「チャイルド44 森に消えた子供たち 」

「Child 44」2014 USA/UK/チェコ/ルーマニア/ロシア
a0051234_19383029.jpg

“犯罪など存在しなかったこの世の楽園で、44人の子供の変死体が発見される。共通の<しるし>を残して…。”

レオ・デミドフに「ロックンローラ/2008」「裏切りのサーカス/2011」「ダークナイト ライジング/2012」のトム・ハーディ。
ライーサ・デミドワに「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/2009」「ミレニアム2 火と戯れる女/2009」「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士/2009」「プロメテウス/2012」「パッション/2012」「デッドマン・ダウン/2013」のノオミ・ラパス。
ワシーリーに「デンジャラス・ラン/2012」「29歳からの恋とセックス/2012」「ロボコップ/2014」「ラン・オールナイト/2015」のジョエル・キナマン。
ネステロフ将軍に「赤ずきん/2011」「裏切りのサーカス」「ダークナイト ライジング」のゲイリー・オールドマン。
クズミン少佐に「オーシャンズ13/2007」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」「ブラック・スワン/20101」「危険なメソッド/2011」「トランス/2013」「美女と野獣/2014」のヴァンサン・カッセル。
ブロツキーに「パブリック・エネミーズ/2009」「ゼロ・ダーク・サーティ/2012」「ホワイトハウス・ダウン/2013」のジェイソン・クラーク。
ウラジミールに「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男/2005」「ボーン・アルティメイタム/2007」「思秋期/2010(監督、脚本)」「ブリッツ/2011」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!/2013」「パレードへようこそ/2014」のパディ・コンシダイン。
アレクセイに「デンジャラス・ラン/2012」「ゼロ・ダーク・サーティ」ファレス・ファレス。
イワンに「しあわせな孤独/2002」「ある愛の風景/2004」「天使と悪魔/2009」「真夜中のゆりかご/2014」のニコライ・リー・コス。
監督は「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ。
原作はトム・ロブ・スミスの「チャイルド44 森に消えた子供たち」。

映画が始まってまだスクリーンが暗い中…“There is no murder in heaven/天国に殺人は存在しない”と記される。
映画を見終わってオフィシャル・サイトを覗いた所、INTRODUCTIONのトップに共通の“しるし”のことが書かれていた。
そうまさにこの共通の“しるし”が鍵となる。サスペンス・ドラマは多くを語れないからレビューになんて書こうかと思案する。
紆余曲折を経て互いの愛情を確信したレオとライーサ...ラストに感動する。

前評判がスゴかったみたいでanマンデイの日に観に行ったらシアター完璧満席だった。不条理な世界のとてもスリリングなサスペンス・ドラマは137分と少々長めながらどっぷりとドラマに浸かってしまってあっという間だった。
原作小説は2009年版『このミステリーがすごい!』で1位に輝いたそう。小説読んでみたい。

スターリン政権下にある1953年のソ連、モスクワ。国家保安省(MGB)のエリート捜査官レオはライーサと結婚し穏やかな生活を送っていた。ある夜、戦友アレクセイの息子が無惨な死体で発見される。事故ではなく殺人の可能性は明らかだったが、上司のクズミン少佐は“理想国家のソ連にこのような犯罪は存在しない”という理由で、ただちに事故死扱いするよう命じる。しかしレオの中では疑念がくすぶり払いのけることができない。そんな折、妻のライーサにあらぬスパイ容疑がかけられ、レオはプレッシャーに陥るが自分の妻を告発することなどできるはずもない。そして妻への告発を拒否したレオに地方への左遷命令が下される。

ソ連の首都モスクワでエリート捜査官として反体制派を取り締まっていたレオが田舎町に赴任する。やがてその田舎町でも事件が起き、被害者の少年はアレクセイの息子同様の殺され方だった。しかし町の警察署長であるネステロフ将軍は、首都モスクワからやって来た上から目線のレオに警告を発し事件を封印しようとする。アレクセイの妻に“息子は殺されたのよ!”と言われたことが忘れられないレオは犯人を捕らえようと決断する。一方でライーサには国家保安省に勤めるレオが怖くて求婚を断れきれなかった過去があり、いつか彼から逃げ出そうと考えていたが、レオの真摯な決断に手を貸そうと考え始める。

スパイ容疑で拷問の上銃殺されるブロツキーや、モスクワ時代のライーサの学校の同僚イワンの裏切り等、誰を信じて良いのかわからない展開がスゴくスリリングだ。

主人公のトム・ハーディは「ロックンローラ」ではキャラクターがそのものずばりのハンサム・ボブで、「裏切りのサーカス」ではブロンドの甘いマスク。そして「ダークナイト ライジング」のベイン役で強烈なイメージを残した。本作のキャラクターは彼にぴったりの役所ってイメージ。
ちょっと気になるスウェーデン人俳優ジョエル・キナマンは悪の権化のようなワシーリーを演じていて「ラン・オールナイト」の善い人が飛んでしまったが、シャープな彼の顔つきが役柄にマッチしている。そういえばノオミ・ラパスもスウェーデン人で、英国、フランス、デンマーク等Internationalな俳優オンパレード。
ゲイリー・オールドマン良いな。
映画の舞台はソ連(ロシア)でロケ地はチェコ。

wowowで見た「欲望のバージニア」はアメリカの暗黒時代とギャング映画のせいで途中で挫折。トム・ハーディの記憶はほとんどない。今現在都内では彼の映画が3本公開されている。「マッドマックス 怒りのデス・ロード/2015」はパスしそうだけど、恵比寿で上映されている「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分/2013」はとても見たい。

