「フレンチアルプスで起きたこと」

「Force Majeure」…aka「Turist」「Snow Therapy」2014 スウェーデン/フランス/ノルウェー/デンマーク
a0051234_22312869.jpg
a0051234_2231795.jpg
a0051234_22305231.jpg
a0051234_22303969.jpg

有能なスウェーデン人ビジネスマン、トマス一家は、5日間のスキー・バカンスを過ごすためフランスの高級リゾート地にやってくる...

トマスにヨハネス・バー・クンケ。
妻エバにリーサ・ローヴェン・コングスリ。
娘クララにクララ・ヴェッテルグレン。
息子ハリーにヴィンセント・ヴェッテルグレン。
トマスの友人マッツに「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車/2014」のクリストファー・ヒヴュ。
マッツの恋人ファンニにファンニ・メテーリウス。
監督、脚本はリューベン・オストルンド。

人為的な雪崩や、家族がバスルームで歯磨きするシーンにヴィヴァルディの“四季”の夏バージョンが流れる。圧倒的なヴァイオリンの調べがそれらのシーンに効果音として素晴らしくマッチし、見ている者にインアパクトを与えるのだ。雪崩のシーンはともかくとして家族の歯磨きシーンにヴィヴァルディは笑える。
コメディ・ヒューマンドラマだけど少々ブラック入ってる感じで大笑いするほどのものではない。ハッピーにスキー・バカンスを過ごす家族に突如襲う不穏な空気…それを作ったのは他でもない一家の主であるトマス。

初日、ゲレンデのトマス一家はハッピーモードで記念撮影。そしてバカンス2日目…昼食をとるトマス一家はホテルの絶景テラス・レストランにいる。そこへいきなり爆発音が轟きレストラン客のまさに目の前の雪山で雪崩が起きる。人工的な雪崩のため皆そのダイナミックな光景にカメラのシャッターをきりまくっている。しかし雪崩は予想外に勢いを増しテラスに襲いかかってくる。身の危険を感じたエバは泣き叫ぶ子供たちを守ろうと必死になりトマスに助けを求めるが、彼はその場から一人で逃げ出してしまっていた。

トマスの取ったあり得ない行動が気になるエバはレストランで出会ったカップルに、ことの顛末を話して聞かせる。しかしトマスはワケのわからないいいわけを並べ立てるばかり。証拠写真もあるのに...エバは夫への不満が募る。そうこうするうち、トマスの友人マッツが若い恋人を連れてやって来る。夕食の後子供たちのいない席でワインを飲みながらエバは再び雪崩の話を始める。そしてやはりここでも釈然としないトマスの説明にエバの不満はエスカレート。マッツはトマスをかばおうと躍起になるが、逆にマッツの恋人ファンニまでが“あなたもきっと逃げ出すわね!”と宣う始末。

シアターで何度か予告を見て少々気になっていた一作。
フランスや全米で絶賛されTOMATOMETERは92%とスゴいけど、わたし的には絶賛ってほどのものではなかったかな。西洋人とは感性が違うのかもしれない。
Englishタイトルの“不可抗力/観光客”の他にフランスでの公開タイトル“スノー・セラピー”が面白い。マッツと二人で滑りに興じた雪山で感情を爆発させたり、子供や妻の前で泣きわめいたりとトマスの姿は実に凄まじかった。トマスってひょっとして情緒不安定男だったのかな?

ラスト、バスのシーンでも毅然とした態度を取ったのはエバとマッツ…トマスって男は実に情けない。バカンスが終わったあの家族、その後はどうなったのだろう?
映画公開二週めの水曜割引デーのシアターは満席だった。
ヒューマントラストシネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2015-07-18 23:30 | ヨーロッパ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21460965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ボヴァリー夫人とパン屋」 「アリスのままで」 >>