「家族の灯り」

「O Gebo e a Sombra」…aka「Gebo et l'ombre」「Gebo and the Shadow」2012 ポルトガル/フランス
a0051234_21134712.jpg

ジェボに「そして、デブノーの森へ/2004」「ミュンヘン/2005」「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「神々と男たち/2010」「楽園からの旅人/2011」のミシェル・ロンズデール。
ドロテイアに「鞄を持った女/1961」「山猫/1963」「ブーベの恋人/1963」のクラウディア・カルディナーレ。
ソフィアにレオノール・シルヴェイラ。
ジョアンにリカルド・トレパ。
カンディアに「死刑台のエレベーター/1957」「黒衣の花嫁/1968」「ぼくを葬る/2005」「クロワッサンで朝食を/2012」のジャンヌ・モロー。
シャミーソにルイス・ミゲル・シントラ。
監督、脚本は「コロンブス 永遠の海/2007・ノン、あるいは支配の空しい栄光/1990」「ブロンド少女は過激に美しく/2009」のマノエル・ド・オリヴェイラ。
レオノール・シルヴェイラ/リカルド・トレパ/ルイス・ミゲル・シントラの三人はオリヴェイラ監督の常連俳優。
a0051234_21151196.jpg
a0051234_2115287.jpg
a0051234_2114496.jpg
a0051234_21143994.jpg
a0051234_21143026.jpg
a0051234_21142267.jpg
a0051234_21142944.jpg

老人ジェボは帳簿係として細々と生活している。その帳簿係も会社のお情けから続けられている有様。ジェボは妻ドロテイアと息子の妻ソフィアの三人暮らし。愛する息子ジョアンは8年前に疾走以来戻って来ない。しかしある夜ジョアンがいきなり帰ってくる。ジョアンの出現で穏やかな生活が乱れ始め3人は動揺し始める...

原タイトルは“ジェボと影”。邦題の“家族の灯り”はスーパー級に家族思いのジェボからきているのかも知れないが、かなり短絡的につけた模様。

マノエル・ド・オリヴェイラ映画を鑑賞したのは「クレーヴの奥方/1999」「夜顔/2006」以来6作目。
昨年の9月に渋谷で上映されたオムニバス作品の「ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区/2012」は見損なってしまった。wowowでの放送を期待したい。

主人公のミッシェル・ロンズデールは「楽園からの旅人」では神父を演じていた。本作では貧しいが、穏やかで心優しいジェボ役が似合っている。
懐かしのクラウディア・カルディナーレはwowowで放送されたジャン・デュジャルダン主演の「海の上のバルコニー/2010」で母親を演じていて、あまりにもおばあさんで驚いた。それというのもメイクが濃かったから余計に顔年齢が強調されていて…本作では濃いメイクではないのと、全編暗いシーン(ランプの時代)であるため、ジャンヌ・モロー同様顔年齢が強調されることはない。年を重ねた女優は照明を落とした映画に出演すべし!かも知れない。ジュンヌ・モローがキュートなのだ。
カルディナーレ映画は昨年11月に渋谷のル・シネマで公開されていた「ふたりのアトリエ 〜ある彫刻家とモデル/2012」を見逃してしまっている。

オリヴェイラ映画はどれもこれも舞台劇を見ているような雰囲気がある。本作はそれの最たるもので、クラシックなMusic(シベリウス)が流れる中、シーンはジェボの家のリヴィングルームが90%以上。ジェボとドロテイア、ジェボとソフィアの語らい。そしてジェボとドロテイアとソフィアの元へ隣人のカンディアやシャミーソが訪れ語らいが始まる。原作が戯曲であることを知り、道理でであった。
しかしながらあの唐突なるエンディングには驚き。

神保町 岩波ホールにて
[PR]
by margot2005 | 2014-03-11 21:27 | ヨーロッパ | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/19557036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2014-03-15 19:13
タイトル : 家族の灯り
ある街で帳簿係として働く老人ジェボは、妻ドロティア、息子の嫁ソフィアと暮らしていた。 息子ジョアンは8年前から行方不明で、一家はその帰りを待ちわびている。 しかし、ジェボは息子の居場所を知りながら家族には秘密にしていたのだった。 そんなある日、突然ジョアンが帰って来る。 いくら母親に尋ねられても、ジョアンはそれまでどこに居たかを語ろうとしないのだが…。 ヒューマンドラマ。  ... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2014-03-22 13:39
タイトル : マノエル・ド・オリヴェイラ監督『家族の灯り(GEBO A..
注・内容に触れています。100歳を超えてなお現役の映画監督であるマノエル・デ・オリヴェイラ監督による新作!!『家族の灯り(GEBO AND THE SHADOW)』出演はマイケル・ロンズデール、クラウ... more
Tracked from 黄昏の冬じたく at 2014-04-30 11:47
タイトル : 家族の灯り ~ 絵画のような舞台劇
100歳を超えてまだ現役の映画監督であり続ける巨匠マノエル・ド・オリヴェイラが、同じくポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に映画化を手がけた家族の物語。 小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、その妻の姿が描かれます。 ヨーロッパの小さな港町・・・ 年老いたジェボは妻ドロテイアと息子の妻ソフィアのために、お情けで会社の帳簿係として雇ってもらい、裕福ではないながらも3人肩寄せあって暮らしていた。 しかし、8年前に行方がわからなくなった息子ジョアンに会いたいと...... more
<< 「それでも夜は明ける」 「大統領の執事の涙」 >>