「ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界」

「Ginger & Rosa」2012 UK/デンマーク/カナダ/クロアチア
a0051234_0365232.jpg

a0051234_0363598.jpg
a0051234_0362441.jpg

60年代のロンドン。ジンジャーとローザは同じ日に同じ病院の隣のベッドで生まれて以来ずっと一緒に育ってきた。二人は学校の授業をさぼっては外へ飛び出し、夜遅くまで宗教や政治、ファッション談義を闘わしている…一方でキューバ危機(1962年)で、核爆発が起き自分は死んでしまうという恐怖にかられるジンジャーは反核、反戦女性活動家ベラと出会い活動に参加するのだった…

ジンジャーに「ドア・イン・ザ・フロア/2004」「デジャヴ/2006」「バベル/2006」「帰らない日々/2007」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」のエル・ファニング。
ローザにアリス・イングラート。
ローランドに「GOAL!/ゴール!/2005」「さよなら。いつかわかること/2007」「ココ・アヴァン・シャネル/2009」のアレッサンドロ・ニヴォラ。
ナタリーに「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)/2011」のクリスティナ・ヘンドリックス。
ベラに「華麗なる恋の舞台で/2004」「愛する人/2009」「キッズ・オールライト/2010」のアネット・ベニング。
マークに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「魔法にかけられて/2007」「英国王のスピーチ/2010」のティモシー・スポール。
マーク2に「カサノバ/2005」「フロスト×ニクソン/2008」
「2012/2012」
のオリヴァー・プラット。
監督、脚本は「耳に残るは君の歌声/2000」「愛をつづる詩/2004」のサリー・ポッター。

「ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区/2012」を観に渋谷に行った所、なぜか本作の方が観たくなってしまって…結局「ポルトガル〜」はまだ観ていない。
原タイトルは“ジンジャーとローザ”。二人の少女の物語は期待していなかったせいかけっこう良かった。

ローザを演じるアリス・イングラートは「ピアノ・レッスン/1993」の監督ジェーン・カンピオンの娘だそう。今回アリスにはスクリーンで初めてお目にかかった。
エル・ファニングは姉のダコタより断然素晴らしい女優になると思う。「ドア・イン・ザ・フロア」に出演の際はまだ6歳。泣き叫ぶ幼い子供役がうるさかったが、今では美少女。
ソフィア・コッポラの「SOMEWHERE/2010」はシアターで観たがレビューは書かずじまい。エルは思春期の少女クレオ役を好演していた。その後wowowで「幸せへのキセキ/2011」「Virginia/ヴァージニア/2011」と見てきた。「Virginia〜」のエルは神秘的でナイス・キャスティング。
ローランド役の彼…どこかで見た見たと思いながら思い出せず、映画を見終わってから「ココ・アヴァン・シャネル」でココが愛したボーイを演じていたアレッサンドロ・ニヴォラと判明。アメリカ人ながらヨーロッパ(UK/フランス)映画に多々出演するアレッサンドロ・ニヴォラは中々素敵な俳優。

ジンジャーの父親ローランドは思想家のライター。妻ナタリーとは喧嘩が絶えない。ナタリーは画家だったが、結婚し、ジンジャーが生まれると描くことを断念する。
不仲の両親を目の当たりにするジンジャーは、母のように家庭に収まって一生を終えるなんて考えられないことだった。
ナタリーは夫ローランドに不満をぶちまけるが、彼は聞く耳も持たずに家を出て行く。情けない母と一緒に暮らすのに絶えられなくなったジンジャーは父親の元へと身を寄せる。ジンジャーは父親に愛してもらいたかったが、彼は自由奔放で若くて、美しいローザを愛していた。ローザの裏切りを知ったジンジャーはショックを受ける。

多感な高校生が、親友と自分の父親が愛し合っていると知った時どんな気分だろう?ちょっと想像できない。しかしジンジャーより以上にショックを受けたナタリーが倒れてしまう。父親と共に病院で母親の回復を待つジンジャーがとても大人びて見えた。そう、彼女は親友のローザも父親も許したのだ。
家庭の崩壊、友人の裏切り、迫り来る核戦争への恐怖…ラスト、希望を感じるジンジャーの詩が美しい。

渋谷シアターイメージフォーラムにて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2013-10-15 00:00 | UK | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/18788103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from gala at 2013-11-23 12:58
タイトル : ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界
ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界 原題:Ginger & Rosa 監督:サリー・ポッター 出演:エル・ファニング、アリス・イングラート、クリスティーナ・ヘンドリックス、アネット・ベニング、アレッサンドロ・ニボラ、他 2012/イギリス・デンマーク・カナダ・クロアチア合作 公式ウェブサイト 原題は、《Ginger & Rosa》となっているので、二人の少女の物語ではあるが、 映画は、ジンジャーの心の移ろい、成長、そして辿りついた《赦し》を見せる作品である エル・ファ...... more
<< 「ビザンチウム」 「私が愛した大統領」 >>