「ほっ」と。キャンペーン

「天使の分け前」

「The Angels' Share」2012 UK/フランス/ベルギー/イタリア
a0051234_2045299.jpg

スコットランド、グラスゴーに住むロビーは周りの環境のせいで喧嘩沙汰が絶えない。そして、またまた人を殴り裁判を起こされるが、なんとか刑務所送りは免れ300時間の社会奉仕活動に参加することを余儀なくされる…

ロビーにポール・ブラニガン。
ハリーに「リトル・ストライカー/2000」「エリックを探して/2009」のジョン・ヘンショウ。
アルバートに「明日へのチケット/2005」のガリー・メイトランド。
ライノに「明日へのチケット」「麦の穂をゆらす風/2006」のウイリアム・ルアン。
モーにジャスミン・リギンズ。
レオニーにシヴァーン・ライリー。
スコッチウイスキー愛好家タデウスに「麦の穂をゆらす風」「クィーン/2006」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」のロジャー・アラム。
スコッチウイスキーの世界的権威ロリー・マカリスターにチャーリー・マクリーン。
監督は「ルート・アイリッシュ/2010」のケン・ローチ。
a0051234_20501368.jpg

ロビーは職も家もないながら恋人だけはしっかりいる。恋人レオニーの父親からはクズ呼ばわりされ、街から出て行けと脅かされる日々。しかし二人は深く愛し合っており、ほどなく身重のレオニーは無事男の子を出産する。父親となったロビーはハリーに祝福され、自身の立場の重みを痛感する。そしてこの後、ロビーはハリーによって人生を取り戻すのだ。“テイスティング”の才能を持っていたことも彼の未来を約束してくれたわけ。

社会的地位の低い人々を主人公に描いたケン・ローチのヒューマン・ドラマは大好き。
スコットランド人でグラスゴーに住みながらエディンバラ城を初めて見たなんて嘘みたいだが、ハリーがライノに“クッキーの缶に描いてある絵だよ。”と説明する台詞を思い出す。
本作を観て「SWEET SIXTEEN/2002」のリアムを思い起こした。リアムを演じたマーティン・コムストンと、ロビー役のポール・ブラニガンがダブル。ポール・ブラニガンは初めて見たUK俳優。ケン・ローチの世界にぴったりの俳優でナイスだった。

なにはともあれ、ウイスキー愛好家である、ロビーたちの指導者ハリーって男が素晴らしい!。上にも書いたようにハリーによるロビーの再生ドラマのよう。

少々ネタばれするが...ラスト、ウイスキーを売って手に入れた金で車を買い、レオニーと生まれたばかりの子供を連れ旅立って行くロビー。あのラストはとても爽やかだった。でもロビー以外の彼ら...アルバート、ライノ、モーの三人は、ゲットした金を全て遊びに使ってしまいそうな気がしたな。まぁそれはそれで彼らの人生だから致し方ない。

英国に行った時、空港の免税売店でシングルモルトのスコッチウイスキーを買った。免税売店ながらかなりの値段だったと記憶する。ドラマに登場する超高級ウイスキーの樽はなんと100万£(本日のレートで1億5千万強)なのだからシングルモルトの価格が高いのにも頷ける。

今月末で銀座テアトルシネマが閉鎖される。又ひとつ都内のミニシアターがなくなり寂しい。
現在こちらのシアターで、“カサヴェテスからオゾンまでと銘打った<さよなら興行>”が催されている。チラシで見た25全作品の中、ヨーロッパ映画の上映が多いためほぼ全作観ていることがわかり我ながら驚いた。

