「ほっ」と。キャンペーン

「海賊じいちゃんの贈りもの」

「What We Did on Our Holiday」2014 UK
a0051234_19102164.jpg

ロンドンに暮すマクラウド一家はある日、祖父ゴーディの75歳のバースデイに参加するためスコットランドへと向かう…

アビーに「プライドと偏見/2005」「17歳の肖像/2009」「ゴーン・ガール/2014」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!/2013」「しあわせはどこにある/2014」のロザムンド・パイク。
夫ダグに「聖トリニアンズ女学院2 不良女子校生たちの最悪ミッション!パイレーツの秘宝をねらえ!!/2009」「ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-/2011」のデヴィッド・テナント。
ダグとギャビンの父親ゴーディに「カルテット!人生のオペラハウス/2012」「ホビット 決戦のゆくえ/2014」のビリー・コノリー。
ダグの兄ギャビンに「ジョニー・イングリッシュ/2003」「リトル・ストライカー/2000」のベン・ミラー。
ギャビンの妻マーガレットに「SHERLOCK(シャーロック)2/2012」のアメリア・ブルモア。
アビーとダグの長女ロッテイにエミリア・ジョーンズ。
長男ミッキーにボビー・スモールブリッジ。
次女ジェスにハリエット・ターンブル。
ギャビンの息子にケネスにルイス・デビー。
監督、脚本はアンディ・ハミルトン。

ダグとアビー夫婦は別居中で会えば喧嘩ばかりで3人の子供たちはうんざり。ギャビンの妻マーガレットも息子ケネスも人生に不満を抱えている。そしてギャビンとダグの父親ゴーディは病気療養中。

スコットランドに到着したマクラウド一家。しかし道中も到着後も両親の諍いに子供たちはにウンザリ気味で、祖父のゴーディも息子夫婦のいざこざにゲンナリしている。そこでゴーディは孫たちをビーチへと誘う。雄大なる景色の中で祖父と孫たちは代えがたい一時を送るが、眠るようにゴーディが亡くなってしまう。あわてた長女のロッテイは屋敷へと飛んで帰るが、大人たちはゴーディのバースディ・パーティの準備にてんてこ舞い。彼らはパーティの成功しか考えていないのだ。それを垣間見たロッテイはあきれ果て再びビーチへ戻ることにする。この後は実にユニークと言うのかあり得ないくらいの展開。

基本コメディなんだけどそれほど笑えるってほどの代物でもないし…。
ロザムンド・パイクの出演で公開されたのかも知れない?スコットランドが舞台のコメディってことで少々期待したが、感性が違うため彼らのユーモアの世界とはちょっとズレてしまって今ひとつだった。

“ホリディに我らがしたこと”と言う原タイトルから家族再生ドラマの雰囲気。警察沙汰になる子供たちの行動はかなり強烈だけれど…バイキング式の葬送はナイスだった。

角川シネマ新宿(11/6迄の上映)
[PR]
by margot2005 | 2015-11-05 20:51 | UK | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21807694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「アデライン、100年目の恋」 「23年の沈黙」 >>