「チョコレートドーナツ」

「Any Day Now」 2012 USA
a0051234_2242688.jpg

ルディ・ドナテロに「バーレスク/2010」「テンペスト/2010」のアラン・カミング。
ポール・フラガーに「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」「ノーカントリー/2007」「ザ・ロード/2009」のギャレット・ディラハント。
マルコ・ディレオンにアイザック・レイヴァ。
マ イヤーソン判事に「タイタニック/1997」「告発のとき/2007」のフランシス・フィッシャー
ポールの上司ランバートに「スーパー!」のグレッグ・ヘンリー。
マルコの母親マリアンナ・ディレオンに「きみに読む物語/2004」のジェイミー・アン・オールマン。
監督/脚本/製作は「17歳のカルテ/1999(出演)」のトラヴィス・ファイン。

1979年、アメリカ。ゲイのルディはショーダンサー。口パクで歌うことに甘んじる日々だが本当はシンガーを夢見ている。ある夜、ルディは客席に一人の男を見つける。そして再びルディのパフォーマンスを見に来た彼はポールという名の弁護士だった。急速に惹かれ合う二人は恋に落ちる。
一方である日、ルディの隣人であるジャンキーのマリアンナが逮捕される。そして息子マルコが施設に送られる。以前からダウン症の少年マルコが気がかりだったルディは母親にマルコを引き取りたいと直訴する...

母親に見捨てられたマルコに父親はもちろんいない。今、ルディとポールが母親であり父親の存在。
特殊学校で催される父母参観でマルコはアメリカ合衆国国家を歌う。一生懸命歌うマルコに目を潤ますルディとポールを見てもらい泣きしそうだった。
最近やけに実話が多いが、本作はその中でも最高!の一作で今年のMYBESTに入れたい。

70年代終盤。ゲイ・カップルは世間にそれを知られてはマズかった。ポールの上司は二人の関係を知り彼を解雇している。ルデイはマルコを取り戻すべく裁判に挑むが、ゲイと分り裁判官は難色を示す。
マルコの母親はジャンキーで男を部屋に連れ込む間マルコを廊下に追い出すのだ。なんという!母親!とあきれ返り、子育て放棄の実母よりルディとポールの方がよっぽどマルコに愛情を注ぐわけだが、差別と偏見には勝てなかったのだ。
ドラマの結末があまりにも悲しい。実話ゆえ尚更悲しくなる。
邦題はマルコの大好きな食べ物“チョコレートドーナツ”に所以する。

