「ハッピー・ボイス・キラー」

「The Voices」2014 USA/ドイツ
a0051234_20322073.jpg

a0051234_20323464.jpg

バスタブ工場で働くジェリーは家族も友達も恋人もいない孤独な青年。犬のボスコと猫のミスター・ウィスカーズが心の支えであり唯一の友だち。ジェリーは時折、精神科医のウォーレン博士にセラピーを受けている。
ある日、工場の経理で働くフィオナをデートに誘うがすっぽかされ落ち込むばかり。帰り道ジェリーは大雨の後ずぶ濡れになったフィオナを見つけ車に乗せる。やがて少々混乱気味だったジェリーは、はずみでフィオナを殺害してしまう…

ジェリーに「あなたは私の婿になる/2009」「グリーン・ランタン/2011」「デンジャラス・ラン/2012」のライアン・レイノルズ。
フィオナに「ボヴァリー夫人とパン屋/2014」のジェマ・アータートン。
リサに「マイレージ、マイライフ/2009」「50/50 フィフティ・フィフティ/2011」「イントゥ・ザ・ウッズ/2014」のアナ・ケンドリック。
アリスに「愛を複製する女/2010」のエラ・スミス。
ウォーレン博士に「アニマル・キングダム/2010」「世界にひとつのプレイブック/2012」「イノセント・ガーデン/2013」「マジック・イン・ムーンライト/2014」のジャッキー・ウィーヴァー。
シェリフに「マリア/2006」のスタンリー・タウンゼント。
監督は「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~/2011」のマルジャン・サトラピ。

ダークなブラック・コメディは最初笑えたがだんだんエスカレートしていって笑えるというより少々引きそうだった。
映画を見終わってすぐにアルフレッド・ヒッチコックの「サイコ/1960」を思い起こした。主人公のジェリーが母親絡みで「サイコ」のノーマンと被る。

猟奇殺人者となったジェリーは死体を切り刻み、ホームセンターで山ほど買い込んだキーパー(野菜とか肉を保存する容器)に詰め、切り落とした生クビは冷蔵庫に保管する。部屋の壁面に所狭しと積み上げられたキーパーが不気味。
ジェリーの母親は“声が聞こえる”という精神疾患を患い、病院に収容されるのを拒んで自ら死を選んでいた。ジェリーも母親同様“声が聞こえる”人。ジェリーが耳にするのはペットのボスコとミスター・ウィスカーズの喋る声。そして生クビとなったフィオナの声まで聞こえてくる。“一人じゃ寂しいから誰か連れて来て!”とフィオナにそそのかされたら、ジェリーはもう止まらない。

かっこいい系のモテる男が似合うライアン・レイノルズが、ピンクの超ダサイ作業着が意外に似合って可笑しくて仕方なかった。
ラストは天国で、歌とダンスにイエス・キリストまで登場しびっくり仰天。
ライアン・レイノルズは犬&猫と、鹿にモンキーの声も担当している。
アメリカの大田舎が舞台ながらロケーションはドイツ。

シネマート新宿にて
[PR]
by margot2005 | 2015-10-02 22:59 | MINI THEATER | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21702340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2015-10-28 08:10
タイトル : 声が聞こえる?~『ハッピーボイス・キラー』
 THE VOICES  アメリカの田舎町ミルトンに住む青年ジェリー(ライアン・レイノルズ)は、 バスタブ工場で働き、犬のボスコと猫のミスター・ウィスカースと暮らしてい た。そして時々、精神科医のウォーレン先生(ジャッキー・ウィーヴァー)と 面談する。「ジェリー、声は聞こえる?」  シネマートに貼ってあったポップなポスターに惹かれ、監督は 『ペルセ ...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2016-03-21 21:14
タイトル : ハッピーボイス・キラー
う〜ん微妙。... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2016-06-26 21:12
タイトル : ハッピーボイス・キラー
THE VOICES 2014年 アメリカ 103分 コメディ/犯罪/サスペンス PG12 劇場公開(2015/09/19) 監督: マルジャン・サトラピ 出演: ライアン・レイノルズ:ジェリー・ヒックファン ジェマ・アータートン:フィオナ アナ・ケンドリック:リサ ジャッキー・ウィーヴ...... more
<< 「カプチーノはお熱いうちに」 「ベル&セバスチャン」 >>