「あの日のように抱きしめて」

「Phoenix」2014 ドイツ/ポーランド
a0051234_22323297.jpg

a0051234_22264767.jpg
a0051234_22263818.jpg
a0051234_22263048.jpg
a0051234_22262290.jpg

1945年、6月、ベルリン。アウシュヴィッツ強制収容所から奇跡的に生還したネリーは、同じくユダヤ人の親友レネと暮らし始める。レネはネリー共にパレスチナで新しい生活を夢見ていた...

ネリーに「イェラ/2007」「東ベルリンから来た女/2012」「誰よりも狙われた男/2013」のニーナ・ホス。
ジョニーに「東ベルリンから来た女」のロナルト・ツェアフェルト。
レネにニーナ・クンツェンドルフ。
監督、脚本に「イェラ」「東ベルリンから来た女」のクリスティアン・ペッツォルト。

アウシュヴィッツから奇跡的に生還したネリーは顔に銃の傷を受け酷いありさまだった。やがて整形手術を受けることになったネリーは自分の元の顔に固執する。それは愛する夫ジョニーの元へ戻りたかったから…手術に成功し、傷も癒えたネリーはレネの反対を押し切ってジョニー探しを始める。ある夜、“Phoenix”と言うバーでジョニーを見つけ出すが、彼はもはやピアニストではなくバーで働く労働者だった。思いきって声をかけるが容貌の変わったネリーに気づかない。再びバーを訪れたネリーはジョニーと対面する。すると彼は“君は亡くなった妻に似ている。”と言い、ある事を持ちかける。それは妻のフリをしてくれれば遺産が手に入るので、二人で山分けしようではないか…と言うものだった。今でも夫を心から愛するネリーは迷いながらもこの奇妙な提案を受けることにする。
夫は本当に裏切ったのだろうか?それとも執拗なSSの追求に屈して妻を差し出したのだろうか?

このドラマは少々切なさ過ぎる。
夫は妻の声がわからなかったのだろうか?容貌が変わったといえ声は変わらない。遺産手続きに必要な書類にサインする筆跡もネリーと同じなのに全く疑わない。
やはり彼はユダヤ人である妻をSSに引き渡し、愛情もなくし、遺産のことしか考えていなかったのだろうか?とどのつまりジョニーはネリーに対する良心の呵責から逃れたい一心だったのかも知れない。

「ふたつの名前を持つ少年」と同じくナチスから生き延びたユダヤ人が主人公。都内では2作品とも公開が同じ日。
衝撃で凍りついたジョニーの顔と、してやったり顔のネリーが対照的なラストは唖然だった。
二人で乗る自転車が「東ベルリンから来た女」と被る。
監督ロナルト・ツェアフェルトはニーナ・ホスが好きらしい。
ちょっと太めでブレンダン・フレーザーに似たロナルト・ツェアフェルトが素敵だ。

Bunkamura ル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2015-08-24 22:57 | ドイツ | Trackback(6) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21579006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2015-09-05 08:28
タイトル : あの日のように抱きしめて
 『あの日のように抱きしめて』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)たまにはドイツ映画でも見てみようということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、1945年6月(注2)に、アウシュヴィッツ強制収容所から生還した主人公・ネリー(ニーナ・ホス)が、ユ...... more
Tracked from 象のロケット at 2015-09-09 19:55
タイトル : あの日のように抱きしめて
1945年、敗戦直後のドイツ。 強制収容所で顔に大怪我を負ったユダヤ人女性ネリーは、親友レネに連れられドイツに戻った。 彼女は顔の修復手術を受けた後、2年間生き別れになっていた夫ジョニー(ユダヤ人ではない)を探し出す。 しかし彼はネリーが死んだと思っており、彼女が妻であることに気づかない。 更に彼は、妻の財産を手に入れるため、ネリーに妻の振りをして欲しいと頼む。 レネは、ジョニーは裏切り者だとネリーに伝えるが…。 戦争ヒューマンドラマ。... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2015-09-11 12:57
タイトル : 「あの日のように抱きしめて」
「SPEAK LOW」…この曲だったんだ…。全編通して狂おしい程に響いてくるコントラバスの旋律の正体は。そこに全て繋がる、凄い、素晴らしいラスト。その余韻。見応えのある濃厚なサスペンスと哀しみの籠ったラブストーリー。第二次世界大戦終了直後、ユダヤ人収容所生活から永らえたものの、顔に修復のきかないほどの傷を負ったネリー(ニーナ・ホス)は、ユダヤ人活動家のレネ(ニーナ・クンツェンドルフ)に助けられ、ドイツに戻って顔の整形手術を受ける。元の自分の顔に戻して欲しかったネリーだったが、それは叶わず、別人のように...... more
Tracked from 読書と映画とガーデニング at 2015-09-16 16:45
タイトル : 映画・あの日のように抱きしめて
原題 Phoenix2014年 ドイツ 第二次大戦後のドイツユダヤ人で声楽家のネリー(ニーナ・ホス)はアウシュヴィッツ強制収容所から奇跡的な生還を遂げますが顔に大変な怪我を負っていましたユダヤ機関に勤める親友レネ(ニーナ・クンツェンドルフ)の助けを借りベル...... more
Tracked from まてぃの徒然映画+雑記 at 2015-12-13 01:03
タイトル : あの日のように抱きしめて PHOENIX
ナチスドイツが降伏し、収容所にいたユダヤ人たちは解放された。顔に大けがを負っていたネリー(ニーナ・ホス)もまた、支援者レネの助けでドイツに戻り顔の再生手術を受ける。一族が全員殺されて遺産を継いだネリーに、レネはパレスチナ(後のイスラエル)への移住を勧...... more
Tracked from いやいやえん at 2017-01-12 10:17
タイトル : あの日のように抱きしめて
【概略】 1945年6月、ベルリン。第二次大戦でのドイツ降伏の翌月、元歌手でユダヤ人のネリーは、顔に大怪我を負いながらも強制収容所から奇跡的に生還。過去を取り戻したい彼女は、元の顔に戻すことに固執。顔の傷が癒える頃、ついに夫ジョニーと再会したネリー。しかし、容貌の変わった彼女に夫は全く気付かない。そのうえ、「収容所で亡くなった妻になりすまし、遺産を山分けしよう」と話を持ちかけるジョニー…。 スリラー 冒頭、親友に助けてもらいながらスイスへ収容所帰りの女性が連れられてくる。一族は死...... more
<< 「ブラック・シー」 「ふたつの名前を持つ少年」 >>