「1001グラムハカリしれない愛のこと」

「1001 Gram」2014 ノルウェー/ドイツ
a0051234_23591279.jpg
a0051234_2359276.jpg

ノルウェーの国立計量研究所に勤める女性化学者マリエは、あらゆる計測のエキスパート。ある日、心臓発作で倒れた父親の代わりにパリで行われる国際セミナーに参加し、パイと言う名前のフランス人科学者と出会う…

マリエにアーネ・ダール・トルプ。
パイに「幸せになるための恋のレシピ/2007」のロラン・ストケル。
マリエの父親アーンスト・アーンストにスタイン・ヴィンゲ。
マリエの同僚ヴェンケに「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車/2014」のヒルデグン・リーセ。
監督、製作、脚本は「キッチン・ストーリー/2003」「ホルテンさんのはじめての冒険/2007」「クリスマスのその夜に/2010」のベント・ハーメル。

ひと味違った映画を作るベント・ハーメル。「キッチン・ストーリー」での“独身男性の台所での行動パターン調査”も可笑しかったが、こちらは物を計る基準となる“キログラム原器”が主人公と言うのが実にユニーク。

「クリスマスのその夜に」はそれほどでもなかったが「ホルテンさんのはじめての冒険」はかなりのハートウォーミング・コメディ。本作は何もかも壊れてしまい、途方にくれるヒロインが国際セミナーで出会った心優しいフランス人化学者と明るい未来を取り戻すラヴ・ストーリーと言った趣。

マリエが計量研究所に勤めるだけあって、少々無機質ではあるが計算し尽くされた趣の彼女の家の家具が完璧なまでに美しい。でも結婚生活ではパイロットの夫とは離婚寸前。人間誰しも全てにおいて完璧にはなれないといったところ。
マリエを演じるアーネ・ダール・トルプはノルウェーでは有名な女優だそう。今回彼女の映画を初めて見た。少々冷たいイメージを感じる淡々とした雰囲気がドラマのヒロインにぴったり。

それぞれの国に“キログラム原器”なるものが存在し、パリにある“国際キログラム原器”は“1キログラムの母”と形容され金庫の中に厳重に保管されている。国際セミナーで1キログラムの新しい定義をめぐって議論が交わされるシーンはなんとなく滑稽だった。

原タイトルの“1001グラム”...亡くなった父親の遺灰の重さとはやはりひと味違ったベント・ハーメルの世界?
バスルームで交わされる“15.5でしょ?いや18.0かな?”といったあのサイズが意味深。
ヒロインの乗るノルウェーの電気自動車“buddy”が超かわいい。
a0051234_2359474.jpg


Bunkamura ル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2015-11-26 00:14 | ヨーロッパ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21869134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2015-11-30 15:32
タイトル : 第27回東京国際映画祭「1001グラム」
東京国際映画祭。毎年心待ちにしていて、昨年からはできるだけ多くのコンペ作品を観るよう心掛けている。コンペ作品は世界中の良質な作品が日本公開初、で観られるのだから、至福の贅沢である。そして監督や出演者の参加する上映後のQ&Aが何とも又魅力的。もちろん、平日の夜と土日のみの鑑賞になるので、泣く泣く諦めた作品も多い。休日の一日に3本の強行軍も、平日の終電での帰宅も、東京国際映画祭だから、と、頑張ってみた。タイムテーブルを組み立てるチケット購入の時間もまた楽しからずや。で、今年は、年々衰えていく自分の記憶力を...... more
<< 「コードネームU.N.C.L.E.」 「ミケランジェロ・プロジェクト」 >>