「メイジーの瞳」

「What Maisie Knew」 2012 USA
a0051234_223519.jpg

スザンナに「クロエ/2009」のジュリアン・ムーア。
リンカーンに「メランコリア/2011」「ザ・イースト/2013」のアレキサンダー・スカルスガルド。
ビールに「マリー・アントワネット/2006」「ルビー・スパークス/2012」のスティーヴ・クーガン。
マーゴにジョアンナ・ヴァンダーハム。
メイジーにオナタ・アプリール。
監督は「綴り字のシーズン/2005」「ハーフ・ディズ/2009」のスコット・マクギー&デヴィッド・シーゲル。

両親が離婚し争いは法廷に持ち込まれる。結果、メイジーは両親それぞれの家を10日ごとに行き来することになる。ある日、父親ビールはメイジーのナニーだったマーゴと再婚する。母親スザンナは対抗するかのようにボーイフレンドでバーテンダーのリンカーンと再婚する…

観ていてイライラするが、子育て放棄の母親と、全く他人の若いカップルが子育てに奔走する姿が対照的で面白い。
メイジーの母親でロック・シンガー、スザンナを演じるジュリアン・ムーアが地のようで適役。そして何といってもメイジー役のオナタ・アプリールのさりげない演技が上手い。
スザンナの若いボーイフレンド、リンカーン役のアレキサンダー・スカルスガルドも良い感じ。マーゴ役のジョアンナ・ヴァンダーハムは少々アビー・コーニッシュ似の素敵な女優で今回初めてお目にかかった。メイジーに愛情を注ぐ優しいマーゴを好演している。

子供は親を選べないのでスザンナとビールのような両親を持ってしまったメージーは気の毒としか言いようがない。両親のどちらもそれぞれ自分たちの生き方(仕事/私生活も含め…)を変えないためメージーを振り回しているわけだが、二人とも全く反省しない。母親スザンナはツアーをキャンセルせず、美術商の父親ビールは自身の故郷ロンドンへ逃げてしまうのだから。
しかしながら娘メージーに”愛している!”と言いまくる二人。言葉とモノ(リッチな両親なのでモノは山ほど買える)だけで子供をつなぎ止めようとする二人がとても愚か。母親なぞ“わたしはあなたの母親なのよ!”と立場を主張したりする。わめいても6才の子供が理解するわけもないのに…と、非常に可笑しい。

