「靴職人と魔法のミシン」

「The Cobbler」 2014 USA
a0051234_09325.jpg

ニューヨークの下町。ユダヤ人街で育ったマックは恋人もいない冴えない中年男で今だ母親と同居している。彼の仕事は代々受け継がれてきた靴修理。日々繰り返されるつまらない仕事にうんざりしつつ今日も愛用のミシンを踏む…

マックに「ウェディング・シンガー/1998」「50回目のファースト・キス/2004」「ベッドタイム・ストーリー/2008」のアダム・サンドラー。
レオンにクリフ・“メソッド・マン”・スミス。
ジミーに「ファーゴ/1996」「パリ、ジュテーム/2006」のスティーヴ・ブシェミ。
エミリアーノに「誘拐の掟/2014」のダン・スティーヴンス。
エミリアーノの恋人タリンにキム・クルーチェ。
カーメンに「僕らのミライへ逆回転/2008」「フルートベール駅で /2013」のメロニー・ディアス。
エレーンに「シー・オブ・ラブ/1989」「オーシャンズ13/2007」のエレン・バーキン。
母親サラに「ミュンヘン/2005」「いとしい人/2007」「ハンガー・ゲーム2/2013」のリン・コーエン。
父親アブラハムに「主人公は僕だった/2006」「新しい人生のはじめかた/2006」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました/2014」のダスティン・ホフマン。
監督は「扉をたたく人/2007:監督、脚本」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~/2009:出演」のトーマス・マッカーシー。

ある時、マックが修理した客の10.5(The and Half)サイズの靴を履くと、靴の持ち主に変身してしまったのだ。慌てふためきつつ他の靴も試してみると、それは壊れた電動ミシンの代わりに使った、先祖代々の旧式ミシンのせいであることが判明する。つまりそれによって魔法がかけられたのだ。
他人の生活を疑似体験できることを知ったマックはイケメンのエミリアーノに変身してバーへ行った所、案の定の女性に誘われてしまう。ある時、レオンに変身してみたら、なんとまぁこの男がとんでもないワルでとんでもないトラブルに巻き込まれてしまうのだ。

シアターで何度も予告を観て少々気になっていた一作。TOHOシネマズのポイントがたまってたので観ることにした。wowowでたくさんの映画を見たが、おそらくアダム・サンドラーの映画はシアター初めてだと思う。サンドラー映画はかなりくだらないものが多いが、意外にもファンタジーっぽい作品が多いことに気づく。本作はちょっと素敵なファンタジー・ヒューマン・コメディ。
アダム・サンドラーってホント冴えない役が似合う俳優。
スティーヴ・ブシェミは「ファーゴ」以来の気になるハリウッド俳優で、たくさんの映画に出演する名脇役。本作でもひと味違ったブシェミの魅力が発揮されている。
エレン・バーキン、ダスティン・ホフマンも貫禄の出演。
少しのシーンしか登場しないがダン・スティーヴンスがゴージャス。マシューのイメージのブロンド・ヘアーに優しいまなざしが実に似合う。
ヒップホップ・アーティストのクリフ・“メソッド・マン”・スミスが、レオン本人とマックが変身するレオンで顔は同じながら(当たり前)内面が全く違う人を上手く演じていて関心する。
「扉をたたく人」とは全く異なった趣のファンタジー・ヒューマン・コメディを作ったトーマス・マッカーシーは中々素敵だ。
a0051234_0223113.jpg

TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-06-26 00:08 | MINI THEATER | Trackback(5) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21382250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2015-06-27 09:43
タイトル : 靴職人と魔法のミシン
アダム・サンドラー主演のニューヨークを舞台にしたファンタジードラマ、「靴職人と魔... more
Tracked from 読書と映画とガーデニング at 2015-06-27 17:07
タイトル : 記事のタイトルを入力してください(必須)
原題 The Cobbier2014年 アメリカ ニューヨーク下町のユダヤ人家庭で生まれ育った中年男マックス・シムキン(アダム・サンドラー)数十年前忽然と姿を消した父親アブラハム(ダスティン・ホフマン)の靴修理店を継ぎ、痴呆の始まりかけた母サラ(リン・コーエン...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2015-08-04 20:54
タイトル : 靴職人と魔法のミシン/THE COBBLER
「扉をたたく人」の監督や、俳優としての活動もちょこちょこしている トム・マッカーシー監督が、アダム・サンドラーと組んだコメディドラマ。 アダム演じるのは、靴職人=(原題、The Cobbler)マックス。 マックスの父親役には、ダスティン・ホフマン。 ...... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2015-09-08 01:19
タイトル : 靴職人と魔法のミシン
横浜に出て用事が思いの外早く片付いたので、久々にジャック&ベティで2本立て決行。 1作目が本作、もう1本はフランソワ・オゾン監督の「彼は秘密の女ともだち」です。 チャップリンやキートンなどの世代は日本も含め世界的に人気が高いですが、 今の世代、ジム・キャリ...... more
Tracked from Subterranean.. at 2015-12-21 23:01
タイトル : 靴職人と魔法のミシン (The Cobbler)
監督 トム・マッカーシー 主演 アダム・サンドラー 2014年 アメリカ映画 99分 コメディ 採点★★ 今年も色んな事がありましたねぇ。まぁ全くの私事ではありますが、両親が長年営んできた商店を廃業し、私の生まれ育った実家兼店舗が更地になってしまったってのが本…... more
Commented by セレンディピティ at 2015-06-27 09:42 x
こんにちは。
アダム・サンドラーのコメディ、そういえば私も見るのは初めてかもしれません。
この作品は、監督の優しいまなざしが感じられる作品で
ほっこりと楽しめました。

レオン役の俳優さんは、ヒップホップ・アーティストなのですね!
彼が2役をうまく演じ分けていたのが、おもしろさの鍵でもありますね。
ダン・スティーヴンスは今、売れっ子ですね。
これからの活躍がますます楽しみです。
Commented by margot2005 at 2015-06-27 22:40
セレンディピティさん、またまたこちらにも書き込みありがとう。
アダム・サンドラーでアメリカ合衆国ではきっと国民的俳優かと思いますが、日本ではDVDスルーが多いかもです。

>ほっこりと楽しめました...
そのとおりりですね。見終わって温かい気持ちになるドラマでした。
そうちょっと調べて見たらクリフ・“メソッド・マン”・スミスはラッパーだそうです。てっきり俳優だと思って見ていた彼の演技は素晴らしかったです。
ダン・スティーヴンスは正にナイスガイですね。
Commented by PineWood at 2015-10-01 10:33 x
冴えない中年男への人生の応援歌みたいで思いがけない勇気をもらえます。靴への愛着では、チャップリンの靴のダンスのパントマイムとか紐をスパゲッティみたいに食う腹ペコシーンが想い出されます。どんでん返しとユーモアとちょっぴり泣けてくるヒューマン・コメデイー♪映画(扉を叩く人)で移民のテーマで真摯な社会派ドラマを撮ったマッカーシー監督の異色ファンタジー!
Commented by margot2005 at 2015-10-02 20:52
PineWoodさんこんばんは。書き込みありがとうございます。

>冴えない中年男への人生の応援歌みたいで思いがけない勇気をもらえます...
アダム・サンドラーはこういった役柄がハマります。
物語もとても素敵でした。
マッカーシーはシリアスもコメディも上手く描く監督ですね。
<< 「夫婦の危機」 「ハイネケン誘拐の代償」 >>