「ラブストーリーズ コナーの涙」

「The Disappearance of Eleanor Rigby: Him」2013 USA
a0051234_20183073.jpg

a0051234_20184348.png

ニューヨーク。ある日、レストランを経営するコナーは二人が住むアパートから妻エリナーの姿がないことに気づく。幼い息子を亡くし、悲しみにうちひしがれる彼女はとうとう家を出て行ったのだ。その家には思い出が満ちあふれていたから…

コナー・ラドローに「トランス/2013」「フィリス/2013」のジェームズ・マカヴォイ。
エリナー・リグビーに「ツリー・オブ・ライフ/2011」「英雄の証明/2011」「ゼロ・ダーク・サーティ/2012」のジェシカ・チャスティン。
スペンサー・ラドローに「ミュンヘン/2005」「マリア/2006」「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド/2007」「裏切りのサーカス/2011」のキアラン・ハインズ。
スチュアートに「宇宙人ポール/2010」のビル・ヘイダー。
アレクシスにニナ・アリアンダ。
フリードマン教授に「最後の初恋/2008」「ダウト ~あるカトリック学校で~/2008」「消されたヘッドライン/2009」「食べて、祈って、恋をして/2010」「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~/2011」のヴィオラ・デイヴィス。
メアリー・リグビーに「沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇/1995・甘い罠/2000」「愛、アムール/2012」のイザベル・ユペール。
監督はネッド・ベンソン。

コナーのレストランは最近客足が遠のき閉鎖に追い込まれようとしている。一方で父親スペンサーが経営するレストランは今でも人気の店。スペンサーは引退して息子に店を譲ろうかと考えている。

悲しみを二人で乗り越えようと必死だったコナー。しかしエリナーにその気持ちは伝わらなかった。ある時、コナーのレストランのシェフ、スチュアートがエリナーを見かけたと言ってくる。彼女を捜すべく奔走した後コナーはニューヨーク大学の側にいるエリナーを見つける。エリナーは大学教授である父親ジュリアンの勧めで再び大学に通いフリードマン教授の講義を受講していた。
再会に喜ぶコナーだが、エリナーは実に素っ気ない。しかしエリナーが実家に身を寄せていることを知ったコナーはコネチカット州ウェストポートを訪ねる。コナーを出迎えたのはエリナーの母親メアリー。突如現れたコナーの姿に動揺を隠せないがどうにか家に招き入れる。“あなたと初めて会ったのもこの家だったわね。わたしはあなたのことが好きよ。”と話すメアリーながら、エリナーの今の現状を話そうとはしない。
そうこうするうちにエリナーがコナーのレストランにやって来る。そして車で郊外に出かける二人。二人は歩み寄ろうとしたが全く無駄だった。今はまだエリナーの心はコナーから離れてしまっている。

エリナーに“浮気でもしたら!”とそそのかされ、自分のレストランで働くアレクシスと何の感情もないsexをし自己嫌悪に陥るコナー。エリナーってちょっと残酷な女性なのかも?そもそも男と女って感情の表し方が全く違うから...。
ラスト、街を歩くコナーの後をつけるエリナーの姿があった。

本作は一日の内に2本続けて観たかったが上映時間の関係で別々の日にしか観る事ことができなかった。そして時間の関係で「ラブストーリーズ エリナーの愛情」を先に観てしまった。この映画は“Her”の方が後作で、“Him”を先に観た方がよろしい。ほぼ二人の未来が見える展開となっている。

シネマカリテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-03-04 20:19 | MINI THEATER | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/20961082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ラブストーリーズ エリナーの愛情」 「はじまりのうた」 >>