「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて」

「Crime d'amour」…aka「Love Crime」2012 フランス
a0051234_19333860.jpg

イザベルに「ぼくの妻はシャルロット·ゲンズブール/2001」「情痴アヴァンチュール/2005」「パリ、ジュテーム/2006」「モリエール 恋こそ喜劇/2007」「引き裂かれた女/2007」「ある秘密/2007」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」「愛のあしあと/2011」のリュディヴィーヌ・サニエ。
クリスティーヌに「ベラミ 愛を弄ぶ男/2012」のクリスティン・スコット・トーマス。
フィリップに「さよならモンペール/1991」のパトリック・ミル。
ダニエルに「サハラ、熱砂の愛/2009」のギャーム・マルケ。
監督、脚本は「マルセイユの決着/2007」のアラン・コルノー。
a0051234_19343969.jpg
a0051234_19342449.jpg
a0051234_19341668.jpg
a0051234_1934732.jpg

「パッション/2012」の元映画。
「パッション」鑑賞ずっと前に見ていたが、今一度見て、さらりとえがいたフランス版と、こってりバージョンのブライアン・デ・パルマ版とは趣がずいぶん違うと感じた。国が違う、監督が違うでこうも変わるものかと感心する。
わたし的にフランス版が好きだが、ブライアン・デ・パルマの世界も捨てがたい。クリスティン・スコット・トーマスとノオミ・ラパスの競演はどうだろう?面白いかも知れない。

wowowにて
[PR]
by margot2005 | 2013-11-04 19:46 | フランス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/18909373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ルノワール 陽だまりの裸婦」 「パッション」 >>