「黒いスーツを着た男」

「Trois mondes」…aka「Three Worlds」2012 フランス/モルドヴァ
a0051234_02585.jpg

貧しい家庭に育ったアルは努力を重ね自動車整備工からディーラーにまで登り詰める。経営者の娘との結婚も決まっており、結婚式を10日後に控えたある夜、職場の友人フランク、マルタンと共にパリの街で遊んだ帰り人をはねてしまう。アルはフランクに言われるがまま現場を走り去るが、アパルトマンから一人の女性が事故を目撃していた...
a0051234_01457.jpg
a0051234_005432.jpg
a0051234_004380.jpg
a0051234_003363.jpg
a0051234_002211.jpg

アルに「ぜんぶ、フィデルのせい/2006」「スペシャル・フォース/2011」「アンナ・カレーニナ/2012」のラファエル・ペルソナ。
ジュリエットに「食料品屋の息子/2007」「ミステリーズ 運命のリスボン/2010」のクロティルド・エスム。
ヴェラに「ロルナの祈り/2008」「最高の人生をあなたと/2011」のアルタ・ドブロシ。
アルの友人フランクに「アンプロフェット/予言者/2009」「愛について、ある土曜日の面会室/2009」「ゼロ・ダーク・サーティ/2012」のレダ・カテブ。
アルの友人マルタンに「最後のマイウエイ/2012」のアルバン・オマル。
アルのフィアンセ、マリオンに「水の中のつぼみ/2007」「メゾン ある娼館の記憶/2011」のアデル・エネル
マリオンの父親に「ルビー&カンタン/2003」のジャン・ピエール・マロ。
ヴェラの夫アドリアンに「シャネル&ストラヴィンスキー/2009」「愛のあしあと/2011」のラシャ・ブコヴィッチ。
ジュリエットの恋人フレデリックに「クリスマス・ストーリー/2008」「愛、アムール/2102」のローラン・カペリュート。
監督、脚本は「彼女たちの時間/2001」のカトリーヌ・コルシニ。

本作も「タイピスト!/2012」同様フランス映画祭2013で公開された作品。配給がつく作品ばかりの上映で最近のフランス映画祭は食傷気味。

原タイトルは“3人の世界”…アル/ジュリエット/ヴェラがある事故により出会う。
アルは誠実な人間ながら弱い人間でもある。どうしようもない立場に置かれたアルはジュリエットに助けを求める。ヴェラとの話し合いをジュリエット任せにするが、ジュリエットでそれを受け入れてしまう。二人の取る行動を理解するのは難しい。10日後に結婚予定のアルがジュリエットに“君が忘れられない!”なんて言ってsexしちゃう感情はフランス人そのもの??
やがてラスト近く、警察署に突き出そうとしたにも関わらず、アルを許してしまったヴェラも不思議だが、彼女が移民であることがこのドラマの大きなポイント。ジュリエットもヴェラもアルの魅力に骨抜きにされてしまったのかも知れない。

加害者/目撃者/被害者...とくれば普通警察が介入するわけだが、3人だけで片付けてしまおうと考えるストーリーはあり得ないけど、映画だから...。

主演のラファエル・ペルソナーズはフランスでアラン・ドロンの再来といわれているそうだが、そんなにハンサムかなぁ?アラン・ドロンは綺麗過ぎて好きじゃないが、ラファエルはそれほど美形じゃないと思う。でも愛嬌があって親しみやすい雰囲気が素敵な俳優だ。
かなり記憶は薄れているが「ぜんぶ、フィデルのせい/2006」で初めてお目にかかったラファエル。その後wowowで日本未公開の「スペシャル・フォース/2011」を観たが、それは戦争映画でラファエルの役柄はフランス特殊部隊の一人であまり印象に残らなかった。

ヒューマントラストシネマ渋谷にて
[PR]
by margot2005 | 2013-09-29 23:59 | フランス | Trackback(5) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/18700792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2013-09-30 01:17
タイトル : 黒いスーツを着た男
目撃者の女の行動にイラッとする。... more
Tracked from 象のロケット at 2013-09-30 07:49
タイトル : 黒いスーツを着た男
フランス・パリの街角で、ひき逃げ事故が発生。 一部始終を目撃した女子医学生ジュリエットは救急車を呼び、被害者の妻ヴェラと親しくなる。 一方、加害者の男性アルは勤務する自動車ディーラーの社長令嬢との結婚を10日後に控えていたが、罪の意識に苛まれていた。 被害者の病室前でアルを見かけたジュリエットは、彼が昨夜の犯人だと確信するのだが…。 サスペンス。 ... more
Tracked from Nice One!! .. at 2013-09-30 10:21
タイトル : 【フランス映画祭2013】『黒いスーツを着た男』 (20..
原題: Trois mondes 監督: カトリーヌ・コルシニ 出演: ラファエル・ペルソナーズ 、クロチルド・エム 、アルタ・ドブロシ 、レダ・カテブ 映画『黒いスーツを着た男』 公式サイトはこちら。(2013年8月31日公開) フランス映画祭2013『黒いスーツを着た...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2013-10-01 18:26
タイトル : 黒いスーツを着た男
 『黒いスーツを着た男』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)本作は、アラン・ドロンの再来と騒がれているラファエル・ペルソナの主演作ということがキャッチフレーズになっているところ、内容自体もなかなかの出来栄えでした。  物語の舞台はパリ。...... more
Tracked from いやいやえん at 2014-04-13 12:26
タイトル : 黒いスーツを着た男
ラファエル・ペルソナが出るってんでワクワクしてた作品。 もっさり社長令嬢との結婚が間近に迫ったアランことアルは、友人達と羽目をはずして飲みにでた帰り、男を轢いてしまう。そのまま逃走したのだが、一部始終を見ていたジュリエットがいた。彼女は事故にあった男が気がかりで、病院で彼の妻ヴェラと出会うのだが、アルもまた男の様子を見に病院へ来ていたのだった…。 海外版ELLEに掲載されたラファエル・ペルソナ(↑)無精ひげがあるほうがかっこいいですね〜ぇ。ラブコメ主演の作品「恋のベビーカー大作戦」では...... more
Commented by rose_chocolat at 2013-09-30 10:24 x
>フランス人そのもの??
ですよね。 そこで、え???って思っちゃうと結構厳しいかなあと。
そこを敢えて引っかからずに鑑賞すべきなのでしょうね。
移民問題といい、国民的な恋愛体質といい、なかなか日本人の感覚ではするっといかないお話でもありましたが、要素をコンパクトに絡めたところが本作のよい部分なのでしょうね。
Commented by margot2005 at 2013-10-05 22:15
rose_chocolatさん、こんばんは。
お返しが遅くなってごめんなさい。

移民に関しては全く日常的ではないので、こういったフランス人と外国人(発展途上国)の関係は理解出来ないかもですね?
しかしながら同じフランス人のジュリエットの行動は理解に苦しみました。でも映画ですから...。

さてラファエルは笑顔が素敵です。「恋のベビーカー大作戦」での崩れた顔は最高でした。
<< 「恋のベビーカー大作戦」 「マン・オブ・スティール」 >>