「イタリアは呼んでいる」

「The Trip to Italy」2014 UK
a0051234_1938537.jpg

スティーヴ&ロブのコンビがミニクーパーで回るイタリア縦断グルメトリップ。

スティーヴに「メイジーの瞳/2012」「あなたを抱きしめる日まで/2013」「Mr.スキャンダル/2013」のスティーヴ・クーガン。
ロブに「スティーヴとロブのグルメトリップ/2010」のロブ・ブライドン。
監督は「日蔭のふたり/1996」「マイティ・ハート/愛と絆/2007」「いとしきエブリデイ/2012」「Mr.スキャンダル」のマイケル・ウィンターボトム。

本作、舞台は違うがこのドラマなんか見たことある…と思っていたら、それもそのはず以前wowowで見た「スティーヴとロブのグルメトリップ」に続く第二弾だった。
第一弾は英国の湖水地方の一流レストランを回るグルメレポート旅行。第二弾は美しきイタリアのグルメレポート旅行。

英国本国では有名なコメディアンの二人のようだが、スティーヴ・クーガンがコメディアンだとは知らなかったし、ロブに関しては「スティーヴとロブのグルメトリップ」で初めて知った英国人俳優。
お笑い系ドキュメンタリー・ドラマの雰囲気の本作…“007ジェームズ・ボンド”を始めとしたUK人俳優のモノマネが終始続く。中でもロブのヒュー・グラントはスゴく似ていて驚き。スティーヴのマイケル・ケインも中々のもの。
舞台がイタリアなのかどうか分らないが“ゴッドファーザー、シリーズ”のアル・パチーノとマーロン・ブランドのモノマネもあり。ロブが“ゴッドファーザー”大好きで盛んにシチリアに生きたがっていたが、それは残念ながらボツとなった。
二人がモノマネするUK人俳優は知っている人ばかり。そして二人は絶妙なトークなんだけど、なぜか?今ひとつノレなかった。

イタリアの景色と、彼らが宿泊する星付きホテルと料理は素晴らしい!の一言。特に過去に著名人(グレタ・ガルボの間とか...)が宿泊したというカプリのホテルはスゴかった。
でもドラマは思ったよりつまらなくて…しかしシアター満員で驚き!(公開1週めGW後のウイークディ)。
2006年に行ったイタリア、カプリ旅行を思い出した。

Bunkamura ル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2015-05-17 20:35 | UK | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21236778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-05-17 22:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by margot2005 at 2015-05-18 00:43
pretty-bacchusさん、そうなんですか!実に羨ましいですね。
<< 「青の寝室」 「あの日の声を探して」 >>