「ミケランジェロ・プロジェクト」

「The Monuments Men」2014 USA/ドイツ
a0051234_2023911.jpg

第二次世界大戦末期のヨーロッパ。アドルフ・ヒトラーは“総統美術館”を作る計画を進め、ナチスはヒトラーの命を受けヨーロッパにある数々の貴重な美術品を盗むことに闘士を燃やしていた。それを知ったハーバード大学付属美術館長のフランク・ストークスは貴重な美術品を後世に残すため立ち上がる...

監督、脚本、製作、出演(フランク・ストークス)に「ファミリー・ツリー/2011」「ゼロ・グラビティ/2013」のジョージ・クルーニー。
ジェームズ・グレンジャーに「アジャストメント/2011」「プロミスト・ランド/2012」のマット・デイモン。
リチャード・キャンベルに「ダージリン急行/2007」「ゲットスマート/2008」「リミッツ・オブ・コントロール/2009」「私が愛した大統領/2012」「グランド・ブタペスト・ホテル/2013」「ヴィンセントが教えてくれたこと/2014」のビル・マーレイ。
ウォルター・ガーフィールドに「お買いもの中毒な私!/2009」「アーティスト/2011」「アルゴ/2012」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌/2013」のジョン・グッドマン。
ジャン=クロード・クレルモンに「海の上のバルコニー/2010」「アーティスト/2011」「プレイヤー/2012」「メビウス/2013」のジャン・デュジャルダン。
ドナルド・ジェフリーズに「僕が星になるまえに/2010」「ダウントン・アビー シリーズ/2010~2013」のヒュー・ボネヴィル。
プレストン・サヴィッツに「幸せのレシピ/2007」「パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画/2011」「ジゴロ・イン・ニューヨーク/2013」のボブ・バラバン。
クレール・シモーヌに「シンデレラ/2015」のケイト・ブランシェット。

過去にパリや、ローマ、フィレンツェでとても有名な絵画や彫刻をたくさん見てきたので、この映画にはスゴく興味があった。
ジョージ・クルーニー以下出演陣も豪華。ユーモアを交えながら展開するドラマはわたし的に見応えがあった。

1944年7月。アメリカ人5人、英国人1人、フランス人1人で構成された特殊部隊“モ ニュメンツ・メン”はノルマンディに上陸し、ヨーロッパ各地を回り美術品奪還を目指していた。しかし多くの美術品は既にナチスによって持ち去られていた。そんな折、英国人のドナルド・ジェフリーズはフランダースでナチスからファン・エイクの“ヘントの祭壇画”を守るため命を落としてしまう。エンディングでジェフリーズの子孫がシント・バーフ大聖堂に“ヘントの祭壇画”を見に訪れるシーン…“たかが美術品のために命を落とすのか?”という辛辣な台詞をもあったが、それを見たジェフリーズの子孫は彼を称えたに違いない。

ナチスが美術館や教会から盗んだ絵画や彫刻は、岩塩採掘跡地やノイシュヴァンシュタイン城に積み上げ隠されていた史実に驚いた。城の玄関に無造作に置かれたロダンの“カレーの市民”ますます悲しそうに映る。
そして美術館や教会からだけではなく、ユダヤ人家庭からの略奪品も圧巻だ。奪った絵画や家具、食器が山ほど積み上げられた部屋。そして金歯がいっぱい入った樽にはあきれ返る。
ジェームズ・グレンジャーがユダヤ人の家の壁に絵画をそっと返すシーンが素敵。

映画の中で“ヒトラーは美術学校の試験に二度も落ちた。”と語られる。
ジョン・キューザック主演の「アドルフの画集/2002」という映画を思い出した。画家を夢見るヒトラーとキューザック演じる画商マックスのドラマ。アドルフ・ヒトラーが美術品に固執したのも良くわかる。

TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-11-25 21:54 | MINI THEATER | Trackback(7) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21868681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2015-11-26 00:24
タイトル : ミケランジェロ・プロジェクト
ま、面白かったけれど、微妙。... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2015-11-27 13:09
タイトル : 「ミケランジェロ・プロジェクト」
真面目に、丁寧に作られた作品。事実を基にして作られているが、戦時下という特殊性と、芸術を守るという崇高なテーマの下、かなりドラマチック。事実は小説よりも奇なり、の正にそれである。ナチスによって各国・各家庭から奪われた美術品を、永遠に失われる前に取り戻すプロジェクトが、第二次世界大戦終戦間近にアメリカ合衆国の手により行われた。派遣されたメンバー彼らこそ「THE MONUMENT MEN」(原題)。「戦争」により、多くの人の命が奪われる中で、国土や人命ではなく美術品を奪還するという目的は、理解・共感を得難...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2015-12-01 06:42
タイトル : 『ミケランジェロ・プロジェクト』
□作品オフィシャルサイト 「ミケランジェロ・プロジェクト」□監督・脚本 ジョージ・クルーニー□原作 ロバート・M・エドゼル□キャスト ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ケイト・ブランシェット、       ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2015-12-05 18:16
タイトル : 戦争時、芸術の行方
14日のことですが、映画「ミケランジェロ・プロジェクト」を鑑賞しました。 ナチスドイツが歴史的に重要な美術品の略奪を繰り返していたことに強い危機感を抱くハーバード大学付属美術館の館長ストークスは 大統領を説得し 7人の美術専門家で構成される建造物や美術品を...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2015-12-14 20:48
タイトル : ナチ略奪美術品を救え!~『ミケランジェロ・プロジェクト』..
 THE MONUMENTS MEN  第二次大戦末期。ナチスドイツによる欧州各国の美術品強奪を憂えたフラン ク・ストークス(ジョージ・クルーニー)は、芸術分野に秀でた7人による特殊部隊  「モニュメンツ・メン」 を結成する。  世界大戦時、激戦区だった欧州で数々の美術品が戦災を免れたのは、何故 だったのか? そこには、専門家たちによる美術品...... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2015-12-20 17:45
タイトル : ミケランジェロ・プロジェクト &外苑の銀杏
ジョージ・クルーニーが監督・製作・脚本・主演を務める実話に基づく歴史ドラマ、「ミ... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2016-12-31 14:28
タイトル : ミケランジェロ・プロジェクト
THE MONUMENTS MEN 2013年 アメリカ 118分 サスペンス/ドラマ/コメディ 劇場公開(2015/11/06) 監督: ジョージ・クルーニー 製作: ジョージ・クルーニー 原作: ロバート・M・エドゼル『ナチ略奪美術品を救え』 脚本: ジョージ・クルーニー 出演: ジョ...... more
Commented by kogarinta at 2015-11-27 13:10
こんにちは。
私もベルギーでファン・アイクの「祭壇画(神秘の子羊)」やミケランジェロの「聖母子像」を共に見てきた事がありますので、感慨深い映画でした。
MONUMENT MENの活躍が無かったらも観る事が出来なかった訳ですものね。
Commented by margot2005 at 2015-11-27 23:14
ここなつさん、コメントありがとうございます。
BSTVなどでは何度も、何度も見ているのですが、ベルギーヘは行った事がないので、ヘントの祭壇画とミケランジェロの聖母子像の生は見た事がありません。今ベルギーはややこしいことになっていますが、機会があれば見に行きたいですね。
Commented by セレンディピティ at 2015-12-20 17:45 x
こんにちは。
戦時下とはいえ、錚々たる美術品の数々が、単なるモノとして扱われる中
こういう崇高なミッションに命を懸けていた男たちがいたのですね。
知られざる歴史の一面を知ることができて興味深かったです。

さすがは社会派のジョージ・クルーニー、目のつけどころがすばらしいですね。
Commented by margot2005 at 2015-12-21 23:49
セレンディピティさん、こちらにもありがとう。
ホント華麗なる美術品の数々が単なる物でしたね。
ナチス(ヒトラー)があんなにたくさん強奪していたとはもう驚き!の一言です。
わたしもこの史実はとても興味深かったです。
ジョージ・クルーニーは多彩な人ですね。
<< 「1001グラムハカリしれない... 「エール!」 >>