「エクソダス:神と王」

「Exodus: Gods and Kings」2014UK/USA/スペイン
a0051234_195475.jpg

a0051234_2031279.jpg

旧約聖書“出エジプト記”をモチーフに描いた大スペクタクル・ドラマ。

モーゼに「ニュー・ワールド/2005」「アイム・ノット・ゼア/2007」「ダークナイト/2008」「ダークナイト ライジング/2012」「アメリカン・ハッスル/2013」のクリスチャン・ベール.
ラムセスに「キンキー・ブーツ/2005」「アニマル・キングダム/2010」「ゼロ・ダーク・サーティ/2012」のジョエル・エドガートン。
ヘゲップ総督に「ニュー・ワールド」「ノウイング/2009」「アニマル・キングダム」「ダークナイト ライジング」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命/2012」「美しい絵の崩壊/2013 」のベン・メンデルソーン。
ラムセスの父親セティ王に「グッド・シェパード/2006」「セントアンナの奇跡/2008」「ジゴロ・イン・ニューヨーク/2013」のジョン・タートゥーロ。
ラムセスの母親トゥーヤに「バンテージ・ポイント/2008」「アバター/2009」「シャドー・チェイサー/2012」のシガニー・ウィーヴァー。
ラムセスの妻ネフェルタリに「ワールド・オブ・ライズ/2008」「彼女が消えた浜辺/2009」「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~/2011」のゴルシフテ・ファラハニ。
モーゼの妻ツィポラにマリア・バルベルデ。
モーゼの継母ビティアに「シリアの花嫁/2004」「ミュンヘン/2005」「マリア/2006」「画家と庭師とカンパーニュ/2007」「扉をたたく人/2007」「リミッツ・オブ・コントロール/2009」「ミラル/2010」のヒアム・アッバス。
モーゼの義姉ミリアムにインディラ・ヴァルマ。
ヘブライ人の長老ヌンに「エレジー/2008」「ヒューゴの不思議な発明/2011」のベン・キングズレー。
ヘブライ人、ヨシュアにアーロン・ポール。
監督、製作に「プロヴァンスの贈りもの/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「ワールド・オブ・ライズ/2008」「ロビン・フッド/2010」「プロメテウス/2012」「悪の法則/2013」のリドリー・スコット。

かなり前(昨年?)からシアターで予告を観ていたので、公開されたら観に行こうと思っていた一作。
巨額のマネーを投じた大作なので出演者も実に豪華。多くの国籍人間集合といったところ。CGもスゴいけど、エキストラの数が半端じゃない。スペインのカナリア諸島で撮影された海を渡るシーン(本作では紅海が割れるのではなく引き潮)は圧巻!そして赤く染まるナイルや、膨大なる蛙の発生に、イナゴが飛ぶシーンなどコレでもか!と見せつける。
モーゼに“お告げ”を与えるのが少年という発想がユニーク。

ラムセスが君臨するエジプトの豪華絢爛な宮殿…調度品や纏う衣装など素晴らしく美しい。古典もの大好きなのでこの手の映画は外せない。宗教には詳しくないがモーゼはもちろん知っているし、ラムセス2世も有名なる人物だし、映画はかなり興味深い。
エンディングでリドリー・スコットが本作を弟に捧げるとのメッセージがでる。

クリスチャン・ベールってウェールズ出身のUK俳優ながら、出演作はほとんどアメリカが舞台。初めて見た彼の映画はもちろんスピルバーグの「太陽帝国/1987」。でも余りに昔なのであまり記憶がない。2年ほど前だったかwowowで放送していたケネス・ブラナーの「ヘンリー五世/1989」のクリスチャン・ベールを見た。この時もまだ少年だったが、スゴくハンサムで記憶に残る。そして「ベルベット・ゴールドマイン/1998」。この映画は大好きなユアン・マクレガーが主演なので永久保存版にしてある。引っ張り出して見てみようクリスチャン・ベールを意識して…。