トニー賞受賞俳優のアラン・カミングが素晴らしい。“Come To Me”“Love Don't Live Here Anymore”そしてボブ・ディランの“I Shall Be Released”のパフォーマンスも素晴らしかった。特に“Come To Me”良かったな。
アラン・カミングはもちろんのこと…ポール役のギャレット・ディラハントもアイザック・レイヴァもナイス。ギャレット・ディラハントのこんな役柄は珍しくちょっと驚き。
いつも思うのは俳優てやるなぁ!とほんとしみじみ思う。ゲイ役でオスカーをゲットした「ダラス・バイヤーズ・クラブ/2013」のジャレッド・レト同様アラン・カミングが適役で上手い。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-05-03 22:58 | MINI THEATER | Trackback(16) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/19757363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2014-05-13 10:17
タイトル : 「チョコレートドーナツ」
70年代のアメリカを舞台にした実話に基づくヒューマンドラマ、「チョコレートドーナ... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2014-05-17 03:28
タイトル : 映画:チョコレート・ドーナツ Any Day Now 一..
基本プロットは「家族の愛情」 なのだが、タイトルにもしたように「一味違う」プロット。 でも一味違っても、家族は家族。 あまりストーリーに触れたくないので、非常に書きにくい... 映画中、時代がぼやかされて描かれている。 また展開される差別に、少し時代的な...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2014-05-19 12:26
タイトル : 「チョコレート ドーナツ」
冒頭、顔の汚れた男の子が人形を抱いて夜道を歩くシーンを見て、いやな予感がした。この作品が「お涙頂戴」だったらイヤだな、と。しかしそれは全くの杞憂であった。「お涙頂戴」の所は全然無い作品。「涙する」シーンはもちろんあるけど(実際私の隣で鑑賞していた若い男性はしゃくりあげる位号泣していた)、「心温まる」という表現とも少し違うし、何と言えばいいのか…。となると、ありきたりな表現しかなく、「良い作品」。心深く染み込む、「良い作品」。素直に心に正直に生きようとしても、それが難しい世の中に、いや、世の中だけでなく...... more
Tracked from マンガデシネ at 2014-05-26 16:02
タイトル : 『チョコレートドーナツ』(映画)(2012)ー怒りのぶっ..
 トラヴィス・ファイン監督『チョコレートドーナツ』を観てきましたよ。70年代アメリカの実話に基づいたというこの映画。ずいぶん客の入りが良いな、これは何かあるな、と思 ...... more
Tracked from 読書と映画とガーデニング at 2014-05-27 16:57
タイトル : 映画・チョコレートドーナツ
原題 ANY DAY NOW2012年 アメリカ 1970年代のアメリカ・ブルックリンでの実話がもとになっています 1979年、カリフォルニアベッド・ミドラーのようなシンガーを夢見ながらも女装してショーダンサーで日銭を稼ぐルディ(アラン・カミング)正義を信じながらも...... more
Tracked from 黄昏の冬じたく at 2014-05-28 23:58
タイトル : チョコレートドーナッツ ~ 家族でありたい
1970年代のアメリカ・・・ 実際にあった話を基に、母に見捨てられたダウン症の少年といっしょに暮らすため、司法や周囲の偏見と闘うショーダンサーと弁護士のゲイカップルの姿を描いたヒューマンドラマ。 監督のトラヴィス・ファインは、モデルになった男性と同じアパートに住んでいたライターの手になるこのシナリオを読んで、思わず涙を流したと云います。 そして、無償の愛情に支えられた彼らの心のふれあいを、温かいまなざしで描き出しました。 1979年カリフォルニア・・・ 歌手を目指しているショーダ...... more
Tracked from 相木悟の映画評 at 2014-05-29 11:26
タイトル : 『チョコレートドーナツ』 (2012)
マイノリティが訴えかける真の家族愛! 不条理な世の中に憤り、さらにその先を見据える良作であった。 一昔前より理解は深まったとはいえ、日本を含む各国では依然として同性愛者は結婚が認められず、社会保障が受けられない等、生きていく上で不遇な立場に甘んじてい...... more
Tracked from 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 at 2014-06-27 19:50
タイトル : [映画][☆☆☆☆★]「チョコレートドーナツ」感想
 1970年代、アメリカで実際に起きた出来事を基に、同じアパートに住んでいたジョージ・アーサー・ブルームが書き起こしたシナリオを、俳優出身のトラヴィス・ファイン監督、「007/ゴールデンアイ」のアラン・カミング×「LOOPER/ルーパー」のギャレット・ディラハ... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2014-07-02 13:33
