「ほっ」と。キャンペーン

「踊るアイラブユー♪」

「Walking on Sunshine」2014 UK/USA/イタリア
a0051234_1931585.jpg
a0051234_193240.jpg
a0051234_1929100.jpg

イタリア、プーリア州の海辺の町。ある日、姉マディの結婚式に出席するため妹のテイラーがロンドンからやって来る。やがてマディが紹介したフィアンセはテイラーの3年前の初めての恋の相手ラフだった…

マディにアナベル・スコーリー。
テイラーにハンナ・アータートン。
ラフにジュリオ・ベルーチ。
ダグに「いつか晴れた日に/1995」「ユアン少年と小さな英雄」のグレッグ・ワイズ。
エレーナにレオナ・ルイス。
リルにケイティ・ブランド。
監督はマックス・ギーワ&ダニア・パスクィーニ。

「サンシャイン/歌声が響く街/2013」に続くUK版ミュージカルで舞台はイタリア、プーリア。
ほぼ10年ぶりくらいに見たエマ・トンプソンの夫グレッグ・ワイズが懐かしい。ハンナ・アータートンはジェマ・アータートンの妹だそう。そしてイタリア人のジュリオ・ベルーチがスーパー級にゴージャス!
シアターで何度も、何度も予告編を見ていてちょっと気になっていた一作。結末も予想出来るとてもシンプルなストーリー。でもたまに頭を空っぽにしてこういった映画を見ると爽やかな気分になる。

ミュージカル・ラヴコメディの本作の楽しみは登場する80年代のヒット・ポップス。あの時代のmusicはとてもとても懐かしくて大感激!プーリアの景色は美しいし言うことなし。
ジョージ・マイケルの“Faith”って女性が歌うのも中々素敵。ロクセットの“It Must Have Been Love”は80年代で一番好きな曲だし、マドンナや今は亡きホイットニー・ヒューストン、デュラン・デュラン、シンディ・ローパー、ワム!etc.ヒット作のオンパレードにしばし酔いしれた。そして今だ活躍中のマドンナってやはりスゴい!
musicはもちろん最高ながらダンスも良かった。マックス・ギーワ&ダニア・パスクィーニが作った英国のダンス・ムービー「ストリートダンス」シリーズが見てみたい。

TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-07-28 23:54 | UK | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21494288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「オン・ザ・ハイウェイ その夜... 「ハッピーエンドが書けるまで」 >>