「アメリカン・スナイパー」

「American Sniper」2014 USA
a0051234_20173454.jpg

“ネイビー・シールズ 最強の狙撃手”の半生を描いた戦争ドラマ。

クリス・カイルに「アメリカン・ハッスル/2013」のブラッドリー・クーパー。
タヤ・カイルに「アルフィー/2004」「カサノバ/2005」「ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女/2012」のシエナ・ミラー。
ジェフ・カイルにキーア・オドネル。
ビグルスにジェイク・マクドーマン。
マーク・リーに「96時間/リベンジ/2012」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ/2015」のルーク・グライムス。
ムスタファにサミー・シーク。
監督、製作に「チェンジリング/2008」「グラン・トリノ/2008」「インビクタス/負けざる者たち/2009」のクリント・イーストウッド。

テキサス州で生まれたカイルは幼い頃より父親に狩猟を教わりながら育った少年。ある時、クリスは父親に“お前は弱い羊たちを守る牧羊犬になれ、狼にはなるな”そして“おまえには射撃のギフト(才能)がある。”と教えられる。大人になりTVでアメリカ大使館爆破を目の当たりにし祖国を守ろうと誓う。ネイビー・シールズに入り特訓に特訓を重ねた末クリスは驚異的な狙撃手となる。2001年にアメリカ同時多発テロが起こり、それをきっかけにイラク戦争が始まりクリスも戦地へ派遣される。

4度も戦地に駐留し、帰還後PTSDに悩まされたクリスは同じ悩みを抱える退役軍人たちとの交流を始める。銃を撃つことでストレスを発散させている彼ら…あれは非常に驚きだった。
そしてラスト、なんと悲惨な最期だろうとかわいそうになった。

戦争映画は苦手なので本作は観るかどうか少々迷った。でも主演のブラッドリー・クーパーはお気に入り俳優の一人だし、監督はクリント・イーストウッドと言うことでシアターへ行った。
エンディングが始まる…なんとNo Music…エンディングに音楽がないととても考えさせられる。監督はそれを狙ったのだろうか?
シアターの予告編を始めとして、新聞の映画評とか、いろんなメディアで目にし、聞いてしまったこの映画のあらすじ。鑑賞前“160人以上の敵を射殺した英雄クリス・カイル”に少々イヤなイメージを抱いていたが、味方の兵士を守ることを使命とし、それを貫き通した姿に少々感動。仲間だったビグルスの死を知り元射撃オリンピック選手であるムスタファと対決するシーンはとても見応えある。
クリスは少年の頃、父親から“守る人間になれ!”と教えられたことを決して忘れなかった。

ブラッドリー・クーパーが素晴らしくて、ナイス・キャスティング。彼は再び体重を増やしてクリスを演じた。ラストに本人の写真が登場するが、似ていて驚き。体重増やしたのも納得。シアターで久しぶりに見たシエナ・ミラーがobasan化している。

