「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」

「Mortdecai」2015 USA
a0051234_1929319.jpg
a0051234_19292034.jpg

英国、オッックスフォード。幻のゴヤの名画が何ものかに盗まれ、英国諜報機関M15のマートランドはインチキ美術商のチャーリーに捜査を依頼する…

チャー リー・モルデカイに「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」「パブリック・エネミーズ/2009」「Dr.パルナサスの鏡/2009」「ローン・レンジャー/2014」のジョニー・デップ。
ジョアンナに 「抱擁/2002」「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「恋愛上手になるために/2007」のグウィネス・パルトロー。
マートランドに「ガンズ&ゴールド/2013」のユアン・マクレガー。
ジョックに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「リリィ、はちみつ色の秘密/2008」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」のポール・ベタニー。
アメリカの富豪クランプフに「グランド・ブタペスト・ホテル/2013」「ウイークエンドはパリで/2013」のジェフ・ゴールドブラム。
クランプフの娘ジョージナに「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)/2011」「マジック・マイク/2012」のオリヴィア・マン。
監督に「天使と悪魔/2006/脚本」「プレミアム・ラッシュ/2012」のデヴィッド・コープ。

監督は「天使と悪魔」の脚本家であるデヴィッド・コープ。ジョセフ・ゴードン・レヴィット主演の「プレミアム・ラッシュ」は結構面白かったけど、本作は..何これ?と言うくらいヒドい。
まず主演のジョニー・デップにこのキャラは似合わない。というのもイートン・カレッジ卒業の英国人貴族なんて全く似合わないし、ばりばりのアメリカンのジョニーがアメリカを植民地呼ばわりするのも何となく白けてしまって…。
ジョアンナ役のグウィネス・パルトローは英国人を演じることが多いのでまぁまぁ似合っている。実はグウィネス・パルトローはどうも好きになれない女優。でも若い頃より歳を重ねた現在の方が良い感じ。
ユアン演じるマートランドとチャーリーがイートンで同窓だったというのも年齢的に無理がありそう。
wowowで見た「ローン・レンジャー」は中々良かったのに…だからこれ観に行くことにしたわけで、でもそれ以上に見たかったのはユアンの出演。ポール・ベタニーも好きだし。ユアン&ポール・ベタニーのキャラは良かった。ポール・ベタニー演じる用心棒件バトラー(執事)が最高!
デンマーク人俳優ウルリク・トムセンがちょこっと出演している。
オークションのシーンなどあり得ない!展開で…しかしドタバタ・コメディってほど笑える代物でもない。
TOHOシネマズのポイントがたまっていたので、それにて鑑賞。お金払っていたら許せない映画だった。

TOHOシネマズスカラ座にて
[PR]
by margot2005 | 2015-02-24 19:44 | USA | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/20928118
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「トレビの泉で二度目の恋を」 「フィフティ・シェイズ・オブ・... >>