「ガンズ&ゴールド」

「Son of a Gun」2013 オーストラリア
a0051234_0233286.jpg
a0051234_0232389.jpg
a0051234_0231347.jpg
a0051234_023497.jpg

オーストラリア、バース。ある日、19歳のJRは軽罪で刑務所に送られる。そしてある時同房の男が刑務所内にはびこるレイプや暴力に耐えきれず自殺してしまう。不安に苛まれるJRに20年服役しているブレンダンが手を差し伸べる。ブレンダンはJRのチェスの才能に注目していたのだ。“俺が守ってやる!出所したら手を貸せ!”というブレンダンはJRにあることを持ちかける。
チェスは先を読み相手を追いつめチェックメイトに持ち込む。かつてブレンダンはチェスのごとく先々をよみ犯罪を成功させていた。JRの手引きで出所後犯罪組織のボス、サム・レノックスの家へと向かう。そこでサムがブレンダンに提案したのは製錬所を襲い450万ドルの金塊を盗むことだった...

JRに「マレフィセント/2014」のブレントン・スウェイツ。
ブレンダンに「8月の家族たち/2013」のユアン・マクレガー。
ターシャに「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮/2012」「アンナ・カレーニナ/2012」のアリシア・ヴィキャンデル。
サム・レノックスに「ディファイアンス/2008」「ハンター/2011」のジャセック・コーマン。
監督、脚本はジュリアス・エイヴァリー。

刑務所からの脱獄が滅茶大胆でクール!でも脱獄犯として指名手配されるブレンダンが捕まらないのは誠に不思議だが、映画だから良しとしてしまう。
かつて女に裏切られた経験を持つブレンダンはボスに通じているターシャとJRの親密な関係が気に入らない。しかしながらラストはJRとターシャにしてやられるブレンダンが気の毒ながら、清々しいラストだった。金(延べ棒)の製錬所を襲う場面はとてもスリリング。

JR役のオーストラリア出身のブレントン・スウェイツは、レビューは書いていないが今年の夏観たアンジェリーナ・ジョリーの「マレフィセント」の王子役。どこかで見た、見たと思っていたら彼だった。もう一人はターシャ役のスウェーデン人女優アリシア・ヴィキャンデル。古典ものの彼女しか知らないので、やはりどこかで見た?見た?と思いつつ思い出せず、オフィシャル・サイトで知った次第。
ユアン・マクレガーは「シャロウ・グレイブ/1994」以来の大ファン。本作、シアターでの予告は観てないが、手にしたチラシが気になって観に行ってしまった。既に都内での上映は終了している。
昨今穏やかな役柄が多いユアンのとてつもない過激な役柄に驚きつつもナイスだ。若かりし頃、スーパー級に過激なジャンキーを演じた「トレインスポッティング/1996」がまたまた観たくなってしまった。

池袋シネマ・サンシャイン(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2014-12-03 00:28 | UK | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/20459950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2014-12-31 13:24
タイトル : ガンズ&ゴールド
評価:★★★☆【3.5点】(09) これは“愛”をテーマにした青春活劇か(笑)... more
<< 「オオカミは嘘をつく」 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 >>