「ウイークエンドはパリで」

「Le Week-End」…aka「A Weekend in Paris」2012 UK/フランス
a0051234_19254483.jpg
a0051234_19253672.jpg
a0051234_19252611.jpg
a0051234_19251617.jpg
a0051234_1925686.jpg
a0051234_19245872.jpg
a0051234_19232159.jpg

英国に住むニックとイヴはハネムーンで訪れたパリへと結婚30周年記念旅行に出かける。しかしたどり着いたモンマルトルのホテルはエレベーターもない狭い屋根裏部屋。案の定イヴは不満たらたらホテルを飛び出し、タクシーを捕まえ高級ホテルに乗り込む...

ニックに「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」のジム・ブロードベント。
メグに「理想の結婚/1999」「トスカーナの休日/2003」のリンゼイ・ダンカン。
モーガンに「ジュラシック・パーク/1993」「グランド・ブタペスト・ホテル/2013」のジェフ・ゴールドブラム。
モーガンの息子マイケルに「ガリバー旅行記/2010」のオリー・アレクサンデル。
モーガンの妻イヴにジュディス・デイヴィス。
監督は「ノッティングヒルの恋人/1999」「Jの悲劇/2004」「私が愛した大統領/2012」のロジャー・ミッシェル。

シアターで予告は何度も観たが、決してロマンティックなドラマではないと想像していた。で、かなりのシニカルな展開でわたし好みで見応えがあった。まぁ熟年夫婦のただのパリ旅行じゃつまらないし..大好きなパリの景色がスクリーンで見れて最高!またまたパリに行きたくなる。
エトワール、エッフェル、モンマルトルのサクレクール寺院、そしてサルトルの墓を探しにモンマルトル墓地でまで撮影されている。彼らが滞在したホテルは英国の元首相トニー・ブレアも泊まったという超高級ホテル、プラザ・アテネ。そのベランダからエッフェルが見える。おまけでニックの友人モーガンはパリの中心地リヴォリ通りの高級アパルトマンに住んでいるという設定。

はずみで泊まったプラザ・アテネの請求書に愕然とし支払えないことが判明する。そういえばディナーを楽しんだ高級レストランでも支払いをしてなかったはず…逃げていたような..。
温和で頼り無さげな夫と強くてエネルギッシュな妻の組み合わせがスゴく良い。
地味ながらも味のある性格俳優ジム・ブロードベントと「トスカーナの休日」で印象深かったリンゼイ・ダンカンのカップルが絶妙だ。

モーガンはかつてケンブリッジ大学でニックの下級生だった。当時ニックはモーガンのことをバカにしていたが、今や大学をクビになったニックと、作家として成功し、パリの高級アパルトマンに若くて美しい妻と暮らすモーガンが対照的。ラストは結局モーガンに救いを求めざるを得ない状況と化したニックの姿が実にシニカルで面白い。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-10-16 23:29 | UK | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/20294754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「リスボンに誘われて」 「バツイチは恋のはじまり」 >>