「ニューヨーク、恋人たちの2日間」

「2 Days in New York」 2012 フランス/ドイツ/ベルギー
a0051234_19212885.jpg

キャラクター創造、監督、脚本、製作、出演(マリオン)に「トリコロール/白の愛/1994」「パリ、恋人たちの2日間/2007」「血の伯爵夫人/2009」のジュリー・デルピー。
ミンガスに「ビバリーヒルズ・コップ2/1987」「9デイズ/2002」「映画と恋とウディ・アレン/2011」のクリス・ロック。
ジャノにアルベール・デルピー。
脚本、出演(ローズ)にアレクシア・ランドー。
マニュにアレックス・ナオン。
前作に続き「セブン・デイズ・イン・ハバナ/2012」のダニエル・ブリュール。そしてノンクレジットでヴィンセント・ギャロが出演している。
a0051234_1921133.jpg
a0051234_1921228.jpg
a0051234_19205385.jpg
a0051234_19212349.jpg

本作は懐かしのクリス・ロックが相手役ということでとても興味を惹かれた。前作も面白かったし…でも面白さでは前作には敵わなかった。クリス・ロックも良かったけど、やはりマリオンの相手はアダム・ゴールドバーグか?
ジュリー・デルピーとアレクシア・ランドーの書く脚本は前回同様下ネタ満載。自分の名前のスペルをアルファベットで例える時もワイセツな言葉を羅列するなんてマリオンくらい??娘の恋人に“ベッドで彼女は良いかい?”なんてこと聞くフランス人の父親の気も知れないし…まぁ映画だろうけど…。

シングル・マザーと、シングル・ファーザーが恋人で互いの子供を伴って同居する。これってかなり新鮮でグッド・アイデアな方法かと感じる。それぞれが引き取っているということは互いに子供が好きな証拠。ミンガスは人間味あふれる善き人。演じるクリス・ロックは素晴らしく適役。
ネタバレするが…ラスト、二人の間に子供が誕生する。これ続あるのか?でももう十分。続はいらないな。

ジュリー・デルピーが監督、脚本、出演した「スカイラブ/2011」は今年の3月に渋谷で公開していたが、時間が合わなくて見送った。
イーサン・ホークと共演の「ビフォー・サンセット/2004」の続「Before Midnight/2013」は公開されたらちょっと観てみたい。
上に書いた「血の伯爵夫人/2009」はwowowで見たがダニエル・ブリュールを相手に迎え、“吸血鬼伝説”のモデルとも言われるハンガリー王国の貴族エリザベート・バートリーの伝記物語は中々面白かった。こちらももちろん監督、製作、脚本はジュリー・デルピー。

ヒューマントラストシネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2013-08-25 19:28 | フランス | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/18437564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2013-08-27 09:31
タイトル : ニューヨーク、恋人たちの2日間/2 DAYS IN NE..
ランキングクリックしてね ←please click 2007年(日本公開2008年)の、ジュリー・デルピー監督作 「パリ、恋人たちの2日間」の続編はニューヨークが舞台 ってことでちょっと楽しみにしていた本作。 やってること、まるで前回と一緒でした〜 し...... more
Tracked from 象のロケット at 2013-08-27 13:50
タイトル : ニューヨーク、恋人たちの2日間
フランス人女性フォトグラファー、マリオンは、現在アメリカ・ニューヨークのアパート住まい。 一緒に暮らしているのは前のボーイフレンドとの間に生まれた一人息子ルル、新しいボーイフレンドで人気DJのミンガスと、彼の一人娘ウィロー。 ある日、マリオンの父と妹、その恋人(実はマリオンの元カレ!)が、マリオンの個展を観るためにフランスからやって来た。 傍若無人な客たちに、とうとうミンガスは音を上げるのだが…。 コメディ。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2013-08-27 21:21
タイトル : ニューヨーク、恋人たちの2日間
 『ニューヨーク、恋人達の2日間』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)このところ見る映画が総じて邦画の方に傾いてきているので、たまには気の置けない洋画でも見ようかということで映画館に行ってみました(注1)。  本作の舞台は、ニューヨーク。主人...... more
<< 「マジック・マイク」 「サウンド・オブ・ノイズ」 >>