セシル・B・デミルの「十戒/1956」のモーゼ役はチャールトン・ヘストン。本作のクリスチャン・ベールの方がモーゼ役似合っている。“ダークナイト”シリーズのベールはとてもクールで、彼もお気に入りUK俳優の一人。「アメリカン・ハッスル」のようなコメディより古典ものが似合う気がする。
しかしラムセス役は「十戒」のユル・ブリンナーが断然良い。「十戒」は民放TVの吹き替え版で見た。今一度見てみたい字幕スーパーで…。
1998年に作られたアニメーション版の「プリンス・オブ・エジプト」も見た記憶があるが、今一度「十戒」と共に見てみたい。

少し前に、wowowで放映していた「キングダム・オブ・ヘヴン/2005」のディレクター・カット・バージョンを見た。12世紀、エルサレムを舞台に十字軍(ローマ・カトリック教徒)とイスラム教徒の戦いを描いた宗教をテーマにした重厚なドラマ。シアターで観ているが、ドラマを深く語るディレクター・カット・バージョンは実に良かった。リドリー・スコットは素晴らしい映画を作る監督だ。そういえば「グラディエーター/2000」が見たくなってきた。

TOHOシネマズ日劇
[PR]
by margot2005 | 2015-02-16 22:46 | UK | Trackback(8) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/20897449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2015-02-17 21:12
タイトル : エクソダス:神と王〜ISIL拘束事件に通じる驚愕
「日没までに要求を受け入れよ」 公式サイト。原題:Exodus:Gods and Kings。リドリー・スコット監督、クリスチャン・ベイル、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、アーロン・ ...... more
Tracked from 相木悟の映画評 at 2015-02-17 21:54
タイトル : 『エクソダス:神と王』 (2014)
装いも新たに甦る“十戒”伝説! 昨今、流行の新解釈聖書モノの真打ちであり、唸る部分も多いのだが…。 本作は、老いてなおエネルギーみなぎる巨匠リドリー・スコット監督作。SF、ミステリー、犯罪サスペンス、戦争アクションとなんでもござれのスコット監督。今回の題材...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2015-02-18 10:24
タイトル : エクソダス:神と王
叙事詩というより自伝的な。  ... more
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2015-02-19 23:06
タイトル : エクソダス:神と王
10の災いの映像は見応えあった。... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2015-02-21 09:15
タイトル : エクソダス:神と王 Exodus:Gods and Ki..
予告編をみて、イマイチっぽくね?、と思っていた。 ひょっとして「エクソダス」ではなく、「エ?クソだす」なんてくだらないギャグまで思いついた(笑) とはいえ、監督=リドリー・スコットと聞けば、観るしかない・・・ 何たって歴史物だけでも、「グラディエータ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2015-04-24 07:49
タイトル : モーゼの信念
7日のことですが、映画「エクソダス:神と王」を鑑賞しました。 紀元前1300年 エジプトの王家に養子として迎えられて育ったモーゼは、兄弟同然のエジプト王ラムセスとたもとを分かつ。 その裏には苦境にいる40万ものヘブライの人々を救わねばならないというモーゼの信...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2015-04-29 14:05
タイトル : イスラム建築の最高峰、スペインのイスラム文化の最後の輝き
アルハンブラ宮殿  Alhambra & Generalife  アルハンブラ宮殿は、イベリア半島最後のイスラム教国・ナスル朝が残した宮殿で、ムハンマド1世により建設は始まり、14世紀後半、第8代ムハンマド5世の時に王宮が完成した。グラナダ王国として260年の栄華を極めた難攻不落の城塞は、15世紀末にキリスト教国により陥落した。しかしその美しさゆえに破壊を免れ、その後も増築が繰り返されて、世界有数の宮殿となりました。  アルハンブラ宮殿は、なだらかな丘の頂上部は長さ 740 m 、幅 2...... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2015-06-14 13:24
タイトル : エクソダス:神と王
EXODUS: GODS AND KINGS 2014年 アメリカ 150分 アクション/歴史劇 劇場公開(2015/01/30) 監督: リドリー・スコット 『悪の法則』 製作: リドリー・スコット 出演: クリスチャン・ベイル:モーゼ ジョエル・エドガートン:ラムセス ジョン・タートゥーロ...... more
<< 「フィフティ・シェイズ・オブ・... 「ビッグ・アイズ」 >>