「ほっ」と。キャンペーン

「僕が星になるまえに」

「Third Star」2010 UK
a0051234_21551216.jpg

ジェームズに「つぐない/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」「戦火の馬/2011」「裏切りのサーカス/2011」のベネディクト・カンバーバッチ。
デイヴィーに「わたしの可愛い人-シェリ/2009」のトム・バーク。
マイルズに「センチュリオン/2010」のJJ・フィールド。
ビルにアダム・ロバートソン。
監督はハッティー・ダルトン。

ベネディクト・カンバーバッチ初主演映画とのこと。そういやそう常に脇役かも知れない。「ブーリン家の姉妹」のウィリアム・ケアリー役はなんとなく記憶にあるけど、「つぐない」でのカンバーバッチの記憶は全くない。
wowowで放送していたTV映画「パレーズ・エンド/2012」はカンバーバッチ主演の戦争映画で二部作だったか?を見た。その時にふと気づいたのはカンバーバッチの声…限りなくバリトンに近い低い声がスゴくsexyなのだ。巷でファンが増えているのにも納得。「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズもwowowで放送していたが、字幕じゃなかったので見ていない。是非字幕で放送していただきたい。
フランス行きの飛行機の中で見た「スター・トレック イントゥ・ダークネス/2013」のカンバーバッチはスゴくゴージャス。続はシアターに観に行くかも?

映画は確か初日に観た。レイトショーのみにも関わらずカンバーバッチ、ファンで席は埋まっていた。
何となくこのドラマの展開は男友達だからなせる技で、女友達だと決してなされることはないだろうと感じた。
末期がん患者とモルヒネを伴って旅に出るなんて、なんて無謀かと思ったが、あの結末になるほど!とうなった。
こちらもまたまた10月に観た映画で既に都内では上映は終了している。
[PR]
by margot2005 | 2013-12-23 22:29 | UK | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/19212266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クリスマス・イヴ... 「危険なプロット」 >>