タイトル : ふたりのパパ~『チョコレートドーナツ』
 ANY DAY NOW  1979年、カリフォルニア。ショーダンサーのルディ(アラン・カミング)は、客 として店を訪れた検事のポール(ギャレット・ディラハント)と出逢い、恋に落ち る。時を同じくして、ルディはアパートの隣室に住むダウン症の少年マルコ(ア イザック・レイヴァ)が麻薬中毒の母親に置き去りにされたことを知り、ポール と三人で暮らし始める。 ...... more
Tracked from 映画好きパパの鑑賞日記 at 2014-07-07 08:49
タイトル : チョコレートドーナツ
 ミニシアターで空前のヒットとなり、僕も一度銀座の映画館へ行ったけど、満席で入れなかったことがあります。ようやく見たけれど、もう少しじっくり描けばよいのに、ちょっとあざとい気もしました。  作品情報 2012年アメリカ映画 監督:トラヴィス・ファイン …... more
Tracked from にきログ at 2014-07-13 01:43
タイトル : チョコレートドーナツ  感想
久しぶりの映画感想ですね 話題になっていた作品のようで、見に行こうと誘われたため鑑賞 相も変わらず事前情報なしで見た映画ですがよかったですね 自分は事前情報を入れると勝手にハードルが上がったりして楽しめないことがあるので(笑) あらすじ 1979年カリフォルニア、歌手を目指しているショーダンサーのルディ(アラン・カミング)と弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)はゲイカ...... more
Tracked from C’est joli〜こ.. at 2014-08-16 23:31
タイトル : チョコレートドーナツ
チョコレートドーナツ '12:米 ◆原題:ANY DAY NOW ◆監督:トラヴィス・ファイン ◆主演:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ、フランシス・フィッシャー、グレッグ・ヘンリー、ジェイミー・アン・オールマン、クリス・マルキー、ドン...... more
Tracked from MOVIE BOYS at 2014-12-11 19:49
タイトル : チョコレートドーナツ/マルコの笑顔は輝いていた
1970年代のアメリカ・ブルックリンで実際にあった話をもとに、ジャンキーの母親に育児放棄されたダウン症の少年と家族になったゲイカップルの物語を描いた人間ドラマ。メインキャストを『バーレスク』のアラン・カミング、『ノーカントリー』のギャレット・ディラハント、そして実際に障害を抱えながらも俳優を志し、本作でデビューしたアイザック・レイヴァの3人が務めている。... more
Tracked from ミニシアターで映画を at 2015-01-28 15:13
タイトル : チョコレートドーナツ|たった一つの願いは家族になることだった
5!予告観た時に既に泣いちゃって、 本編観た時は覚悟してたのにやっぱり泣いちゃった。 世界の片隅で誰にも気づかれずに存在していた僕たちが家族になった。 誰にも気づかれないちっぽけな存在は尊重されないのか? 誰にも気づかれないちっぽけな存在は存在する価値がないのか? たった一つの願いは家族になることだった。 たった一つの望みは家族になることだった。... more
Tracked from 映画に耽溺 at 2015-02-26 13:51
タイトル : チョコレートドーナツ
う~~~ん 久しぶりに歌を聞いて泣くという状況に陥ってしまった。 アランカミング絶唱。 チョコレートドーナツです。原題は「ANY DAY NOW」 日本語にすると「今すぐにでももうすぐに」ってな感じかな? なにが「今すぐに」なんだろう?「もうすぐに」なにが起こるんだろ…... more
Tracked from ペパーミントの魔術師 at 2015-09-10 18:48
タイトル : どんな愛の形があってもいいのに。〜「チョコレートドーナツ」〜
天才スピヴェット同様去年見そびれた作品のGyaO鑑賞。 なるほど、すごい問題作で、こんなええ作品だとは思ってなかった。 重たかったな〜・・・・。 ストーリー: 1979年カリフォルニア、歌手を目指しているショーダンサーのルディ(アラン・カミング)と弁護士のポ...... more
Commented by セレンディピティ at 2014-05-13 10:48 x
こんにちは。
切ないラストには胸がしめつけられましたが
心に残るすばらしい作品でした。
ルディとポール、どちらも魅力的で、2人が恋に落ちたのが
自然なことのように感じられました。
3人のアンサンブルがすばらしかったです。

アラン・カミングが歌うjazzyなCome To Me、すてきでしたね☆
Commented by margot2005 at 2014-05-17 00:11
セレンディピティさん、こんばんは。

ラスト悲し過ぎました。見終わってちょっと立ち上がれなかったくらい...。

ルディとポールは実在の人物ですが、演じる二人の俳優が素晴らしかったです。
>jazzyなCome To Me素敵でした。アラン・カミング上手いですね。感動です。
<< イタリア映画祭2014...「... 「アデル、ブルーは熱い色」 >>