「マイ・インターン」

「The Intern」2015 USA
a0051234_0502.jpg

インターネットのファッション通販で大成功を納めたジュールスは多忙極まる日々を送っている。ある日、福祉事業の一環としてシニアのインターン制度を始め、70歳のベンが採用される。シニア相手は苦手と及び腰のジュールスに対し、カ ルチャー・ギャップなどなんのその、あっという間に若者ばかりの会社に溶け込んだベンはオフィスの人気者になってしまう...

ベンに「グッド・シェパード/2006」「昼下がり、ローマの恋/2011」「レッド・ライト/2012」「世界にひとつのプレイブック/2012」「アメリカン・ハッスル/2013」のロバート・デ・ニーロ。
ジュールスに「インターステラー/2014」「ブルックリンの恋人たち/2014」のアン・ハサウェイ。
フィオナに「ナイトクローラー/2014」のレネ・ルッソ。
夫マットにアンダース・ホルム。
監督、脚本、製作は「ハート・オブ・ウーマン/2000」「恋愛適齢期/2003」「ホリデイ/2006」「恋するベーカリー/2009」のナンシー・マイヤーズ。

舞台がファッション通販の会社ということで、ジュールスのファッションがオシャレ!彼女の家のインテリアなんかもオシャレだし、こういったドラマは目を楽しませてくれる。
あっという間にオフィスの人気者となったベンながら待っていてもボスから仕事が来ない。そこで自ら志願しお抱え運転手となった彼はジュールスの私生活をも知ることになる。
朝から何も食べていないと言えば、チキンスープが用意され、マットや娘までが彼を気に入り、ジュールズはベンの存在が少々疎ましいなんて思い始める。しかしベンの存在はジュールズにとって大きな支えであることが次第にわかってくる。

ナンシー・マイヤーズの映画は大好きなのでロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイのコンビも面白そうで見てみようかと思いシアターへ…。
いつもラストはハッピー・エンディングになるナンシー・マイヤーズの作品。ジュールスとマット、ベンとフィオナのラストは想像どうり。最近こういったドラムを見ることが殆どないので、見終わって温かい気持ちになる。
自分のキャリアを捨ててまで家庭に入る夫マット。あれは絶対あり得ない。ドラマの展開は現実の世界ではまず起こりえないだろうな?と思えるほどでき過ぎながら良しとしてしまった。
ロバート・デ・ニーロおじいちゃん役が似合う。
「ナイトクローラー」とは打って変わったキャラのレネ・ルッソがナイス。

丸の内ピカデリーにて
[PR]
by margot2005 | 2015-10-23 00:01 | USA | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21764952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2015-10-26 09:30
タイトル : マイ・インターン
ロバート・デ・ニーロ&アン・ハサウェイ主演のハートウォーミングなコメディ、「マイ... more
Tracked from C’est joli こ.. at 2015-12-13 21:40
タイトル : マイ・インターン
マイ・インターン '15:米 ◆原題:THE INTERN ◆監督:ナンシー・マイヤーズ「恋するベーカリー」「ホリデイ」 ◆主演:ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ、レネ・ルッソ、アダム・ディバイン、ザック・パールマン、シリア・ウェストン、メアリー・ケイ・プレイ...... more
Commented by セレンディピティ at 2015-10-26 09:29 x
こんにちは。
ナンシー・マイヤーズ監督らしい、温かい余韻の残るすてきな作品でしたね。
非の打ちどころのない魅力的なシニアの部下や、妻の夢のために家庭を支える夫...と
実際には都合がよすぎる話ではあるのですが^^ 映画の世界として楽しめました。
レネ・ルッソは、今回はコメディリリーフとしていい味出してましたね。
Commented by margot2005 at 2015-10-26 23:56
セレンディピティさん、こんばんは。

ナンシー・マイヤーズの映画は温かい余韻が残って癒されますね。
「ホリデイ」なんか思い出してしまいました。

>非のうちどろこがない魅力的なシニア...
そうでしたね。あのようなシニアがいるなんてちょっと考えられませんが、映画ですから許してしまいます。
レネ・ルッソっていつまでも魅力的な女優さんですね。羨ましい限りです。
<< 「白い沈黙」 「ヴェルサイユの宮廷庭師」 >>