「愛さえあれば」

「Den skaldede frisør」…aka「Love Is All You Need」2012 デンマーク/スウェーデン/イタリア/フランス/ドイツ
a0051234_23574457.jpg

フィリップに「あぁ、結婚生活/2007」「リメンバー・ミー/2010」「ゴーストライター/2010」「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)/2011」のピアース・ブロスナン。
イーダに「未来を生きる君たちへ/2010」「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮/2012」のトリーヌ・ディルホム。
イーダの夫ライフに「未来を生きる君たちへ」のキム・ボドゥニア。
フィリップの息子パトリックにセバスチャン・イェセン。
イーダの娘アストリッドにモリー・ブリキスト・エゲリンド。
フィリップの亡妻の妹ベネディクテに「しあわせな孤独/2002」のパプリカ・ステイーン。
監督、原案に「しあわせな孤独」「ある愛の風景/2004」「アフター・ウエディング/2006」「悲しみが乾くまで/2008」「未来を生きる君たちへ」のスザンネ・ビア。
a0051234_23573298.jpg

スザンネ・ビア作品ということで観に行った次第。そしてスザンネ・ビアらしからぬ大人のラヴ・ストーリーは、舞台となったイタリア、ソレントのレモン畑の香りが漂うばかりに爽やか。しかしただ爽やかなだけではない。
主人公の男女にはそれぞれツライ体験がある。フィリップは愛する妻を交通事故で亡くして以来立ち直れていない。一方でイーダは乳がんと闘った末、髪は抜け、おまけに夫は若い女と浮気をしている。
そしてある日、フィリップとイーダはデンマーク、コペンハーゲンの空港で遭遇する。それというのも、フィリップの息子パトリックと、イーダの娘アストリッドが結婚することになり、空港では花婿の父と花嫁の母の出会いだった。この辺りはかなり出来過ぎだけど、映画だから許してしまった。

イタリア舞台のデンマーク映画で、ピアース・ブロスナンのキャスティングに興味を惹かれた。ブロスナンはデンマークで知り合った女性と結婚したUK人の実業家フィリップ役。

少々ネタバレする...コペンハーゲンで出会った二人はイタリア、ソレントで再会し惹かれ合うが、その地では結ばれない。コペンハーゲンに戻ってからフィリップはイーダにアプローチをかける。でもそこでもイーダはすぐにフィリップを受け入れないのだ。やがて大ラス、夫ライフにさよならしたイーダは再びイタリアに向かう。あの展開はスゴく良かった。
感動のドラマってほどではなかったが、今迄観たスザンネ・ビア作品のなかで一番ロマンティックな作品かな。

イーダ役のトリーヌ・ディルホムはニ作品でお目にかかっている。前作「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」は時代物ということもあるが、本作の彼女は中々素敵だ。
原タイトルは“ハゲの美容師”とそのものズバリのタイトルだが、髪が伸びてベリー・ショートのイーダがとてもチャーミングに映る。
しかしながらピアース・ブロスナンはそろそろ60歳だというのに実にsexyなのだ。元ジェームズ・ボンドならでは…。

TOHOシネマズ・シャンテにて(6/27迄)
[PR]
by margot2005 | 2013-06-28 00:26 | ヨーロッパ | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/18006362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2013-06-28 23:41
タイトル : 愛さえあれば〜レモンの別の意味
公式サイト。デンマーク映画。原題:Den Skaldede Frisor(禿げの美容師)、英題:Love Is All You Need。スサンネ・ビア監督、トリーヌ・ディルホム、ピアース・ブロスナン、キム・ボドゥニア、セバ ...... more
Tracked from 映画のブログ at 2013-06-29 01:13
タイトル : 『愛さえあれば』なくてもいいものは?
 『愛さえあれば』とは巧い邦題だ。  デンマークでの原題は『Den skaldede frisør(ハゲの美容師)』であり、インターナショナル用の題は『Love Is All You Need』もしくは『All You Need Is Love』、それを...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2013-06-29 08:08
タイトル : 愛さえあれば
 『愛さえあれば』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)このところ公開される作品が増えているデンマーク映画ながら、イギリスの俳優ピアーズ・ブロスナン(注1)が主演というのは面白いかもしれないと思って映画館に行きました。  映画の冒頭は、乳がんの治療を終えて医師...... more
Tracked from 象のロケット at 2013-06-29 15:25
タイトル : 愛さえあれば
デンマーク。 乳がんの治療がひと区切りつきホッとしたのも束の間、夫ライフの浮気を知り愕然とするイーダ。 南イタリアで行われる娘の結婚式にも、一人で出かけることにした彼女は、空港で最悪の出会いをした花婿の父フィリップと一緒に現地へ向かうことに。 イタリア・ソレントの別荘は式の準備で大わらわ。 ライフが浮気相手の女性を同伴してきたことにショックを受けたイーダを、フィリップは気遣うのだが…。 ラブ・コメディ。... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2013-09-19 19:55
タイトル : 「愛さえあれば」
大人〜な作品。他愛もないラブ・ロマンスなのだろうけど、しみじみと味わいがある。南イタリアのソレントを舞台に、明るく、切なく、爽やかに展開。そして見終わった後、ヒロインと自分自身を抱きしめたくなる。 ヒロインのイーダ役は、デンマークの国民的女優のトリーネ・ディアホルム。イーダは乳がんの治療中で、娘の結婚式のためにイタリアに行くのを楽しみにしている。 ある日、検査を終えて自宅に帰宅してみると、何と自宅のソファーで夫が会社の秘書と浮気をしていた。立ちすくむイーダの手にした紙袋からは、買ってきたば...... more
<< 「プレイス・ビヨンド・ザ・パイ... 「モネ・ゲーム」 >>