「カプチーノはお熱いうちに」

「Allacciate le cinture」…aka「Fasten Your Seatbelts」2014 イタリア
a0051234_20471810.jpg

ある日、エレナは大雨に見舞われた街中のバス停でいけすかない男と出会い口論になる。シングルの彼女はカフェで働いているが、いつか自分の店を持ちたいと願っている。そんなある夜、資産家ジョルジョの家で友人シルヴィアのボーイフレンド、アントニオを紹介されるが、なんと彼はバス停で会ったあのイヤミな男だった。エレナの親友のファヴィオはゲイ。しかしアントニオは臆面もなくファヴィオの前でアンチ・ゲイ発言を始める。頭にはきたもののエレナは価値観の全く違うアントニオになぜか惹かれていく。やがてアントニオがエレナにポロポーズし二人は結婚する…

エレナに「それもこれもユダのせい/2009」「パリより愛をこめて/2010」のカシア・スムートニアック。
アントニオ(夫)にフランチェスコ・アルカ。
ファヴィオ(親友)に「ブルーノのしあわせガイド/2011」のフィリッポ・シッキターノ。
シルヴィア(友人)にカロリーナ・クレシェンティーニ。
ジョルジョ(資産家)に「シチリア!シチリア!/2009」「ジョルダーニ家の人々/2010」のフランチェスコ・シャンナ。
アンナ(母親)に「恋するローマ、元カノ/カレ/2009」のカルラ・シニョーリス。
ヴィヴィアナ(叔母)に「カラヴァッジョ 天才画家の光と影/2007」「恋するローマ、元カノ/カレ」「あしたのパスタはアルデンテ/2010」のエレナ・ソフィア・リッチ。
エグレ(病室の友人)に「あしたのパスタはアルデンテ」のパオラ・ミナッチョーニ。
マリクラ(美容院店主)に「マリア・カラス 最後の恋/2005」「バール・マルゲリータに集う仲間たち/2009」「ジュリエットからの手紙/2010」のルイーザ・ラニエリ。
ディアーナ(担当医)に「湖のほとりで/2007」のジュリア・ミケリーニ。
監督、脚本、原案は「向かいの窓/2003」「あしたのパスタはアルデンテ/2010」のフェルザン・オズペテク。

エレナとアントニオは結婚後2人の子供をもうけていた。いつか自分の店を持ちたいと願っていたエレナの夢は叶い、ファヴィオと共に始めた店は13年たち、大成功を修めていたが、夫アントニオとの仲はなぜかぎくしゃくしている。そんな折、エレナが乳がんに冒されていることが発覚する。

配給がついていたので見送ったが、本作はイタリア映画祭2015で上映された作品。予告編は何度もシアターで観ていたが、どのような展開になるのか全く予測のつかないドラマで、互いに相容れない性格ながらエレナとアントニオの間には深い愛があることがわかるラストはとても良かった。13年前に戻った二人の海のシーンはナイスだ。海はホント絵になる。

舞台はアドリア海を臨む南イタリアのレッチェ。エレナがファヴィオと一緒に開くあのカフェ。ミラノに行った時街中にあのような店があったのを思い出した。それは本屋だったりもしてオシャレな雰囲気を醸しだしている。

イタリア映画は結構見ていると自負するが、アントニオを演じるフランチェスコ・アルカには初めてお目にかかった。濃い系の正にラテンといった風貌の俳優で中々素敵。
原タイトル“シートベルトを締めて”が“カプチーノはお熱いうちに”になってしまう邦題は「あしたのパスタはアルデンテ」同様主人公の仕事から取ったのかも??

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2015-10-05 22:44 | イタリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21711679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ぼくらの家路」 「ハッピー・ボイス・キラー」 >>