「ほっ」と。キャンペーン

「イントゥ・ザ・ウッズ」

「Into the Woods」2014 USA/UK/カナダ
a0051234_22275659.jpg

古典的なおとぎ話をベースに描いたミュージカル。

魔女に「8月の家族たち/2013」のメリル・ストリープ。
パン屋の主人に「ワン チャンス/2013」「はじまりのうた/2013」のジェームズ・コーデン。
パン屋の妻に「砂漠でサーモン・フィッシング/2011」のエミリー・ブラント。
シンデレラに「マイレージ、マイライフ/2009」「50/50 フィフティ・フィフティ/2011」のアナ・ケンドリック。
シンデレラの王子に「アンストッパブル/2010」「スター・トレック イントゥ・ダークネス/2013」「エージェント:ライアン/2014」のクリス・パイン。
ジャックに「レ・ミゼラブル/2012」のダニエル・ハットルストーン。
ジャックの母親に「おいしい生活/2000」のトレイシー・ウルマン。
赤ずきんにリラ・クロフォード。
ラプンツェルにマッケンジー・マウジー。
ラプンツェルの王子に「ザ・イースト/2013」のビリー・マグヌッセン。
シンデレラの継母に「マンマ・ミーア!/2008」のクリスティーン・バランスキー。
シンデレラの義姉妹ルシンダに「華麗なる恋の舞台で/2004」「恋のロンドン狂騒曲/2010」のルーシー・パンチ。
同じくフロリンダに「グッド・シェパード/2006」「キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~/2008」のタミー・ブランチャード。
オオカミに「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」「パブリック・エネミーズ/2009」「Dr.パルナサスの鏡/2009」「ローン・レンジャー/2014」「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密/2015」のジョニー・デップ。
監督、製作は「シカゴ/2002」「SAYURI/2005」「NINE/2009」ロブ・マーシャル。

童話は大好きなので、ミュージカルも基本的に好きだし、シアターで何度も予告も観たし、で、観に行った。
有名なる童話の主人公シンデレラ、赤ずきん(オオカミも...)、ジャック(ジャックと豆の木)、ラプンツェルが登場する。そしてラプンツェルの継母の魔女と、子供ができなくて悩むパン屋の夫婦が主軸でドラマは進む。
ある日、パン屋の夫婦は魔女に呪いをかけられる。呪いを解くために必要なものは…“白い牛、赤ずきん、黄色い髪、そして黄金の靴”。

呪いを解くための4つのアイテムを探すため森にやって来たパン屋の夫婦。やがて彼らの導きにより童話の主人公たちが集まってくる。
“I Wish! I Wish!”と歌う彼らは皆願いを叶えることが出来たのだろうか?
シンデレラの王子がパン屋の妻に言い寄る場面や、王子二人が互いに自画自賛で歌うシーンには笑えるし、シンデレラの靴がガラスではなく黄金というのも面白いアイデア。そして大食いの赤ずきんが太めでちっとも可愛くないのだ。というのもオオカミに襲われるも生き返り、やっつけた後オオカミの毛でマントを作るくらいだから...。

映画はディズニーらしくない感じで、子供の観る映画でもないし、でも大人が堪能出来るってほどのものでもないし…何か中途半端なイメージで残念だった。大人のミュージカル「シカゴ」を作ったロブ・マーシャルの本作は今一つといったところ?
でもミュージカルだけあって皆ホント歌が上手い。ジェームズ・コーデンやアナ・ケンドリックの上手さは当然のことながら、意外やクリス・パインとエミリー・ブラントが上手い。特にエミリーは素晴らしい美声の持ち主。

クリス・パインの映画って色々と見ているものの今回初シアター。この方中々魅力的な俳優だ。アクション俳優というイメージが強烈な俳優ながら、ミュージカルも捨てたものではない。とにかく皆さん歌が上手くて、上手くて驚き。
ジャックと赤ずきん役の二人の歌声は素晴らしい!の一言。
メリル・ストリープが相変わらずのスーパー貫禄。ジョニー・デップも良かったな。「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」は最悪だったけど…。
“本当は恐ろしいグリム童話”という本が一時期ブームになったのを思い出す。

TOHOシネマズ日劇にて
[PR]
by margot2005 | 2015-04-06 22:34 | USA | Trackback(6) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21092569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2015-04-07 23:50
タイトル : イントゥ・ザ・ウッズ
ディズニー作品で童話のキャラが出るから、アナ雪みたいに子供が楽しめるかと思ったけれど、コレ、子供は全然楽しめないな。... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2015-04-08 01:42
タイトル : 映画:イントゥ・ザ・ウッズ Into the Woods..
ミュージカルの映画化らしいが、ほとんど無知識のまま鑑賞。 登場するのは、ディズニーのおかげで?有名になったキャラたち、が大集合! それらは、 ・シンデレラ ・赤ずきん ・ジャックと豆の木 ・ラプンツェル それぞれの運命がからみあいつつ、各々の定番物語が展...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2015-04-08 22:16
タイトル : 「イン・トゥ・ザ・ウッズ」
赤頭巾ちゃんがおばあさんをお見舞いに、ジャックは牛を売る行き道に、シンデレラは舞踏会に行けない悲しみを母の墓前にぶつける為に、ラプンツェルはその中の住まいで、そしてパン屋は魔女の呪いを解く物を見つける為に、みんながみんな、それぞれ森に入っていく。イン・トゥ・ザ・ウッズ。 このくだりが一番面白かった。それぞれよく知られている童話の主人公達が、気持ちの高揚を歌声に乗せて森に会する。のっけからハイテンション。パン屋が魔女の呪いを解く為に必要な、ミルクのように真っ白な雌牛と、血のように赤いマントと、...... more
Tracked from C’est joli〜こ.. at 2015-04-26 20:49
タイトル : イントゥ・ザ・ウッズ
イントゥ・ザ・ウッズ '14:米 ◆原題:INTO THE WOODS ◆監督:ロブ・マーシャル「シカゴ」「SAYURI」「NINE」 ◆出演:メリル・ストリープ、エミリー・ブラント、ジェームズ・コーデン、アナ・ケンドリック、クリス・パイン、トレイシー・ウルマン、クリスティン・バラ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2015-04-29 18:23
タイトル : もう1つの おとぎ話
6日のことですが、映画「イントゥ・ザ・ウッズ」を鑑賞しました。 試写会にて 魔女の呪いのせいで子どもがいないパン屋の夫婦は 子どもが欲しければ「赤いずきん」「黄色い髪」「白い牛」「黄金の靴」 これらを森から持ち帰れと魔女に命じられ森へ向かう 時を同じく 赤...... more
Tracked from いやいやえん at 2015-07-23 08:04
タイトル : イントゥ・ザ・ウッズ
【概略】 世界中で愛されるグリム童話を現代版にアレンジしたストーリーに登場するのは、シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん、ジャックと豆の木のジャックなど、願いを叶えたはずの“おとぎ話”の主人公たち。そして、彼らを待ち受けていた驚くべき運命とは…!? ミュージカル・ファンタジー 子供が欲しいパン屋の夫婦たちが様々な童話の主人公たちと関わっていく話です。 前半は「シンデレラ」「赤ずきん」「ジャックと豆の木」「ラプンツェル」の童話をベースにした展開で、それぞれの主人公達を上手く絡めているも...... more
<< 「ブルックリンの恋人たち」 「カフェ・ド・フロール」 >>