「美しい絵の崩壊」

「Adore」…aka「Two Mothers」2013 オーストラリア/フランス
a0051234_22551687.jpg

リルに「夫以外の選択肢/2004」「ザ・バンク 堕ちた巨像/2009」「愛する人/2009」「映画と恋とウディ・アレン/2011」「ドリーム・ハウス/2011」「インポッシブル/2012」のナオミ・ワッツ。
ロズに「こわれゆく世界の中で/2006」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「消されたヘッドライン/2009」「50歳の恋愛白書/2009」「ドラゴン・タトゥーの女/2011」「声をかくす人/2011」のロビン・ライト。
イアンに「もうひとりのシェイクスピア/2011」のゼイヴィア・サミュエル。
トムに「アニマル・キングダム/2010」のジェームズ・フレッシュヴィル。
ロズの夫ハロルドに「ダークナイト ライジング/2012」「アニマル・キングダム」のベン・メンデルソーン。
イアンの妻ハンナにソフィー・ロウ。
トムの妻マリーにジェシカ・トヴェイ。
原案、監督に「恍惚/2003」「ココ・アヴァン・シャネル/2009」のアンヌ・フォンテーヌ。
原案、脚本は「危険な関係/1988」「つぐない/2007」「わたしの可愛い人-シェリ/2009」「危険なメソッド/2011」の脚本家クリストファー・ハンプトン。
原作はドリス・レッシングの“グランド・マザーズ”。

オーストラリア東海岸に住むリルとロズは大親友で家も近く、それぞれに一人息子がいる。母親同様息子たちも大親友で、家族ぐるみの付き合いが続いている。やがて二人の息子イアンとトムは母親自慢の美しい青年に成長する。リルは亡夫の会社を引き継ぎ船会社を経営している。一方でロズも画廊を持ち充実した生活を送る日々。そんなある日、ロズの夫ハロルドから都会への引っ越しの話が持ちかけられる…

リルは既に夫を亡くしていたが、イアンに“愛している!”と言われ、美しく若い男の誘惑に勝てなかったロズにはまだ夫がいた(後に別れている)。夫ハロルドがいながら若い男と、それも親友の息子…イアンはロズのことを母親のようだとも語っている…と関係を持ったなんて、なんとインモラル!なのだろうと思いながらもドラマを楽しんだ。
監督はもちろん女性。本作は男性の感性では描けないのでは?と切に感じる。そういや「恍惚」も女性が創る女性の世界だ。

浜辺にいるTwo Mothersが、“見て!美しいわ!わたしたちが創ったアドニスよ!”自分たちの息子をアドニス(ギリシャ神話に登場する美少年)!呼ばわりするTwo Mothersが恐ろしい。やがてその後アドニスたちと抜き差しならない関係を持ってしまうTwo Mothersも恐ろしいし、息子が結婚し、祖母となっても全く変わらないTwo Mothersがますます恐ろしい。原作のタイトル“グランド・マザーズ”が興味深い。
レズビアンの噂を逆利用し、本能のままに生きるTwo Mothersがスゴ過ぎる。
邦題は少々違和感ありかな?

映画を観終わってメリナ・メルクーリ主演の「死んでもいい(Phaedra)/1962」を思いだした。
ギリシャ海運王の娘フェードラは義理の息子アレキシスを愛してしまい、彼の未来の妻に嫉妬し自殺を図る。そしてアレキシスも車の事故で亡くなる…といった破滅の恋物語。
その後40年が経過し本作は「死んでもいい」より以上に禁断の恋のように思えるが、21世紀の今なら許されるのだろうか?…なんて思ってしまった。

ロビン・ライトはお気に入り女優の一人だが、多分一番好きな女優かも知れない。あの憂いを帯びた彼女の雰囲気が素晴らしく素敵。

新宿武蔵野館にて
[PR]
by margot2005 | 2014-06-22 23:42 | MINI THEATER | Trackback(6) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/19926928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2014-06-24 18:08
タイトル : 美しい絵の崩壊〜上げ潮と引き潮が交わる所
公式サイト。オーストラリア=フランス。原題:Adore、またはTwo Mothers。原作:ドリス・レッシング「グランド・マザーズ」、アンヌ・フォンテーヌ監督。ナオミ・ワッツ、ロビン・ライ ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2014-06-24 21:52
タイトル : 美しい絵の崩壊
 『美しい絵の崩壊』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)これはナオミ・ワッツが出演するからというので映画館に行きました。  本作の舞台はオーストラリアの東海岸。  リル(ナオミ・ワッツ)とロズ(ロビン・ライト)は、幼い頃から近所同士でとても仲が良い二人(注1...... more
Tracked from 象のロケット at 2014-07-01 13:56
タイトル : 美しい絵の崩壊
オーストラリア東海岸の入江。 双子の姉妹のように育ったロズとリルには、同い年の息子がいて、息子たちも親友同士だった。 ところが、ロズはリルの息子イアンと、リルはロズの息子トムと、それぞれが一線を越えた関係を持ってしまう。 許されないことだと分かってはいても、2組の男女は離れられない間柄となっていく…。 メロドラマ。 R-15... more
Tracked from Nice One!! .. at 2014-07-16 12:47
タイトル : 『美しい絵の崩壊』 (2013) / オーストラリア・フ..
原題: Two Mothers 監督: アンヌ・フォンテーヌ 出演: ナオミ・ワッツ 、ロビン・ライト 、ゼイビア・サミュエル 、ジェームズ・フレッシュ 公式サイトはこちら。 子どもの頃から親友として育ったロズとリルは、お互いの10代の息子たちも交え、家族ぐるみの...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2014-07-20 23:45
タイトル : 美しい絵の崩壊/TWO MOTHERS/ADORE
英国のノーベル賞作家ドリス・レッシングの原作を、「ココ・アヴァン・シャネル」の監督&脚本や、 「クロエ」の脚本家、フランスのアンヌ・フォンテーヌが映画化。 原題「TWO MOTHERS」ってあまりに短絡的。 だからといって、このカッコよさげな邦題。 だけど...... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2016-01-07 21:30
タイトル : 『美しい絵の崩壊』(2013)
幼い頃からの親友同士のロズとリル。それぞれの息子トムとイアンも仲が良く、二組の親子は美しい海辺の街で、あたかも一つの大きな家族のような生活を満喫していた。だがある夏、イアンはロズへの秘めた想いをぶつけてくる。息子同然のイアンからの告白に戸惑いながらも、ロズはイアンとの関係を持ってしまう。またそれを知ったトムもリルと一線を越えてしまう。甘美な幸せに酔いしれる四人だったが、その禁断の愛は当人たちだけでなく、その周囲を取り巻く人々の運命も狂わせていく……。主演がロビン・ライトとナオミ・ワッツだから成立する映...... more
Commented by rose_chocolat at 2014-07-16 12:48 x
この2人の女優さん、絵になりますね。
2人とも大好きです。この作品にぴったりでした。彼女たちしかできない役ですね。
Commented by margot2005 at 2014-07-24 19:54
rose_chocolatさん、レスが遅くなってごめんなさい。

さて本作はホントに女優が良いですね。ナオミ・ワッツはそれほどでもないですが、ロビンは大好きな女優です。でもナオミ・ワッツはキュートな顔ながらアブノーマルな女性役が似合います。
<< 「インサイド・ルーウィン・デイ... 「カニバル』 >>