「裁かれるは善人のみ」

「Leviafan」2014 ロシア
a0051234_22112087.jpg

自動車修理工のコーリャは荒涼としたロシアの小さな港町に、若くて美しい妻リリアと一人息子のロマと共に貧しいながらも平和に暮らしている。ロマの母親は既に亡くなり、コーリャはリリアと再婚していた。しかしロマは若い継母に懐かず反撥ばかりで父親の頭を悩ませている。そんなある日、コーリャの友人で弁護士のディーマがモスクワからやって来る。町に開発計画が持ち上がり、ヴァディム市長はコーリャの土地を強引に買収しようと目論んでいたが、祖父の代から住んでいる土地を離れたくないコーリャはそれに反撥し裁判沙汰になっている。ディーマの努力にも関わらず、市とコーリャの間で行われた訴訟の結果はコーリャの敗北だった…

コーリャ(ニコライ)・セルゲーエフにアレクセイ・セレブリャコフ。
リリアに「エレナの惑い/2011」のエレナ・リャドワ。
ディーマ(ドミトリー)・セレズニョフに「360/2011」のヴラディミール・ヴドヴィチェンコフ。
ヴァディム市長に「12人の怒れる男/2007」のロマン・マディアノフ。
コーリャの息子ロマにセルゲイ・ポホダーエフ。
リリアの友人アンジェラにアンナ・ウコロワ。
アンジェラの夫パーシャに「エレナの惑い」アレクセイ・ロズィン。
監督、脚本は「父、帰る/2003」「ヴェラの祈り/2007」「エレナの惑い」のアンドレイ・ズビャギンツェフ。

憎々しげな悪徳市長ヴァディムの法を犯した行動に唖然とする。
中盤前くらいにリリアとディーマが不倫の関係にあることが描かれる。リリアを愛してやまないコーリャはどうしようもないながらも二人の関係を許すことになる。
かつては親友だった弁護士のディーマは卑怯にも逃げ出してしまった。心から妻子を愛する“善人”のコーリャが気の毒でならない。
コーリャは町中で出会った神父に“神はどこにいるのか?”と聞く。次から次へと不幸に見舞われるコーリャにとって神の存在など信じられなかったに違いない。

リリアの死に市長はからんでいたのだろうか?と想像逞しくなるが、ドラマの中で結果は明かされない。
ラスト、ヴァディム市長たちが祈りを捧げるロシア正教会のシーンを見て、彼らにとっての宗教の重さをしみじみと感じる。

原タイトルは“リヴァイアサン/巨大なもの”。スクリーンにコーリャ一家が住む近くの浜辺に白骨化し波に洗われる“リヴァイアサン”が何度か現れる。それはドラマを象徴するかのように、悲しげに映る。寒々とした海辺の町の映像が美しい。
上映時間は2:20。でもドラマに引き込まれていたので長さは全く感じなかった。
邦題は意味深い。

昨年の12月に「ヴェラの祈り」と「エレナの惑い」が公開された時に見たかったが叶わなかった。機会があれば見てみたい。

新宿武蔵野館にて
[PR]
by margot2005 | 2015-11-13 00:22 | ヨーロッパ | Trackback(6) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21830040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from みなと横浜みなみ区3丁目 at 2015-11-25 14:10
タイトル : 映画「裁かれるは善人のみ」を観ました。
[ CONTENTS ] ~クリックでジャンプ ・こんな映画です。 ・ストーリー ・見どころ ・監督・キャスト・スタッフ(管理人の独断的評価あり) こんな映画です。 黒い雲が立ち込め、今にも雨が落ちてきそうなこの日、シアター「ジャック&ベティ」のある横浜・伊勢佐木町界隈は、いつになく落ち着きがなかった。 それもそのはず、11月17日は映画館から鎌倉街...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2015-11-27 13:11
タイトル : 「裁かれるは善人のみ」
タイトルの通りに考えると、裁かれるのは善人なのだからして、恐らく市井の貧しくも健気に生きている小市民なのだろう、と思いながら鑑賞。どんな風に裁かれるのだろうか?必ずや裁かれるんだよね?と、全編通して最初からドキドキしていて、ドアをノックする音にドッキリ、誰かが猟銃を手にすれば心臓バクバク、という大変に緊張を強いられる鑑賞となった。2時間20分、全てそんな状態。しかし、「裁かれる」とはそういう直接的な意味ではなかった。いや、むろん直接的な意味の描写もあるにはあったけれど、もっと概念的な。そしてつくづくこ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2015-12-07 18:21
タイトル : こうやって悲劇は起こる
16日のことですが、映画「裁かれるは善人のみ」を鑑賞しました。 ロシア北部の小さな町で自動車修理工場を経営するコーリャは妻リリア、先妻との息子ロマと生活していたが 市長が権力を武器に自分の土地を奪おうとする中 友人の弁護士ディーマを呼び市長の悪事を暴露して...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2015-12-12 06:41
タイトル : 裁かれるは善人のみ
 『裁かれるは善人のみ』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)評判が良いのを耳にして、これもまたひどく遅ればせながら映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、北極圏の海岸の酷く荒涼とした風景がじっくりと映し出されます。朽ちて竜骨や肋骨がむき出しになっ...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2015-12-17 20:30
タイトル : 裁かれるのは善人のみ/Leviathan
去年のカンヌ国際映画祭で脚本賞、第72回ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞、 今年のアカデミー賞の外国語映画賞にもノミネートされたロシア映画(受賞はポーランドの「イーダ」) 「父、帰る」のアンドレイ・ズビャギンツェフが、ロシア北部の小さな町を舞...... more
Tracked from いやいやえん at 2017-01-27 09:25
タイトル : 裁かれるは善人のみ
【概略】 妻子と慎ましく暮らす自動車修理工コーリャ。強欲な市長に土地を買収されそうになった彼は、友人の弁護士ディーマと共に裁判に臨むが…。 ドラマ 圧倒的な自然の前で人間が非力なように、強大な権力を前に、小さな希望も砕かれるのか―。 ロシア北部の小さな町で妻子と暮らす自動車修理工のコーリャ。強欲な市長のヴァディムは、彼らの土地を買収しようと企む。自分の人生の全てともいえる場所を失うことが耐えられないコーリャは、強硬策に抗うべく、友人の弁護士ディーマをモスクワから呼び寄せる…。 ...... more
<< 「トランスポーター イグニション」 「アクトレス ~女たちの舞台~」 >>