「エール!」

「La famille Bélier」…aka「The Bélier Family」2014 フランス/ベルギー
a0051234_23322424.jpg
a0051234_233218100.jpg
a0051234_2332794.jpg
a0051234_23315871.jpg
a0051234_23314754.jpg

フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家。家族の中で話せるのは娘のポーラただ一人で、両親と弟は耳が不自由。高校に通うポーラは両親の仕事上の耳ともなり忙しい日々を過ごしている。そんなある日、音楽教師から歌の才能を見いだされたポーラは、パリで催される音楽学校のオーディションを受けないかと薦められる…

ジジ・ベリエに「美しき運命の傷痕/2005」「PARIS(パリ)/2007」「しあわせの雨傘/2010」「パリ警視庁:未成年保護特別部隊/2011」「愛の犯罪者/2013」のカリン・ヴィアール。
ロドルフ・ベリエに「プチ・ニコラ/2009」「ハートブレイカー/2010」「タンゴ・リブレ 君を想う/2012」のフランソワ・ダミアン。
ポーラ・ベリエにルアンヌ・エメラ。
カンタン・ベリエにリュカ・ゲルベルグ。
音楽教師トマソンに「あの夏の子供たち/2009」「ゲンズブールと女たち/2010」のエリック・エルモスニーノ。
ポーラの友人マチルドにロクサーヌ・デュラン。
ポーラの同級生ガブリエルにイリアン・ベルガラ。
監督、脚本は「プレイヤー/2012」のエリック・ラルティゴ。

シアターで何度も、何度も予告編を見ていたが、映画は予告編通りのとてもハートフルな、コメディ要素たっぷりなファミリー・ドラマだった。
耳の不自由な両親と弟のために手話を交えながらポーラが歌うシーン…観客にも音を聞かせないよう一時サイレント状態になる。それはとてもニクい演出で感動を呼ぶ。酪農一家が主人公とは農業国フランスらしくて素敵。

世の中にこんな良い子いるの?と思うくらい良い子ちゃんのポーラ。両親が気がかりな娘と、娘の将来を思う両親。少々出来過ぎながら、深い家族愛があふれるドラマに感動する。
本作はフランスで大ヒットしたと言う。個人主義のフランス人でも愛情深い家族のドラマには弱いんだと知った次第。

ポーラ・ベリエ役のルアンヌ・エメラはシンガーだそう。どうりで歌上手いはず。本作が映画デビューとのこと。ちょっと太めで愛くるしいところが田舎娘ポーラ役にぴったり。
ルアンヌ・エメラももちろんナイスなキャスティングだけど、ロドルフ&ジジ夫婦役の、フランソワ・ダミアン&カリン・ヴィアールが最高!耳の不自由なキャラを実に楽しく演じている。
カリン・ヴィアールは「愛の犯罪者」での屈折したマダム役より、こういった騒々しいキャラが実似合う女優。
「タンゴ・リブレ 君を想う」で究極に優しい男を演じたフランソワ・ダミアンが、本作では妻を愛してやまない夫を好演していてまたまた素敵。

シネリーブル池袋にて
[PR]
by margot2005 | 2015-11-19 23:44 | フランス | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21851282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2015-11-21 23:33
タイトル : エール!
素敵な作品やった。... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2015-12-09 10:12
タイトル : 歌が聴こえる/ベリエ家の人々~『エール!』
 LA FAMILLE BELIER  フランスの小さな村で酪農を営むベリエ家は、娘のポーラ(ルアンヌ・エメラ) 以外、両親と弟は耳が聞こえない。家族に手話通訳をするポーラは、音楽教 師に歌の才能を見い出され、国営ラジオのオーディションを受けることになる のだったが・・・。  本国フランスで大ヒットしたというコメディ。もう少しドラマチックな作...... more
Tracked from C’est joli こ.. at 2016-02-28 22:06
タイトル : エール!
エール! '14:フランス ◆原題:LA FAMILLE BELIER ◆監督:エリック・ラルティゴー ◆主演:ルアンヌ・エメラ、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン、エリック・エルモスニーノ ◆STORY◆フランスの田舎町に住むベリエ一家は、仲睦まじく暮らしている。両親と弟...... more
<< 「ミケランジェロ・プロジェクト」 「ローマに消えた男/自由に乾杯」 >>