「ほっ」と。キャンペーン

「ウォルト・ディズニーの約束」

「Saving Mr. Banks」USA/UK/オーストラリア
a0051234_1821059.jpg

P.L.トラヴァースに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった/2006」「パイレーツ・ロック/2008」「新しい人生のはじめかた/2008」「17歳の肖像/2009」のエマ・トンプソン。
ウォルト・ディズニーに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「天使と悪魔/2009」「キャプテン・フィリップス/2013」のトム・ハンクス。
ラルフに「幻影師アイゼンハイム/2006」「私がクマにキレた理由(わけ)/2007」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~/2009」「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」「それでも夜は明ける/2013」のポール・ジアマッティ。
ドン・ダグラディに「キャビン/2011」のブラッドリー・ウィットフォード。
リチャード・シャーマンに「マリー・アントワネット/2006」「ダージリン急行/2007」のジェイソン・シュワルツマン。
ロバート・シャーマンに「イングロリアス・バスターズ/2009」のB.J.ノヴァク。
ドリーにメラニー・パクソン。
トミーに「ジェイン・オースティンの読書会/2007」「新しい人生のはじめかた」「マシンガン・プリーチャー/2011」のキャシー・ベイカー。
トラヴァース・ゴフに「トータル・リコール/2012」のコリン・ファレル。
マーガレット・ゴフに「アンナ・カレーニナ/2012」のルース・ウイルソン。
ギンティにアニー・ローズ・バックリー。
おばエリーに「ほんとうのジャックリーヌ・デュ・プレ/1998」のレイチェル・グリフィス。
監督は「しあわせの隠れ場所/2009」のジョン・リー・ハンコック。
a0051234_18223040.jpg

a0051234_18213446.jpg
a0051234_18212321.jpg
a0051234_18211322.jpg

1961年、L.A.、ハリウッド。大物プロデューサーであるウォルト・ディズニーはP.L.トラヴァースの書いた児童小説”メリー・ポピンズ”の映画化に躍起になっていた。それは娘との約束でもあり、彼の悲願だった。
一方でロンドンに住むP.L.トラヴァースは気乗りしないながらL.A.行きの飛行機に乗る...

シアターで予行篇を何度も観、エマ・トンプソンとコリン・ファレルの出演に俄然観たくなりシアターへ…。映画メリー・ポピンズは観ているが、原作者パメラ・トラヴァース(P.L.トラヴァース)の本は多分読んだことはないと思う。パメラ・トラヴァースは英国では著名なる児童文学作家。

ハリウッドの大物映画プロデューサー、ウォルト・ディズニーとお固い英国女性のP.L.トラヴァースとの掛け合いが実に面白い。ファースト・ネームで呼ばれることをかたくなに拒否するミセス・トラヴァース…実際はシングルなのに…。

エマ・トンプソンとトム・ハンクスはもちろんのこと、脇を固める脚本家のドン、ミュージック担当のシャーマン兄弟、そしてディズニーの秘書のドリーとトミーの存在もナイスだが、何といってもショーファー(おかかえ運転手)のラルフが最高。
たまにこういった趣向の映画を観るのも素敵だ。ウォルト・ディズニーの過去や、パメラ・トラヴァースのそれも知る事となり少々感動する。

P.L.トラヴァースのオーストラリアの子供時代と、1960年代のハリウッドを交差させながら展開するドラマはナイスだった。
オーストラリア時代に登場するギンティと父親トラヴァースはとても仲の良い親子。父親は銀行に勤めるものの酒浸りの日々で、あげく命を落としてしまう。
原タイトル“Saving Mr. Banks”はここに由来する。メリー・ポピンズに登場する銀行家Mr. Banksとギンティの父親トラヴァース・ゴフが被る。“Savings (貯金)”と“Saving Mr. Banks”も掛け合わせている様子。

