イタリア映画祭2014...「無用のエルネスト」

「L'ultima ruota del carro」…aka「The Fifth Wheel」2013 イタリア
a0051234_23224115.jpg

エルネストに「ナポレオンの愛人/2006」「NINE/2009」「家の主たち/2012」のエリオ・ジェルマーノ。
友人ジャチントにリッキー・メンフィス。
妻アンジェラに「ローマでアモーレ/2012」のアレッサンドラ・マストロナルディ。
エルネストの父親にマッシモ・ヴェルトミュラー。
監督は「イタリア的、恋愛マニュアル/2005」「昼下がり、ローマの恋/2011」のジョヴァンニ・ヴェロネージ。

エルネストの人生で彼の存在は“無用の代物”というタイトルが寂しいがドラマはハート・ウォーミング・コメディ。
子供時代サッカーも勉強もダメなエルネストは父親から“無用の代物”と烙印される。
生きて行くために室内装飾、学校給食の調理、引っ越し屋、エキストラとあらゆる職業に就いたエルネストは父親と一緒に室内装飾の仕事に就いている時出会ったアンジェラと結婚し息子をもうける。室内装飾の仕事を辞め、一時期調理の仕事もしたが、それも辞め幼なじみの友人ジャチントに誘われ引っ越し屋を始める。やはり一時期ジャチントの誘いで社会党議員が経営する会社に就職するが、汚職の摘発で会社は倒産。またもや引っ越し屋に逆戻りしてしまう。

78年、父親と室内装飾をしていた折、モーロ首相暗殺事件に遭遇したり、82年、ワールドカップでイタリアが優勝して驚喜するエルネスト。そして引っ越し屋時代に知り合った現代美術の画家との出会いと別れなどなどのエピソードを挟みながら展開するドラマは少々ダラダラとしてはいるがまぁまぁのストーリーだった。

エリオ・ジェルマーノはイタリア映画祭2007の「ナポレオンの愛人/2006」で初めてお目にかかった。「家の主たち/2012」で久方ぶりにお目にかかり、イタリア映画祭2010で上映された「我らの生活/2010」をwowowでの放映で見ることができた。これが中々素敵なドラマで時間があればレビューを書こうと思う。
本作もエリオ・ジェルマーノが主演で70年代~2010年代までの40年を演じている。
[PR]
by margot2005 | 2014-05-14 23:26 | 映画祭 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/19796329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「8月の家族たち」 イタリア映画祭2014...「... >>