「彼は秘密の女ともだち」

「Une nouvelle amie」…aka「Je suis femme」「The New Girlfriend」2014 フランス
a0051234_233643.jpg
a0051234_2325793.jpg
a0051234_2324885.jpg
a0051234_2324197.jpg
a0051234_2323428.jpg
a0051234_2322737.jpg

少女の頃から大の親友だったクレールとローラ。互いに伴侶を得、幸せな日々が続くかに見えたが、ローラは病に倒れ夫と幼い娘を残して亡くなってしまう...

ダヴィッド/ヴィルジニアに「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)/2013」のロマン・デュリス。
クレールに「美しい人/2008」「キリマンジャロの雪/2011」「テレーズの罪/2011」「間奏曲はパリで/2013」のアナイス・ドゥムースティエ。
ジルに「ぜんぶ、フィデルのせい/2006」「アンナ・カレーニナ/2012」「黒いスーツを着た男/2012」「男と女 真夜中のパリ/2012」「恋のベビーカー大作戦/2012」のラファエル・ペルソナ。
ローラに「誘拐者/2004」のイジルド・ル・ベスコ。
ローラの母リズに「ボン・ヴォヤージュ/2003」「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」「マリー・アントワネット/2006」のオーロール・クレマン。
監督、脚本は「17歳/2013」のフランソワ・オゾン。

ローラの死から中々立ち直れないクレールは仕事にも打ち込めず休暇をとることに決める。そんなある日、夫のジルから一度ダヴィッド親子を訪ねてみたらと提案される。クレールはローラの娘のゴッドマザー。そしてダヴィッドと生まれてまもない娘を永遠に守ると約束したことを思い出す。やがてクレールはダヴィッドの家を訪ねる決心をする。しかしそこで目の当たりにしたのは女装したダヴィッドが娘をあやす姿だった。

生前、妻のローラはダヴィッドの女装に理解を示した。ダヴィッドはクレールにも理解して欲しいと訴える。かなり躊躇はしたものの、クレールはダヴィッドの願いを叶えるため、彼にヴィルジニアと命名する。
女装趣味の男に、自身の“女の美しさ”を開花させられてしまった地味な女性クレール。ちょっと複雑な二人の関係はまぁまぁだが、あのラストあまり好きじゃない。ジルはどこ?ジルとクレールの間に子供はできなかったのだろうか?

本作は英国のミステリー作家ルース・レンデルの傑作短編『女ともだち』の映画化。ルース・レンデルが書いた小説をクロード・シャブロルが映画化した「ロウフィールド館の惨劇/1995」と「石の微笑/2004」を見ている。本作はミステリーではない。ロマンのイメージから軽いコメディの雰囲気も漂う。
オゾンとロマン・デュリスに加え、ラファエル・ペルソナまで出演しているのでスゴく楽しみにし、期待していたが今ひとつのストーリーだった。
ラファエルは笑顔が似合う。本作では少々形無しで気の毒な役柄。
イジルド・ル・ベスコにお目にかかったのは2006年のフランス映画祭以来。クラシカルな独特の雰囲気持つ女優ながら、本作では前半で亡くなってしまって残念。

ダヴィッドやクレール&ジルが住む家の周辺の景色がスゴく美しくてパリ郊外なのかな?と思っていたらカナダ、ケベックでロケされた模様。
女装はロマンよりラファエルの方が似合うかな?と思ったりしたが...クラシカルなロマンの女装をコーディネートしたのはやはりオシャレなフランス人。そしてずっと女装を演じてみたかったというロマンは高いヒールで完璧に歩きさすがだ。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2015-08-18 23:20 | フランス | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21560705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 読書と映画とガーデニング at 2015-08-19 15:57
タイトル : 映画・彼は秘密の女ともだち
原題 UNE NOUVELLE AMIE英題 THE NEW GIRLFRIEND2014年 フランス クレール(アナイス・ドゥムースティエ)の弔辞のシーンから始まる映画7歳の時に出会ってから互いが結婚するまで、ずっと親友だったローラ(イジルド・ル・ベスコ)が夫のダヴィッド(ロマン・...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2015-09-04 06:04
タイトル : 彼は秘密の女ともだち
 フランス映画の『彼は秘密の女ともだち』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだなと思い、映画館に出かけてきました。  本作(注1)の冒頭では、口紅を塗ったりまつげを整えたりと、女性の顔を化粧していく様子が映し出されます。そして、指輪を指に...... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2015-09-14 01:46
タイトル : 彼は秘密の女ともだち
フランス映画って当たりはずれがあるというか、すごく面白い!と思えるものと、 なんだかよくわからないっと感じるものと、二つにはっきり別れる気がします。 本作は果たしてどちらに属する映画なのか? 最近は、渋谷区で同性パートナーシップ条例ができたり、全米で同性...... more
Tracked from いやいやえん at 2016-11-27 07:49
タイトル : 彼は秘密の女ともだち
【概略】 親友を亡くしたクレールは、残された親友の夫・ダヴィッドを訪ねる。そこで彼女は、ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ…。 ドラマ 自分らしく生きたいと願う"女たち"を描いた笑いと感動のストーリー。 女装癖のある複雑なキャラクターを熱演するロマン・デュリスと主人公の夫役のラファエル・ペルソナ見たさに借りた本作。 幼い頃からの親友のローラを亡くしたクレール。ある日、ローラの残された夫のダヴィッドと生まれて間もない娘の様子を見に行ったところ、...... more
Commented by ようこ at 2015-08-29 18:23 x
こんにちは。

好きなオゾン監督の映画。世界観はよかったですが。私もラストは、いまいちでしょうか。ジルはどうなったのか。リュシーの葛藤もなく、自然に?3人で手を繋ぐラスト。まぁ、オゾン監督らしいファンタジー的かな。作品のメッセージは伝わりました
Commented by margot2005 at 2015-08-29 23:05
ようこさん、こんばんは。
オゾンお好きなのですね?
やはりあのラストはちょっと??でしたか?
そう、ジルの存在がスゴく気になりました。
でも美しく成長した娘を登場させたのは良かったと思います。
<< 「ラブ&マーシー 終わらないメ... 「パリは燃えているか」 >>