「わたしはロランス」

「Laurence Anyways」2012 カナダ/フランス
a0051234_23525135.jpg

ロランスは小説家を目指す高校教師で恋人フレッドと同居中。35歳の誕生日、突然自分はトランスジェンダー(性同一性障害)だと告白する…
a0051234_23544959.jpg
a0051234_2354407.jpg
a0051234_23543274.jpg
a0051234_23542388.jpg
a0051234_23541280.jpg
a0051234_235434.jpg

ロランスに「ミステリーズ 運命のリスボン/2010」のメルヴィル・プポー。
フレッドに「マイ・マザー/2009」スザンヌ・クレマン。
ロランスの母親ジュリエンヌに「悪の華/2003」のナタリー・バイ。
フレッドの妹にモニカ・ショクリ。
フレッドの母親にソフィー・フォシェ。
ジャーナリストにスーザン・アームグレン。
監督/脚本/編集/衣装は「マイ・マザー/2009」のグザヴィエ・ドラン。

舞台はカナダ、ケベック州。
とにかく映像が美しい。雪のシーンはとても幻想的だったし、湖のシーンも美しかった。
カウチに座るフレッドの下へ天井から洪水のような水が流れ落ちてきたり、ロランスとフレッドが歩く道、いきなり空からバルーンが大量に落ちてきたりして、ファンタジーのようでもあり、何はともあれ映像が素晴らしく綺麗。

ロランスの着るコートからブーツにまで気を配っているのではなかろうか…衣装まで担当している監督グザヴィエ・ドランのこだわりがひしひしと伝わってくる。映画が終わってもロランスの着る紫色のコートが脳裏に残る。

恋人(男)に、自分は女になりたい!女として生きて行きたい!と告白された女性の心理ってどうなんだろう?とても想像出来ない。
そして女として生きていきたいと願ったロランスはスカートを身につけ、ストッキングとヒールをはいて学校へ行く。しかし学校の反応はヤバかった。そう、彼は解雇を言い渡される。教えることに情熱をかけるロランスは学校関係者に懇願するが認めてもらえない。偏見の固まりである、ある人物は“文章が書けるのだから、自身のことを小説にしたら!”なんて言う始末。落ち込むロランスを支えたのはもちろん恋人のフレッドだった。

でも結果ロランスは解雇されて良かったのかも知れない。文章を書くことに執着するロランスは、後に詩を書き成功を収める。フレッドを失ったのはどうしようもなかったが…やがてその詩集はフレッドに贈られ、フレッドはロランスと再会することになる。

少々奇想天外なストーリーながら、168分ドラマの中に引き込まれた。フランス映画で168分とはかなりの長さである。でも次から次へと変化するロランスの人生に見ていて飽きることはなかった。ロランスとフレッドの一番始めの出会いをラストに持ってくる手法もナイス。そのラストが素晴らしかった!!そして24歳の監督グザヴィエ・ドランはゲイだそう。

優しい顔立ちなので似合うかなと思ったが、やはりメルヴィル女装は似合わないなぁと感じた。
メルヴィル・プポーはお気に入りフランス人俳優の一人。先だってwowowでフランソワ・オゾンの「ムースの隠遁/2009」を見た。こちらの映画でもゲイ役だったが、すぐに死んでしまう役柄で至って残念であった。

新宿シネマカリテにて
[PR]
by margot2005 | 2013-10-05 23:59 | MINI THEATER | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/18735315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2013-10-07 08:38
タイトル : わたしはロランス
1990年代、カナダ・モントリオール。 国語教師の男性ロランスは、フレッドという女性と同棲中だった。 30歳の誕生日、ロランスは彼女に「僕は女になりたい。 この体は間違えて生まれてきてしまったんだ。」と、ずっと抱えてきた秘密を打ち明ける。 青天の霹靂とも言えるカミングアウトに激しく動揺したフレッドだったが、結局はロランスの意思を尊重することに。 しかし、スカートで出勤したロランスは学校から退職を迫られてしまう…。 ラブ・ストーリー。... more
Tracked from マンガデシネ at 2014-02-24 15:34
タイトル : 『わたしはロランス』(映画)ー迸る若い才能、時間はまだま..
 新進気鋭若手監督グザヴィエ・ドランの最新作『わたしはロランス』を観て来た。若干19歳で作り上げた『マイ・マザー』、その翌年に『胸騒ぎの恋人』、そして24歳となった ...... more
<< 「オン・ザ・ロード」 「恋のベビーカー大作戦」 >>