「ピエロがお前を嘲笑う」

「Who Am I - Kein System ist sicher」2014 ドイツ
a0051234_22532632.jpg

ある日、国際使命手配されている天才ハッカー、ベンヤミンが警察に出頭してくる。やがて彼はユーロポール(欧州刑事警察機関)の捜査官ハンネに語り始める…

ベンヤミンに「ルートヴィヒ/2012」「コーヒーをめぐる冒険/2012」のトム・シリング。
マックスに「THE WAVE ウェイヴ/2008」のエリアス・ムバレク。
シュテファンに「es [エス]/2002」「SOUL KITCHENソウル・キッチン/2009」「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀/2001」のヴォータン・ヴィルケ・メーリング。
ポールに「es [エス]」「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀」のアントニオ・モノー・Jr。
マリに「4分間のピアニスト/2006」「バーダー・マインホフ 理想の果てに/2008」「ルートヴィヒ」のハンナー・ヘルツシュプルンク。
ハンネに「未来を生きる君たちへ/2010」「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮/2012」「愛さえあれば/2012」のトリーヌ・ディルホム。
監督、脚本は「23年の沈黙/2013」のバラン・ボー・オダー。

シアターで何度か予告を観てこれは面白そう!とスゴく期待していた。シアターであまり見ることが叶わないドイツ映画だし…。で、初日(土曜日)の最終回にシアターに行ったら“満席で立ち見です!”と言われあきらめた。広い方のシアターなのにと、気を取り直し平日の昼間に行ったところ前二列しか空いてなくてほぼ満席。しかしながらドイツ発のサーバー・マフィア、ドラマは最高に面白かった。

本作の醍醐味は次から次へと攻め立てるスピード感。それは現実なのか?仮想なのか?と考えている間に次の場面に移行する。そして映像もミュージックも大迫力なのだ。
ドイツ映画は時代が古い設定のドラマが多く公開されるような気がするが(日本人に受けるのかも?)、現在が舞台のドイツ映画はスゴくスタイリッシュで面白くて素晴らしい!
捜査官ハンネはベンヤミンに翻弄されまくりながらも...ラスト良かったな。
ぜひMY BESTに入れたいと思う。

主演のトム・シリングは、シアターで見れなくてwowowで見た「コーヒーをめぐる冒険」の主人公ニコ役や、本作のキャラもそうだけど、オタクっぽいイメージがぴったりハマる俳優。
映画宣伝に“この映画のトリックは100%見破れない!”とあるようにどんでん返しのあのラストには唖然!!

新宿 武蔵野館にて
[PR]
by margot2005 | 2015-09-25 23:12 | ドイツ | Trackback(7) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21679688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2015-09-29 00:14
タイトル : ピエロがお前を嘲笑う
内気な青年ベンヤミンは、コンピューターに不正侵入するハッキングで捕まったが、前歴がなかったため社会奉仕活動を命じられた。 そこで出会ったマックスたちと破壊活動を行うハッカー集団CLAY(クレイ)を結成。 手当たり次第にハッキングを仕掛け世間の注目を集めた彼らは、ライバルハッカー集団を挑発し始める。 エスカレートしたハッキングで身の危険を感じたベンヤミンは、自ら警察に出頭するのだが…。 クライム・サスペンス。... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2015-10-16 13:09
タイトル : 「ピエロがお前を嘲笑う」
映画宣伝の文句そのままに、私には満足できる作品だった。そこここ粗もあるし、どうかすると「騙す」というよりも「騙そうと思って頑張っている」感が見え隠れする部分はあるものの、それも漲る若い力故、と言うべきなのだろう。ドイツ作品。監督はバラン・ボー・オダー。米バラエティ誌によると、「世界で注目するべき監督10人」の一人である。「ピエロがお前を嘲笑う」とは、「CLAY」ー主人公のベンヤミン(トム・シリング)が属するある集団につけた名前である。その集団とは、一言で言えば「ハッカー」。幼い頃両親を亡くし、祖母と二...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2015-10-21 18:07
タイトル : 裏の裏をかいて、
3日のことですが、映画「ピエロがお前を嘲笑う」を鑑賞しました。 コンピューターの才能を持つ青年ベンヤミンは、正体不明のハッカー集団「CLAY」のメンバーになり様々なハッキング事件を起こしていく しかし 盗んだ情報によって殺人事件を引き起こしてしまい、今度は自...... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2015-11-06 10:15
タイトル : ピエロがお前を嘲笑う
映画の感想が滞っていますが、思い出しながら少しずつアップしていきます。まずは、内... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2016-01-11 21:20
タイトル : ピエロがお前を嘲笑う
WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER/WHO AM I 2014年 ドイツ 106分 サスペンス/犯罪 PG12 劇場公開(2015/09/12) 監督: バラン・ボー・オダー 脚本: バラン・ボー・オダー 出演: トム・シリング:ベンヤミン エリアス・ムバレク:マックス ヴォータン・ヴ...... more
Tracked from Subterranean.. at 2016-01-29 14:20
タイトル : ピエロがお前を嘲笑う (Who Am I - Kein ..
監督 バラン・ボー・オダー 主演 トム・シリング 2014年 ドイツ映画 106分 サスペンス 採点★★★★ 「ホギャー!」と産まれた子供が高校に行き始めるくらいのパソコン歴を持ってるんですけど、未だにパソコンのことはチンプンカンプンな私。何が起こるか分からな…... more
Tracked from ★yukarinの映画鑑.. at 2016-03-03 12:53
タイトル : ピエロがお前を嘲笑う
【WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER】 2015/09/12公開 ドイツ PG12 106分監督:バラン・ボー・オダー出演:トム・シリング、エリアス・ムバレク、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング、アントニオ・モノー・Jr、ハンナー・ヘルツシュプルンク 106分間、あなたが目にし...... more
Commented by セレンディピティ at 2015-11-06 10:14 x
こんにちは。
ドイツ発のサイバーサスペンス、エキサイティングでなかなかおもしろかったです。
こういうふつうの若者を描いたドイツ映画って意外とないので興味深く見れました。
主演のトム・シリングくん、初めて見ましたが、ローガン・ラーマンにちょっと似ているような?
一見気弱そうですが、ラストでは颯爽としていてかっこよかったですね。
Commented by margot2005 at 2015-11-10 19:47
セレンディピティさんこんばんは。
最近ドイツ映画の公開が多くて嬉しいです。
特にこういったスタイリッシュな現代物はスゴく見応えあります。
これでもか、これでもかと畳掛ける様はとてもスリリングでした。
トム・シリングとローガン・ラーマン...そうちょっと似てますね。
<< 「ボーイ・ソプラノ ただひとつ... 「Dearダニー君へのうた」 >>