メイジーの目を通して見た両親の姿。子供の目は全てを見て、感じてコワいということを大人は知るべし!
母親が“愛してる!”と連発する中、メイジーはマーゴに“I love him!”なんてリンカーンを愛していることを告白する。それが健気で…小さな子供は言葉だけでなくフィジカルに愛してくれる人に懐くんだと当たり前ながら納得したりする。
リンカーンとマーゴはまるでメイジーのステップ・パパ&ママ的存在。リンカーンもそうだけどマーゴのメイジーに対する愛情は観ているものにひしひしと伝わってきて素敵だった。実親のふがいない姿には終始唖然だったが...。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2014-02-18 23:16 | MINI THEATER | Trackback(12) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/19491861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2014-02-23 19:37
タイトル : スコット・マクギー
「綴り字のシーズン」のスコット・マクギーデヴィッド・シーゲル監督による『メイジーの瞳 (WHAT MAISIE KNEW)』出演はメイジーにオナタ・アプリール、ジュリアン・ムーア、アレクサンダー・スカ... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2014-02-23 21:29
タイトル : メイジーの瞳〜新解釈・この親にしてこの子
公式サイト。原題:What Maisie Knew。ヘンリー・ジェームズ原作、スコット・マクギー、デヴィッド・シーゲル監督。ジュリアン・ムーア、アレクサンダー・スカルスガルド、オナタ・アプ ...... more
Tracked from 象のロケット at 2014-02-26 09:51
タイトル : メイジーの瞳
両親が離婚したため、6歳の少女メイジーは父と母の家を10日ごとに行き来することになった 。 美術商の父はメイジーのベビーシッターだったマーゴと、ロック歌手の母はバーテンダーのリンカーンと再婚。 両親それぞれが超多忙なため、時間的に余裕のある各々のパートナーがメイジーの世話をせざるを得ない。 メイジーは、ほとんどの時間をマーゴやリンカーンと過ごすようになるのだが…。 ヒューマンドラマ。... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2014-03-05 16:09
タイトル : 映画『メイジーの瞳』を観て
14-18.メイジーの瞳■原題:What Maisie Knew■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:99分■料金:1、800円■観賞日:2月16日、TOHOシネマズシャンテ □監督:スコット・マクギー、デヴィッド・シーゲル◆ジュリアン・ムーア◆アレキサンダー・スカルスガード...... more
Tracked from Nice One!! .. at 2014-03-06 00:42
タイトル : 【TIFF_2012】『メイジーの知ったこと』 (201..
原題: What Maisie Knew 監督: スコット・マクギー、デヴィッド・シーゲル  出演: ジュリアン・ムーア 、アレキサンダー・スカルスガルド 、オナタ・アプリール 、ジョアンナ・ヴァンダーハム 、スティーヴ・クーガン 第25回東京国際映画祭『メイ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2014-03-10 08:21
タイトル : 『メイジーの瞳』
□作品オフィシャルサイト 「メイジーの瞳」□監督 スコット・マクギー、デビッド・シーゲル□脚本 ナンシー・ドイン、キャロル・カートライト□原作 ヘンリー・ジェームズ□キャスト ジュリアン・ムーア、オナタ・アプリール、アレクサンダー・スカルスガルド、  ...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2014-03-12 12:52
タイトル : 「メイジーの瞳」
粗筋の紹介も何もなく、ただ感情の発露としての感想を。メイジーという幼い少女が両親の離婚によって翻弄される日々を描いた作品であり、あらゆる人が感じるように、メイジーの目線で見た大人の身勝手さにメイジーに愛しさと切なさを感じる。それを否定するものでは全くないんだけれど、私はメイジーの母(ジュリアン・ムーア)の心に寄り添いたい。彼女の生き方、心の叫びが、私を激しく揺さぶる。まるで両肩を掴まれてガクガク揺すられる程に。いやもう、判り過ぎる位に判る。「仕事(や自己実現)と家庭の両立」や、「冷え切った夫婦仲を清算...... more
Tracked from マンガデシネ at 2014-03-18 15:50
タイトル : 『メイジーの瞳』(映画)(2013)ー正解のないファミリ..
 『メイジーの瞳』を観てまいりました。ジュリアン・ムーアが出ていることくらいしか分からなかったが、劇場予告編で流れるたびに、何かしらそそられるものがあった。 いや、 ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2014-06-03 23:20
タイトル : その瞳に映るもの
4日のことですが、映画「メイジーの瞳」を鑑賞しました。 母スザンナと父ビールが離婚し、共同親権を持つ両親の家を行き来することになった6歳の少女メイジー それぞれ仕事に忙しいスザンナとビールはメイジーのことをそれぞれの再婚相手に任せっぱなしで・・・ 離婚に...... more
Tracked from いやいやえん at 2014-11-08 09:43
タイトル : メイジーの瞳
【概略】 両親が離婚してふたつの家を10日ごとに行き来することになった6歳の女の子・メイジー。それぞれの新しいパートナーともすぐに打ち解けた彼女だったが…。 ドラマ 両親が離婚し、共同親権を持つふたりの家を10日おきに行き来することになった、6歳の少女メイジー。 美術商の父はメイジーの元ベビーシッターと、歌手の母は若いバーテンダーとそれぞれ再婚。そして父も母も、次第に各々の再婚相手にメイジーの世話を押し付けるようになるのです。 あくまでメイジーの目線で描く手法ですね、何も言わない...... more
Tracked from 楽天売れ筋お買い物ランキング at 2015-12-11 06:59
タイトル : 「メイジーの瞳」(2013年、アメリカ)
「メイジーの瞳」は、2013年公開のアメリカのヒューマン・ドラマ映画です。イギリスの文豪ヘンリー・ジェイムズの小説を基に、スコット・マクギー/デヴィッド・シーゲル監督、オナタ...... more
Tracked from 読書と映画とガーデニング at 2016-05-20 08:24
タイトル : 映画・メイジーの瞳
原題 WHAT MAISIE KNEW2012年 アメリカ 美術商の父・ビール(スティーヴ・クーガン)とロックシンガーの母・スザンナ(ジュリアン・ムーア)が離婚共同親権を持つ両親の家を行き来することになった6歳の少女メイジー(オナタ・アプリール)の日々を描きます ...... more
Commented by kintyre at 2014-03-05 16:26 x
こんにちは、メイジーの両親は家庭生活に向いていな
いと思います。二人共、メイジーの前では「愛している」
とは言っていても行動が伴っていないので気の毒です。
そんな彼女が最後に下した判断は子供としては賢明
ですが、果たして、このまま素直で良い子?に育つか
気になりました。
Commented by margot2005 at 2014-03-09 16:44
kintyreさん、こんにちは。
たくさんのTBありがとうございます。

>果たして、このまま素直で良い子?に育つか
気になりました...
同感ですね。将来グレるかも知れませんね?

彼らが言う“愛してる!”って挨拶のようなものなのですよね。英語圏の人々は“Are You OK?”と“I Love You!”連発してますから。
<< 「17歳」 「ミスティック・アイズ」 >>