「ビフォア・ミッドナイト」

「Before Midnight」 2013 USA
a0051234_22593677.jpg

ジェシーに「その土曜日、7時58分/2007」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「クロッシング/2009」のイーサン・ホーク。
セリーヌに「パリ、恋人たちの2日間/2007」「ニューヨーク、恋人たちの2日間/2012」のジュリー・デルピー。
パトリックにウォルター・ラサリー。
ナタリアにゼニア・カロゲロプールー。  
アナにアリアーヌ・ラベド。
アキレアスにヤニ・パパドプロ。
アリアドニにアティナ・ラヒル・ツァンガリ
ステファノスにパノス・コロニス。
監督、キャラクター創造、製作、脚本は「恋人までの距離(ディスタンス)/1995」「スクール・オブ・ロック/2003」「ビフォー・サンセット/2004」「バーニー/みんなが愛した殺人者/2011」のリチャード・リンクレイター。
a0051234_2303793.jpg
a0051234_023964.jpg
a0051234_025113.jpg
a0051234_2302239.jpg

ギリシャにあるパトリックの屋敷に老婦人ナタリアと、若いアキレアスとアナのカップル、ステファノスとアリアドニ夫婦、そしてジェシーとセリーヌが集まりぞれぞれの愛や、人生について語っている...

列車の中で偶然出会いウイーンで一夜を過ごしたアメリカ人のジェシーとフランス人のセリーヌは半年後に再会を約束して別れる…9年後パリの書店で再会した二人…ジェシーは約束どうり再会の場所に行ったが、セリーヌは祖母の葬儀で行けなかったことを告白する。そしてジェシーがアメリカへ戻る飛行機に乗るまでのわずかな時間パリの街を語り合いながら散策し、セリーヌのアパルトマンにたどり着く…以上が前2作品。

そして3作目はギリシャが舞台。オープニング、ジェシーはつかの間のバカンスを一緒に過ごした息子ハンクと空港にいる。やがてアメリカに住む母親の元へ帰すべく彼を飛行機に乗せる。空港から出たジェシーを待っていたのはセリーヌと双子の女の子。娘たちはもちろん二人の子供で、ジェシーとセリーヌがパートナーとなっていたことがわかる。パリに住む一家は南ギリシャの美しい港街でバカンスを満喫しているのだ。

ある夜、アリアドニとステファノスが手配してくれたホテルで二人きりで過ごすことになったジェシーとセリーヌ。愛し合うはずがまたまた口論になってしまう…それはジェシーがハンクと暮らすためシカゴに移住しないかとセリーヌに持ちかけたから。
セリーヌは今まで子育ても家事も一人でこなし、ジェシーはただ執筆しているだけと責め立て、アメリカに行ってわたしの仕事はどうなるの?シカゴになど行けない!と訴える。この辺りの激しい夫婦喧嘩はやはり女性が強い。演じるジュリー・デルピーの独断場だ。言いたい事を言いまくった後セリーヌはホテルの部屋を出て行く。で、やはりというかジェシーはセリーヌを追いかけるのだ。

1作目から18年をへて、20代から40代になった主演の二人…ジュリー・デルピーは元々おばさんぽいので意外に歳月は感じられない。しかしイーサン・ホークのシワが気になった非常に。人それぞれだろうけど男の方が老けるのか?
ロケ地はギリシャのペロポネソス半島にあるオールド・カルダミリ。ジェシーとセリーヌが訪れる古い教会や街並が旅情を誘う。

映画の解説に
“ウイーンの夜明けから18年、パリの夕暮れから9年。そして、本物の愛にたどり着く、真夜中までの数時間。”
と書かれていて、とてもロマンティックで美しいドラマを連想させる。
“全世代の女性に贈る恋愛映画の金字塔シリーズ、待望の最終章!”という解説もあり。
しかしながらどうもこのドラマの良さがわからない。あまりロマンティックとも感じないし...。でも皆さん絶賛している。絶賛はウイーク・デイのラスト上映でもかなりの人が入っていたことでも窺えたけど...。

ヒューマントラストシネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2014-01-28 23:48 | MINI THEATER | Trackback(10) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/19398539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2014-01-31 15:43
タイトル : タイムマシンにお願い~『ビフォア・ミッドナイト』
 BEFORE MIDNIGHT  ウィーンに向かう列車の中で出逢い、一夜を共にして別れたジェシー(イーサ ン・ホーク)とセリーヌ(ジュリー・デルピー)は、9年後パリで再会する。更に 9年後、二人は双子の娘の親となり、ギリシアで夏の休暇を過ごしていた。  『ビフォア・サンライズ/恋人までの距離』 『ビフォア・サンセット』 の最強 チーム、イーサン...... more
Tracked from 象のロケット at 2014-02-02 09:36
タイトル : ビフォア・ミッドナイト
パリに住む小説家の夫ジェシーと、環境運動家の妻セリーヌは、双子の娘たちと共にギリシャの海辺の街でバカンスを過ごしている。 一緒に夏休みを過ごしアメリカ・シカゴの前妻の元へ帰って行った息子ハンクの成長を案じ、シカゴへの引っ越しを提案するジェシーに反発するセリーヌ。 彼らは友人たちの計らいで子どもたちを預け、ホテルで久しぶりに2人だけの時間を過ごすことになったのだが…。 旅先でのラブ・ストーリー第3弾。... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2014-02-02 22:56
タイトル : 映画『ビフォア・ミッドナイト』を観て
14-7.ビフォア・ミッドナイト■原題:Before Midnight■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:108分■料金:1,800円■観賞日:1月18日、新宿バルト9(新宿三丁目)□監督・製作・脚本:リチャード・リンクレーター□脚本:ジュリー・デルピー、イーサン・ホ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2014-02-07 21:18
タイトル : ビフォア・ミッドナイト
 『ビフォア・ミッドナイト』を渋谷文化村ル・シネマで見ました。 (1)同じ監督(リチャード・リンクレーター)と同じ二人の俳優(イーサン・ホークとジュリー・デルピー)で制作された2作品〔『恋人までの距離(ビフォア・サンライズ)』(1995年)と『ビフォア・サンセ...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2014-02-11 00:08
タイトル : ビフォア・ミッドナイト/ BEFORE MIDNIGHT
ランキングクリックしてね ←please click ウィーンでの出逢いを描いた1作目 1995年「恋人たちの距離 ディスタンス(原題 Before Sunrise)」 その9年後のパリでの再会 2004年の「ビフォアサンセット(原題 Before Sunset)」 そして更に9年後......... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2014-03-06 17:06
タイトル : リチャード・リンクレイター監督、イーサン・ホーク、ジュリ..
リチャード・リンクレイター監督、イーサン・ホーク、ジュリー・デルピーによる究極の3部作、そして怒涛の会話劇『ビフォア・ミッドナイト』物語(3部作全体のアウトライン)・列車のなかで出会ったアメリカ人のジ... more
Tracked from rambling rose at 2014-03-23 11:28
タイトル : ビフォア・ミッドナイト
前作から更に9年後。共に暮らし子供まで授かったジェシーとセリーヌ。しかし日々の生活に追われ二人の関係は次第に悪化、せっかくのバカンスでもすぐに言い合いとなってしまい・・... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2014-05-29 20:43
タイトル : そして、9年後
22日のことですが、映画「ビフォア・ミッドナイト」を鑑賞しました。 パリ在住の小説家ジェシーと環境運動家のセリーヌはギリシャでバカンスを過ごすことにする。 ビフォアシリーズ3作目  今回の2人は暮らしていて 双子の子どももいて・・・ 会話 会話で進んでいく...... more
Tracked from C’est joli〜こ.. at 2014-07-11 22:08
タイトル : ビフォア・ミッドナイト
ビフォア・ミッドナイト '13:米 ◆原題:BEFORE MIDNIGHT ◆監督:リチャード・リンクレイター「バーニー みんなが愛した殺人者」「ビフォア・サンセット」 ◆主演:イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー、シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック、ジェニファー・プ...... more
Tracked from 楽天売れ筋お買い物ランキング at 2015-06-01 00:16
タイトル : 「ビフォア・ミッドナイト」(2013年、アメリ...
「ビフォア・ミッドナイト」(原題:BeforeMidnight)は、2013年公開のアメリカ映画で、1995年公開の「恋人までの距離(ディスタンス)」、及び2004年公開の「ビフォア・サンセット」の続編...... more
<< 「ザ・イースト 」 「愛について、ある土曜日の面会室」 >>