法にかけら...... more
<< 「パリ3区の遺産相続人」 「007 スペクター」 >>