日比谷みゆき座にて
[PR]
by margot2005 | 2015-07-11 20:56 | USA | Trackback(10) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21437055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ・*・ etoile ・*・ at 2015-07-12 00:36
タイトル : 『チャイルド44 森に消えた子供たち』(試写会)
'15.06.23 『チャイルド44 森に消えた子供たち』(試写会)@よみうりホール CheRishさんで当選! いつもありがとうございます原作おもしろかったし、トム・ハーディーだし、ゲイリー・オールドマンだし楽しみに行ってきたー♪ ネタバレありです! 結末にも触...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2015-07-12 14:39
タイトル : チャイルド44 森に消えた子供たち
楽園だから殺人はあり得ないとか、本当にそんな事本気で信じてたのかな?... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2015-07-12 17:21
タイトル : チャイルド44 森に消えた子供たち / Child 44
第二次大戦集結間もない1950年代のスターリン体制下のソ連で、少年の事故死を疑い、その死の真相に迫ろうとした捜査官の姿を描く。 労働者の理想郷だから殺人はないってねぇ。そんな事がまかり通る世界だったということが怖いですね。劇中“MGB”と称されるのは、当時の国...... more
Tracked from 映画好きパパの鑑賞日記 at 2015-08-31 07:58
タイトル : チャイルド44 森に消えた子供たち
 殺人事件はないこの世の楽園という旧ソ連で起きた連続殺人事件を描いた作品。原作の評価は高い(僕は未見)のですが、脚色がいまいちで、何でなのか分かりにくい部分もそこかしこに。スターリン時代の陰鬱な雰囲気は表していると思いますが。  作品情報 2014年アメリ…... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2015-09-18 12:42
タイトル : 怪物か英雄か~『チャイルド44 森に消えた子供たち』
 CHILD 44  1953年。スターリン政権下のソ連。レオ・デミドフ(トム・ハーディ)は秘密警察 MGBのエリート。しかし、最愛の妻ライーサ(ノオミ・ラパス)にスパイ容疑がか けられ、レオは僻地に左遷されてしまう。  "There is no murder in paradise."  (楽園に殺人は存在しない)  同僚の息子が殺害されたにも...... more
Tracked from C'est j.. at 2015-11-29 20:16
タイトル : チャイルド44 森に消えた子供たち
チャイルド44 森に消えた子供たち '15:米 ◆原題:CHILD44 ◆監督:ダニエル・エスピノーサ「デンジャラス・ラン」 ◆出演:トム・ハーディ、ゲイリー・オールドマン、ノオミ・ラパス、ジョエル・キナマン、パディ・コンシダイン、ジェイソン・クラーク、ヴァンサン...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2015-12-28 16:45
タイトル : 「チャイルド44〜森に消えた子供たち」
さて…。レビューを書こうと思ってはみたが、どう書いていいものやら…。何故なら、この作品は上質なサスペンス小説トム・ロブ・スミス作「チャイルド44」が原作であり、サスペンス・ミステリーとしては骨太に仕上がっているものの、近・現代史のソ連の歴史的背景を抜きにしては語れないからだ。幼い頃、私のソ連に対する印象は、とにかく怖い、というものであった。人種的にデカい。地理的に寒い(私は寒いのが何より苦手である)。というのに加えて、物言えば唇寒し、というか、とにかく何でもかんでも粛清で、ちょっとなんかすればシベリア...... more
Tracked from 象のロケット at 2016-01-03 00:30
タイトル : チャイルド44 森に消えた子供たち
1953年、スターリン政権下のソ連。 森で9歳から14歳の子供たちの変死体が次々と発見される。 全裸で胃は摘出され、山間にもかかわらず死因は溺死。 だが“殺人は国家が掲げる思想に反する”ため、一連の事件は全て事故死として処理されていた。 国家保安省(MGB)に勤務し反体制活動を取り締まっているエリート捜査官レオは、戦友から息子が殺されたと聞き、捜査しようとするが…。 サスペンス。... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2016-01-08 22:48
タイトル : チャイルド44 森に消えた子供たち
CHILD 44 2014年 アメリカ 137分 サスペンス/ミステリー/犯罪 PG12 劇場公開(2015/07/03) 監督: ダニエル・エスピノーサ 『デンジャラス・ラン』 製作: リドリー・スコット 原作: トム・ロブ・スミス『チャイルド44』 出演: トム・ハーディ:レオ・...... more
Tracked from Subterranean.. at 2016-02-01 21:21
タイトル : チャイルド44 森に消えた子供たち (Child 44)
監督 ダニエル・エスピノーサ 主演 トム・ハーディ 2015年 アメリカ/イギリス/チェコ/ルーマニア/ロシア映画 137分 サスペンス 採点★★★ 快楽殺人鬼や連続殺人鬼ってどこか西洋や特にアメリカの特産品のような印象もありますが、日本で散発的に起きた殺人事…... more
<< 「アリスのままで」 「グローリー/明日への行進」 >>