丸の内ピカデリーにて
[PR]
by margot2005 | 2015-03-18 21:51 | USA | Trackback(13) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/21016850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 相木悟の映画評 at 2015-03-20 01:16
タイトル : 『アメリカン・スナイパー』 (2014)
深き余韻が刻まれるスナイパーの一生! 従軍し、英雄になった男に、戦争はどんな影響を与えたのか?その心理を垣間見る重い人間ドラマであった。 本作は、映画界の長老クリント・イーストウッド監督作。イラク戦争で公式記録160人を撃ち抜いた最強スナイパー、クリ...... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2015-03-20 18:11
タイトル : 「アメリカン・スナイパー」
クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー主演の戦争映画、「アメリカン... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2015-03-21 11:50
タイトル : 映画:アメリカン・スナイパー American Snip..
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... 生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑) 去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ〜 その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒア...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2015-03-22 23:31
タイトル : 「アメリカン・スナイパー」 兵士の行く末
ベトナム戦争の頃より、戦場から戻ってきた兵士たちの精神の状態に注目が集まるように... more
Tracked from 象のロケット at 2015-03-23 03:18
タイトル : アメリカン・スナイパー
9.11以降のイラク戦争。 米海軍特殊部隊ネイビー・シールズに入隊を果たしたクリスは、卓越した狙撃の精度で多くの仲間の危機を救い“レジェンド”の異名を轟かせる。 しかし敵からは“悪魔”と恐れられ、その首には18万ドルの賞金が掛けられていた。 極限状況の戦地への度重なる遠征は、クリスの心を序々に蝕んでいく…。 伝説的スナイパーの半生。 R-15... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2015-03-24 10:02
タイトル : 伝説への黙祷~『アメリカン・スナイパー』
 AMERICAN SNIPER  テキサスでカウボーイとして育ったクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー) は、愛国心から志願し、入隊する。ネイビー・シールズの狙撃手としてイラ ク戦争に従軍した彼は、その 「精確」 な腕前から 「レジェンド」 と称され、 周囲から尊敬を集める存在となってゆく。  イラクに4度派遣され、160人以上を射殺した最強の狙撃手...... more
Tracked from C’est joli〜こ.. at 2015-04-01 21:10
タイトル : アメリカン・スナイパー
アメリカン・スナイパー '14:米 ◆原題:AMERICAN SNIPER ◆監督:クリント・イーストウッド「ジャージー・ボーイズ」「グラン・トリノ」 ◆出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、キーア・オドネル、カイル・ガ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2015-04-29 06:53
タイトル : イラクの英雄、その真実、
6日のことですが、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。 ネイビーシールズのクリス・カイルはイラク戦争時、狙撃の腕前で多くの仲間を救うが 同時にその存在は敵にも知られ 命を狙われるほどに 故郷いる妻子に対し良き夫 良き父でありたいと願うが、ジレンマ...... more
Tracked from まてぃの徒然映画+雑記 at 2015-04-29 21:23
タイトル : アメリカン・スナイパー AMERICAN SNIPER
イラク戦争でアメリカ軍最強の狙撃手として恐れられたクリス・カイルの自叙伝を、クリント・イーストウッド監督が映画化。 アメリカ海軍特殊部隊、NAVY SEALS所属のクリス・カイルはイラク戦争に4度派遣され、狙撃手として味方の危機を救い160人もの敵を射殺した。 戦...... more
Tracked from いやいやえん at 2015-07-08 09:58
タイトル : アメリカン・スナイパー
【概略】 戦争の狂気に取り憑かれながらも、家族をこよなく愛した男の光と影を描く。 ドラマ 米軍史上最多、160人を射殺したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話。 国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した男――。 描かれるのは伝説のスナイパー、クリス・カイルの半生。2003年にイラク戦争が始まってから4回に渡り遠征。その常人離れした狙撃の精度は1.9km向こうの標的を確実に射抜くほどだったという。公式記録としては米軍史上最多の160人を射殺。味方からは「伝説の狙撃手」と英...... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2015-07-18 22:59
タイトル : アメリカン・スナイパー
AMERICAN SNIPER 2014年 アメリカ 132分 ドラマ/戦争/アクション R15+ 劇場公開(2015/02/21) 監督: クリント・イーストウッド 『ヒア アフター』 製作: ブラッドリー・クーパー クリント・イーストウッド 原作: クリス・カイル『ネイビー・シールズ 最...... more
Tracked from Subterranean.. at 2015-09-16 20:01
タイトル : アメリカン・スナイパー (American Sniper)
監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー 2014年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★★ 戦争映画なんか観てると、大抵の戦闘シーンは目視できる敵兵に対し射撃し、撃った弾が当たって死ぬまでをもその目で見てますよねぇ。まさに“殺し合い…... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2016-01-17 20:33
タイトル : 「アメリカン・スナイパー」
平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な父親から「人間には3種類ある。羊、狼、番犬だ。」と教えられ、番犬となって生きる事を銘としてきた。成長して青年になってから、弟と共にカウボーイとしてロデオの名手となるが、その後、アメリカ軍のネイビー・シールズに所属する。凄腕のスナイパー。伝説の狙撃手。公式...... more
Commented by セレンディピティ at 2015-03-20 18:22 x
こんにちは。
PTSDのリハビリに射撃が使われているのには、私も驚きました。
地域差もあるでしょうが、つくづく銃社会なのだな...と。

戦争映画は私も以前は苦手でしたが、人間ドラマとして深い傑作が多いですね。
この作品には見てからもしばらく打ちのめされ、考えさせられました。
ブラッドリー・クーパーもすばらしかったですね。
Commented by margot2005 at 2015-03-20 23:14
セレンディピティさん、いつも書き込みありがとうございます。
リハビリに射撃は日本人の感覚ではあり得ないですよね??
自分の身は自分で守るってこともありますが、やはりアメリカって銃社会なのでしょうね。

イーストウッドが描く戦争映画は、やはりひと味違うようです。
ブラッドリー・クーパーの次作が楽しみです。コメディの彼も好きだし...。

<< 「イミテーション・ゲーム/エニ... 「パリよ、永遠に」 >>