大好きなコリンは相変わらずゴージャス。エマ・トンプソンもお気に入り女優一人で、頑固な役柄は彼女にぴったり。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2014-04-19 20:14 | MINI THEATER | Trackback(11) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/19697013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2014-04-19 22:44
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
アイルランドとカリフォルニアの相性の問題 公式サイト。原題:Saving Mr. Banks。ジョン・リー・ハンコック監督、エマ・トンプソン、トム・ハンクス、コリン・ファレル、アニー・ロー ...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2014-04-20 18:46
タイトル : 映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. ..
ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)をリバイバル名画座で、初めて観た時のことを良く覚えている。 高校受験が無事に終了、放心状態に陥っていた私に、母が名作だし行ってきたらと水を向けたのだ。 その時の感想は… ガキ向け映画だと舐めていたら、いい意味で...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2014-04-20 18:47
タイトル : DVD:「メリー・ポピンズ」 そう「ウォルト・ディズニー..
先週末に鑑賞した「ウォルト・ディズニーの約束」Saving Mr. Banks は、「メリー・ポピンズ」(1964)製作過程を描く映画。 直後にアップした記事から以下。 <20年断り続けてきた「メリー・ポピンズ」原作者の"P・L"・トラバース (エマ・トンプソン) ...... more
Tracked from 象のロケット at 2014-04-21 21:39
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
“ミッキーマウス”の生みの親で、記録的なアカデミー賞受賞歴を誇る映画人ウォルト・ディズニー(1901〜1966)。 彼はイギリス在住の女流作家P(パメラ).L.トラヴァース(1899〜1996)の小説「メリー・ポピンズ(メアリー・ポピンズ)」の映画化を決意する。 しかしパメラは、脚本も音楽も気に入らないと言い、映画化を拒み続けるのだった…。 名作映画『メリーポピンズ』(1964年製作)誕生秘話。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2014-04-29 20:19
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)...... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2014-04-29 22:34
タイトル : 映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバ..
映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”が活躍する児童小説『メリー・ポピンズ』の映画化を20年間熱望しているが、なぜか原作者のパメラ・...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2014-04-30 14:56
タイトル : メリー・ポピンズ/父の娘~『ウォルト・ディズニーの約束』..
 SAVING MR. BANKS  1961年。児童文学の世界的ベストセラー 『メリー・ポピンズ』 の原作者P. L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ロサンゼルスに向かう。ディズニーラン ドの創業者にしてハリウッドの大物プロデューサーであるウォルト・ディズニー (トム・ハンクス)から、20年来持ち掛けられている映画化オファーの契約の ためであったが...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2014-05-05 08:47
タイトル : 「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え!
「アナと雪の女王」が世界中で大ヒット、ディズニーの黄金期がまた訪れたとも言える現... more
Tracked from C’est joli〜こ.. at 2014-05-11 23:07
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
ウォルト・ディズニーの約束 '13:米 ◆原題:Saving Mr. Banks ◆監督:ジョン・リー・ハンコック「しあわせの隠れ場所」「アラモ」 ◆主演:トム・ハンクス、エマ・トンプソン、コリン・ファレル、ポール・ジアマッティ ◆STORY◆夢のある映画を作り人々を喜ばせてきた...... more
Tracked from いやいやえん at 2014-08-08 08:24
タイトル : ウォルト・ディズニーの約束
なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話です。とにかく役者が巧い。最初は、偏屈で映画化に難癖ばかりつける鼻持ちならないトラヴァース夫人。しかし、なぜ、トラヴァース夫人は作品にここまでこだわるのか、さらにウォルト...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2014-10-20 00:33
タイトル : メリー・ポピンズが出来るまで、
3日のことですが、映画「ウォルト・ディズニーの約束」を鑑賞しました。 ウォルト・ディズニーは娘が愛読している児童文学「メリー・ポピンズ」の映画化を熱望し、原作者パメラ・トラバースに打診する。 映画の製作者たちが提案する脚本のアイデアをことごとく却下、なぜ...... more
<< 「LIFE!/ライフ」 「フルートベール駅で」 >>