銀座テアトルシネマにて(5/31迄上映)
[PR]
by margot2005 | 2013-05-28 23:42 | UK | Trackback(11) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/17861753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2013-05-29 17:31
タイトル : 「天使の分け前」
ケン・ローチ監督のイギリス・スコットランドを舞台にしたコメディドラマ、「天使の分... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2013-05-30 12:38
タイトル : ケン・ローチ監督『天使の分け前』(The Angels'..
ケン・ローチ監督『天使の分け前』(The Angels' Share)、脚本は監督作では、お馴染みポール・ラヴァティ(←「カルラの歌」「麦の穂をゆらす風」多数)。ウイスキーなどが樽の中で熟成されている... more
Tracked from 読書と映画とガーデニング at 2013-05-30 19:30
タイトル : 映画・天使の分け前
原題 THE ANGEL’S SHARE 2012年 イギリス/フランス/ベルギー/イタリア 舞台はスコットランド・グラスゴー 主人公のロビー(ポール・ブラニガン)は幼い頃から環境に恵まれず暴力とケンカが絶えない毎日を送っており少年院を10か月前に出所したばか...... more
Tracked from 象のロケット at 2013-05-30 22:59
タイトル : 天使の分け前
スコットランド・グラスゴー。 暴力事件を起こした青年ロビーは、300時間の社会奉仕活動を命じられる。 鷹揚な現場指導者のハリーはウイスキー愛好家で、“課外活動”と称して若者たちを蒸留所見学に連れ出した。 ウイスキーの世界に興味を持ったロビーはテイスティングの才能に目覚めていく。 そんな時、オークションに最高級のスコッチウイスキーが出品されるという情報を耳にする…。 コメディ。... more
Tracked from KATHURA WEST at 2013-05-31 17:09
タイトル : 天使の分け前
天使の分け前 原題:The Angels' Share 監督:ケン・ローチ キャスト:ポール・ブラニガン、ジョン・ヘンショウ、他 2012/イギリス=フランス=ベルギー=イタリア オフィシャルサイト スコットランドを舞台に、芸は身を助け、人生大逆転のお話。 ラスト、奉仕活動指導者でウイスキー愛好家のハリーに至極の一本。 ここでこの作品は救われた。 まさに《天使の分け前》である。 《ファーガソン万歳!》と叫ぶ所があるが、 監督ケン・ローチはマンUの熱烈ファンでしょうね?...... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2013-06-01 18:19
タイトル : 天使の分け前 / The Angels' Sh..
原題に使われている“Angels' Share”とは、劇中でも説明がある通り、ウィスキーを樽で熟成させる際、空気中に自然に蒸発していく分の事。毎年2〜4%蒸発していくといわれるので、10年も熟成させると結構な量が蒸発していっているんですよね。 でも、こう来るか。そう...... more
Tracked from こんな映画見ました〜 at 2013-06-01 21:53
タイトル : 天使の分け前
『天使の分け前』---THE ANGELS' SHARE---2012年(イギリス/フランス/ベルギー/イタリア) 監督: ケン・ローチ出演:ポール・ブラニガン 、ジョン・ヘンショウ、ガリー・メイトランド、ウィリアム・ルアン 、ジャスミン・リギンズ 、ロジャー・アラム...... more
Tracked from 労組書記長(←元)社労士.. at 2013-06-03 09:02
タイトル : 天使の分け前 男は家族のために頑張らなくてはいけないのだ!
【=22 うち今年の試写会3】 新年度になって新しい職場で働き出した次女、職場にある2つの労働組合から勧誘があったそうで、自分としては○○労にしてやと勧めたけど、彼女は「動員が多いか少ないか」で決めたいという、ま、結果的に自分が勧めた方だったが・・・ははは(-_-;)...... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2013-12-31 23:23
タイトル : 天使の分け前  THE ANGELS' SHARE
劇場予告で見て気になっていた作品、DVDが出たので鑑賞しました。 題名「天使の分け前」とは、ワインやブランデー、ウィスキーなど、熟成中に樽から蒸発する 水分・アルコールのこと(約2%ほど)。何とも粋なネーミングです。 予告編で、失業中の若者が利き酒の才を活かし...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2014-01-09 10:39
タイトル : 「天使の分け前」
銀座にあるテアトルシネマが閉館となったのは今年の5月。さよならロードショーとして選ばれたのが、この「天使の分け前」。名匠ケン・ローチ監督作品で、銀座の名画座がフィナーレを飾るには相応しい選択のように思う。 ケン・ローチにしては小粒な作品のような気もするけど、相変わらず社会風刺が盛り込まれていて、相変わらず労働者の味方である。 短く言ってしまうと、社会の底辺に居る若者達が、ボランティア活動を通じて知り合った男に伝統的なスコッチの蒸留所見学に連れて行かれ、自分達には縁のないように思えた高級スコ...... more
Tracked from いやいやえん at 2014-03-29 08:49
タイトル : 天使の分け前
えーと、犯罪歴のある男が、恋人と新しい命のため更正しつつ自分の才能(テイスティング)に気がつき、自立の道を歩んでいたはずが、彼女と子供のために奮起して計画したのが希少なウィスキーの窃盗でした。(゚ロ゚;) これがまんまと成功し、主人公は金と仕事を手に入れ、恩人のハリーには盗んだウィスキーの一本をお礼にプレゼント、という話でした。これがあたたかい話と見るか、コメディドラマと見るか…悩みどころです。 「気づかれなきゃいいのさ」と軽犯罪上等!な感じがあるのが微妙な気持ちにさせられるのですが、これ...... more
Commented by セレンディピティ at 2013-05-29 17:47 x
こんにちは。
「天使の分け前」、ケンローチ監督の優しいまなざしが感じられる
すてきな作品でしたね!
私は今年のベスト、というくらいに気に入りました。
映画を見たら、醸造所めぐりをしながら
おいしいシングルモルトウィスキーを飲みたくなりました。
↑ 2枚目のポスター、かわいい☆
Commented by margot2005 at 2013-06-03 23:27
セレンディピティさん、こんばんは。
私もMY BESTに入れたいです。

こういった映画を観ると又英国に行きたくなりますね。エディンバラは憧れの土地です。
美味しい!!シングルモルトも飲みたいです。
さて上のポスターはフランス・バージョンのようです。
<< 「孤独な天使たち」 「海と大陸」 >>