プティ・パレ/パリ市立美術館

プティ・パレはアレクサンドル3世橋の側にグラン・パレ(一番下から二番目写真)と共に建設され、橋をはさんで反対側の先にはアンヴァリッドが建っている。
プティ・パレもグラン・パレも1900年万国博覧会場として建てられた。グラン・パレは昨秋シャネルのコレクション発表会の会場となっていたのをTVで見た記憶がある。私が訪れた時はDIORの写真展などが開催されていたがパスした。プティ・パレがゆっくりと見たかったから...。
プティ・パレは市立の美術館で、常設展示室は無料。想像以上に見るものが多くてもっと時間が欲しかった。

入ってすぐの陳列室に17世紀から18世紀にかけての王族の籠(馬車ではない)や、家具調度品が並んでいる。そしてルイ16世時代の家具や、とても美しいドイツの時計や、タペストリー、ジャポニズムと題した磁器もある。フランスやイタリアの磁器はどっさりと展示されているし、古代の壷やら瓶やら、とにかく山ほど陳列されていてスゴい。
数展ながらセザンヌ、マネ、モネ、クールベの絵画もある。
ドミニク・アングルの“レオナルド・ダ・ヴィンチの死”の絵があると聞いていたので楽しみにしていたが、見落とすくらい小さな絵(一番下webより)で驚いた。
こちらの美術館も基本的にはノー・フォト。
Petit Palais
a0051234_22545100.jpg

a0051234_2253924.jpg

a0051234_2253182.jpg

a0051234_22544871.jpg

a0051234_22543414.jpg

a0051234_22542146.jpg

美術館に入った途端1900年に戻ったかのようなたたずまいに圧倒され思わず天井を見上げる。全体的に淡い色調の天井、壁、床がとても美しい!奥にはアール・ヌーヴォー様式の階段があり実にオシャレ。中庭も美しくてお茶も飲めるが、寒い時期なので外には誰もいなかった。
a0051234_2130428.jpg

a0051234_2131524.jpg

a0051234_21401882.jpg

a0051234_2140577.jpg

a0051234_2140147.jpg

a0051234_2139451.jpg

a0051234_21385290.jpg

a0051234_21375849.jpg

a0051234_213729100.jpg

a0051234_21355425.jpg

a0051234_21353063.jpg

a0051234_21352288.jpg

a0051234_2135218.jpg

a0051234_21344939.jpg

a0051234_21335886.jpg

a0051234_21334340.jpg

ガラスに収まったエドゥアール・ヴュイヤールの絵と、フランス人彫刻家Camille Alaphilippeの彫刻はカメラに収める事ができた。
プティ・パレは地下鉄Concordeから歩ける。
a0051234_21421143.jpg

a0051234_21412769.jpg

a0051234_21411117.jpg

a0051234_21304399.jpg

a0051234_23432730.jpg

[PR]
by margot2005 | 2013-12-12 00:10 | TRIP | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/19131048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パンテオンとサン・シュルピス教会 マルモッタン美術館 >>